全部もらえるプレゼントキャンペーン
HOME  > アトピー克服体験記  > アトピー克服後の New Life/My Work  > ミュージカル、バレエ、歌、部活に塾と大忙し。超健康体の中学生になりました!

ミュージカル、バレエ、歌、部活に塾と大忙し。超健康体の中学生になりました!
兵庫県川西市 宮本陽菜さん(13歳)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
幼い頃、自宅温泉湯治(とうじ)を続けてくれたお母さんのおかげでアトピーを克服できた宮本陽菜さん。今も元気で過ごせているか、陽菜さんの現在の様子を探りに、ご自宅へお邪魔することに。かつて語ってくれていた「大きくなったらミュージカル女優になる!」という夢に向かって、なんと!すでに本格的に歩み始めている、そんな頼もしい現在の陽菜さんの姿がありました。
2008年10月号のアトピー克服体験記

「あとぴナビ」2008年10月号のアトピー克服体験記に登場してくれた宮本陽菜さん。当時10歳、子ども子どもした愛くるしい"陽菜ちゃん"でしたが、もう中学生。グンと背も伸び、お姉さんっぽくなっています。「背は最近急に伸びたんですよ」とお母さま・信世さん。中学に入って部活動でバスケットを始めたそうで、さらなる健康体を作り上げていく日々、今はまさにそんな感じです。強そうな美しい肌がイキイキと輝く、礼儀正しいお嬢さんです。

「活水器」の導入から健康的な肌に変わってきた!

陽菜さんがアトピーに苦しんでいたのは主に赤ちゃんの頃から幼少期まで。ステロイドは一切使わず、自宅温泉湯治でアトピーを克服しています。湯治に励んでいたのは赤ちゃんから3歳になるまでの間のことでした。小学校に上がった頃には肘の内側がカサつく程度にまでよくなっていたのですが、学校の健康診断の結果は「アトピー」。病院に行くように指示されていたそうです。

「あ〜、いつものことやとまったく気にしていなかったですね(笑)」と信世さんはおっしゃいます。 宮本家は、お父さま・満さんがアトピーと長年闘ってきた方。ステロイドの長期使用で難治化した経験があったので、ここまでよくなった陽菜ちゃんをまさかそこから病院へ連れて行く、そんな発想は微塵もありませんでした。

パパのためと、あともうちょっとのところまで来た陽菜ちゃんのため、そしてお兄ちゃん・お姉ちゃんも含め家族全員の健康のために、宮本家に「活水器」が設置されたのは、陽菜ちゃんが小学1年生になっていた2004年の12月のことでした。
「アトピーでかゆいとかつらいとか、全然覚えていません」と、その頃のアトピーの状態を聞いてもご本人にはアトピーの記憶がないそう。信世さんが記憶を辿ります。「まだ確かにカサつきはありましたね。冬の乾燥で体調を落として、そこから春先は、花粉の影響なのか何なのか、毎年肌調子が悪くなるんですよ」。しかし、活水器を導入した冬からは、健康的な肌に変わっていくのがわかったとおっしゃる信世さん。
「乾燥がいつもの冬よりひどくなくなったんですよ。それまでは冬はお風呂上りにはクリームを塗ってやらないとかゆがっていたんですが、付けた年の冬からは徐々に塗らなくてもよくなっていきました。
成長もあって、大きくなるにつれて肌が改善されていたのと、付けたタイミングがよかったのかなという感じ。皮膚状態がどんどんよくなりましたね」

「活水器を付ける前は、箱で届く源泉を湯船に移し換えて、温泉も何日ごとかに交換してと、それは大変でした。活水器を付けてからは本当に便利になりましたね。温泉もちっちゃいペットボトルで、「こんなんでいいの~?」っていう感じ。とっても楽なスタイルになりましたよね」(お母さま・信世さん)

活水器導入時、陽菜さんよりも深刻な肌状態を抱えていた満さんですが、「活水器を付けてからは、お風呂上りのカサつき方がだいぶ違うというか、落ち着いた気がしました」とおっしゃいます。
「そうそう、主人に『お湯、どう?』と聞いたら『なめらかな感じがすると確か言っていましたね。掻くと傷になってお湯がしみていたけれど、しみなくなってきたとも言っていたと思います」(信世さん)

付けた当初はお湯の違いがよくわかったはずなんだけれど、今は付けてからもう長く経ち、このよさが普通になってしまった。だから具体的に当時の感激を伝えにくいかも…と、記憶を掘り起こそうとしてくださるご家族。

「あっ、あのねぇ、宝塚にスーパー銭湯があってそこに家族でよく行くんですが、〝源泉かけ流し〞って書いてあるけれど、私、その温泉のお風呂上りは、うちのお風呂よりも乾燥する気がするんですよ、顔とか。あと、旅行などに出たら、ホテルのシャワーで髪を洗うと髪がきしみます。でも自宅のお風呂ではそれは全然ないんですよね」と信世さん。家にいるだけでは気づかないけれど、よそに行くとわが家のお風呂のよさがわかる、そんなお母さんのお話にお父さんも陽菜さんもうんうんと頷きます。

陽菜さんは、湯治する機会が最近はぐんと少なくなってしまっているのだとか。「部活帰りの汗を流すのがお風呂の主な目的」になっているようです。

ゆったり湯治がなかなかできないのも、それもそのはず。部活が終わってからバレエや歌といった習い事や、さらに塾も待っていて、時間の捻出が難しい、超多忙な中学生なのです。

描いた夢に一直線ミュージカルの舞台に立ちました!

