医療ナビ 界面活性剤の正しい知識がアトピーの悪化を防ぐ!


マヨネーズの例のように、界面活性剤は油と水を混ぜ合わせるために使われます。界面活性剤が使われているのは、もちろん食品の分野だけではありません。 私たちが日常的に使っているほとんどの洗浄剤にも、界面活性剤が使われています。  
肌や衣類、食器などに付着した汚れは、水溶性のものであれば、水洗いで洗い落とすことができます。ところが油分を含んだ汚れは、 水になじまないため水洗いだけでは完全に落とすことができません。そこで、水と油をなじませるために界面活性剤を用いることで、 油汚れが落とせる(洗い流せる)ことになります。  
「界面活性剤は良くない」と思って、純石けんを使っている方も多いでしょう。この場合は、石油などを原料とした合成界面活性剤の有害性を問題にしていることが多いと思われます。 だから正しくは「合成界面活性剤は良くない」と言うべきでしょう。なぜなら、純石けんも界面活性剤(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム)のかたまりであるわけですから。  
では、天然系の界面活性剤ならば良いのかというと、アトピー性皮膚炎にとっては界面活性剤自体が肌に優しいとは言えません。なぜなら、界面活性作用による洗浄方式では、 皮脂も取り去ってしまうからです。石けんを使うと肌が乾燥しやすいのはそのためです。

病院の治療でも、「肌を洗いすぎないように」という指導を受けることが多いのではないでしょうか?  これは、石けんやボディソープ、シャンプーなどで皮膚を洗浄した場合、油分の汚れだけではなく、皮膚を守る皮脂膜も油分のため、 界面活性剤に含まれる親油基が皮脂とつながることで、皮脂全体を洗い流してしまうからです。  
皮脂を洗い流してしまうと、角質層からの水分蒸散量が増えるため(皮脂膜は皮膚を覆うことで、角質層の水分が蒸発しないように働く性質を持っている)、 その後、皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみが生じやすくなります。また皮脂膜には、外部の刺激から肌を守るバリア機能としての働きもあります。 皮脂膜が洗い流されてしまえば、掻き壊した肌の「防御力」が低下し、外部からの異物や刺激に対してかゆみを感じやすくなります。  
つまり、アトピー性皮膚炎にとって「界面活性剤が良くない」という大きな理由の一つは、皮脂膜を取り去ることで皮膚のバリア機能を低下させたり、 皮膚を乾燥しやすくさせることなのです。もちろん、合成界面活性剤が入った洗剤を使えば、様々な化学物質などの害も心配です。

界面活性剤は、化粧品にもよく使われています。油分と水分が両方含まれているクリームや乳液などには、ほとんどの製品に界面活性剤が使われています。
化粧品は洗浄剤と違い、すでに油分と水分が「乳化」しています。つまり、親油基は油分、親水基は水分とつながった状態にあるため (油とつながる手と、水とつながる手が、すでにつながってふさがっているため)、皮膚につけても皮脂膜を肌から奪うことはありません。 つまり、アトピー性皮膚炎にとって良くないのは「界面活性剤」そのものではなく、油分とつながる「界面活性作用」がマイナス点を抱えている、 ということです。もちろん、合成界面活性剤の場合は、界面活性剤そのものにも害があります。

冬になって乾燥しはじめると、肌が粉をふいたようにボロボロ落ちたり、頭皮のフケに悩まされる方も多いと思います。
そんな場合は、洗浄剤として使用している石けんやボディソープ、シャンプーが、肌や頭皮の皮脂を取り過ぎることが原因のひとつとなっているケースがあります。
アトピー性皮膚炎などで肌にトラブルを抱えている場合だけでなく、肌や頭皮が乾燥して悩んでいるという場合も、界面活性剤の影響に注意したほうがいい場合があります。特に乾燥する季節に使う洗浄剤は、できる限り界面活性剤が含まれていないものを選ぶ方が、肌にとっては優しい選択となるでしょう。

病院で「肌を洗い過ぎないように」と指導されるのは、洗浄剤に含まれる界面活性剤が、油分である皮脂膜を取り去るからです。

アトピーの方はもちろん、肌や頭皮の乾燥に悩んでいる人は、界面活性剤が含まれていない洗浄剤を選ぶのが良いですね。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
読み込み中...

コメントを残す