以前登場してくれた「アトピー克服体験記」で、陽菜さんは将来の夢を「ミュージカル女優になること」と語っていました。そして、早くも有言実行!小学5年生から実際にミュージカルの世界に飛び込んでいったのです。
バレエと歌を習い、あこがれのミュージカルの舞台にすでに2度、立っています!

「くるみちびっこミュージカル」の自主公演「ザ・デニムカンパニー」に出演した陽菜さん。ダンスも決まっていますね。

「『ふしぎ森の赤ずきんちゃん』と『ザ・デニムカンパニー』(ともに「くるみちびっこミュージカルの公演」)というミュージカルに出演しました。『ふしぎ森の赤ずきんちゃん』ではいじわるな虫の役(笑)で、『ザ・デニムカンパニー』は、これなんですけど」と、舞台でキラキラと輝いている写真を見せてくれる陽菜さん。舞台化粧もバッチリ決めて、全身でパフォーマンス。「男の子の役でした」。とても楽しそうです。
舞台化粧といえば、ドーランは肌に負担にはならないのでしょうか?

「下地にオムバスのプルルジェルを使っています。安心できて陽菜の肌に合うので、プルルジェルでしっかり保護をしたうえでお化粧をします」と信世さん。プルルジェルのおかげで化粧のりもよく、肌調子を落とすこともないそうですが、「すぐ日に焼けてしまうので、そうすると化粧がうまくのらないんですよねぇ」とのこと。「だって表で遊びたいし…」と、そこはまだ中学1年生。当然かもしれません。

肌も髪もツヤツヤな陽菜さん、活水器のお湯と、使用歴13年の「スパボディーソープ」のおかげなんだとか。なんでも、他のものに変えると、痛がって泣いたという幼い頃の経喉から「あれじゃないとダメなんです」と今もこの先もずっと「スパボディーソープ」派宣言。「髪も顔も体もこれで洗います」。

中学に入って部活動を始めてからは、時間的な都合で残念ながら「くるみちびっこミュージカル」は退団したのだそうですが、それでミュージカルへの挑戦が終わったわけでは決してありません。120人が受けたという市民ミュージカルのオーディションに挑戦して、見事!役を勝ち取った陽菜さん。10月の本番に向けて稽古に取り組む日々なのです。

健康になれたからこそ今とこれからがある

学校、部活、そして、習い事とミュージカルに加え、「塾」通いもこなす日々。やりたいこととやるべきことに目いっぱいがんばる、そんな陽菜さん。「忙しすぎる」と笑顔でこぼすものの、「充実した毎日です」とも。

「疲れているから毎日爆睡です(笑)。8時間は寝ています」と、健康を意識した生活をしっかり根ざしているようです。

疲れが溜まったり、舞台への緊張が高まったりしても、アトピーがぶり返すことはないのか、そう問うと、「まったくありません」と、力のこもった目でまっすぐに答えてくれました。

自分の体の内なる力でアトピーを追い出して、ぐんぐん健康体へと力を付けてきたのですね。克服したからこそやりたかったことにまっすぐに取り組めて、たどりつきたかった未来への一歩をもう力強く踏み出せている--。陽菜さんの今はこんなにステキに輝いています。

「初めてミュージカルに出たときは緊張がすごくあって、心拍数が上がった感じがわかりました。でも、いざ始まると楽しんでできました」

バクバクする心音を聞きながら飛び出していったステージ。この力強い鼓動は、挑戦してきたことに今まさに向かおうとする胸の高鳴り。そのときのその感覚をいつまでも忘れずにこれからも数々の舞台に挑んでいくことでしょう。

「舞台の最終日を迎えたときは、ずっと練習してきたから、その練習がまだまだ続くような、不思議な気もしていました。でも、『あ〜、終わったなぁ』という寂しさも感じました」

ミュージカルの経験が、感性をどんどん豊かにしていくよう。ステージに立つうれしさ、楽日を迎えた寂しさを語る表情はもうまさに「女優」さんです。

「季節によっては浮き沈みがまだあるんですよ」とのことですが、お父さま・満さんの肌調子もすこぶる良好!です。

「ついこの前、小学2年生のころの作文を見つけたんですが、将来の夢として『ミュージカル女優になる』って、この子、書いていたんですよ」と信世さん。「小2の時からやってんや…ってビックリしました」と。幼い頃から明確な夢をもって進んできた陽菜さん。

今、アトピーに苦しんでいて、つらさを感じている小学生、中学生のみなさんがこのページを読んでくれているとしたら「とにかく伝えたいのは、"あきらめないで"ということです」と、メッセージを発してくれました。

あきらめたらそこで夢は終わる。夢に向かって決してあきらめない陽菜さんからの力のこもったメッセージです。

近い将来、日本のミュージカルシーンに欠かすことのできない存在になるかもしれない陽菜さんをみんなで応援していきましょう!

オムバスの健康入浴法を(自宅温泉湯治)おすすめします。

家のすべての水を肌と体にやさしく」理想的な水質に変える!
よい水での入浴は、それ自体が最高のスキンケアになります。さらに入浴の質を高めるためにも、アクアゲインと濃縮温泉の組み合わせをおすすめします。

アトピーに関することはお気軽にご相談ください

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。