ステロイド剤でアトピーは治せない

監修:木俣肇 先生

ステロイド剤の弊害2 「体内への蓄積」

塗れば塗るほど体内に蓄積されていく

これまで述べてきたように、ステロイド剤は、アトピー自体を治すものではありませんステロイド剤は、身体の免疫力を低下させることで、皮膚のかゆみや炎症を抑えているだけなのです。
しかも、その効果は一過性のもの「塗る」→「炎症やかゆみが抑えられる」→「塗らなくなる」→「再び炎症やかゆみが起こる」→「塗る」の繰り返しになりますですから、使い続けるとかえってやめにくいという側面も持っています。
「はじめに強いステロイド剤で一気にアトピーを抑えて、どんどん弱い薬にしていきましょう」「3日塗って、4日休みましょう」「1週間に1度だけ塗ってください」など、塗り方(治療法)を具体的に説明されてきた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、3日塗って、その後の4日間はステロイド剤なしでかゆみに耐えられるのであれば、その4日間は蓄積されたステロイド剤が効いているだけの話です1週間に1度で済んでいる場合も同じステロイド剤は、使えば体内に残留、蓄積されていきます。

エビデンスで見るステロイド剤でアトピーが治せない訳 データ3
1972年に行われた実験例1度塗布し密封すると、2週間後にもス テロイドの薬理作用による効果が確認できたとの報告ですおそらく 脂肪層などに蓄積されるのでしょうが、たった1日で長期残留が認め られるその蓄積効果の大きさは脅威何年もの長期にわたって塗り続 けてきた場合には大きく皮膚に影響を与えていると思われます。

実際に薬の強さはコントロールできるの?

では、「ステロイド剤をどんどん弱いものにしていこう」という使い方は、現実的に可能なのでしょうか? はじめに使った強い薬の影響で症状がある期間抑えられたとしても、その効果が切れると症状は再び現れます。
弱いステロイド剤で炎症やかゆみを抑えられないのであれば、逆行して強いものに戻ってしまうでしょうし、患者さん側も、強い薬を使ってもだめだったのに、今度は弱い薬にしてみる気になれるのかは疑問です。「はじめに強いもので抑えて徐々に弱いものに」、この治療に成功例はあるのでしょうか?世界的に見ても、「ステロイド投薬だけでアトピーが治癒した」という大規模研究の論文は1件として発表されてはいません。
弱いものであれ、強いものであれ、外部からステロイド剤を供給し続けている限りは、所詮、対症療法を繰り返しているだけですから、根治にとっては意味がないものです。使用年数が長くなると副作用のリスクも高まります。

ステロイド剤が効かなくなる理由

さらに問題なことに、ステロイド剤を長期にわたり使用していると「ステロイドの受容体が消えてしまう」ことも証明されているのです。「受容体(=レセプター)が消える」ということは、かゆみや炎症を退かせようとしてステロイド剤を塗っても、それを受けるレセプターが消失しているのですから、薬がまったく効かないということです。せっかくアトピーを治そう(かゆみを抑えよう、炎症を退かそう)としてステロイド剤を塗っていたのに、その行為が結局レセプターを壊すことにつながっていたのですから皮肉な話です。
何年もステロイド剤を使い続けていて、薬がだんだん効かなくなってくるというのは、ステロイド剤の長期使用により受容体が消えたためだったのです。そうと知っていて、ステロイド剤を処方している医師は、アトピーを治せる自信をもって治療に臨んでいるのでしょうか?とても疑問に思われます。塗り薬だけでなく、ステロイド剤には内服、点滴、注射と、いろいろなタイプがあり、アトピー治療に用いられています。
塗り薬のランクを強いものに上げていっても結局は治らない。これを疑問に思い医師に尋ねると「塗り方が悪い」などと言われる、そういう場合もよくあるようです。そして、「次は内服にしてみましょうか」「次は点滴を試してみましょうか」と、次なる手として内服、注射に移行していくのです。結局「軟膏では治らないから」というのが理由です。
なお、一度打てば1カ月効くというような強いステロイド注射はとても危険だと知っておいてください。1回塗って1日かゆみが抑えられるレベルの薬があるとして、それを1カ月分まとめて体内に入れることを想像すれば、その危険性がイメージできるでしょう。
強いステロイド注射は、静脈炎、脳炎、肝炎といった重篤な疾病に結び付く危険性があります。耳鼻科学会では禁止されている治療です。

エビデンスで見るステロイド剤でアトピーが治せない訳データ4-5

ステロイド剤を使わずに自力で天然ステロイドを作り出そう

ステロイドは本来自分の体で作るもの

みなさんの中には、すでにステロイド剤使用を止めて、リバウンドを経験された方も多いことでしょう薬を断った体は、炎症を抑えるものが外部から入ってこなくなり、強い炎症反応を起こします薬の影響で免疫力も落ち、感染症も起こしやすくなってしまいますリバウンドは、「強い炎症反応」と「感染症」の現われで、体にとってはとてもつらい状態のもの※1です。
人間は本来、体内(副腎)で天然のステロイド(副腎皮質ホルモン)をつくり出す能力を持っていますしかし、外部からステロイド剤を与えられていると、自分でつくる必要がないため、ステロイドの産生能力が低下してしまいますステロイド剤の外部からの供給を断っても、産生がスムーズに再開されるかといえば、そうそう都合よくはいかないようですリバウンドが現れている期間は、自分で自分に必要なステロイドをつくることができていない時期であることも示しています。
逆に、自身のステロイド産生能力が高まればリバウンドを脱することができ、アトピー治癒にもつながっていくのです。
このように副腎機能を抑制してしまうことや、また、アトピーの治癒に不可欠な「睡眠」のためのホルモンを狂わせてしまうことからも、「ステロイド剤はホルモン剤だからアトピーに使ってはだめだ」とも言われてきました
ただ、「ホルモン剤だから」というよりもさらに問題なのは、前述してきたように「免疫抑制剤だから」の部分確かにホルモン系統の崩れも問題ですが、免疫力を下げることのほうが治癒に関わる重大な問題です免疫力が落ちると、アトピーの人の皮膚の機能はさらに損なわれてしまいます。

もしステロイド剤を使ってしまっていても悔やむ必要はなし

ステロイド剤は、使っている限りアトピーの根治を遠ざけてしまいます。塗り薬から内服、注射を併用して、結局さらなる悪化を招き、感染症を発症させ、皮膚科だけでは手に負えず、他科や他の病院に患者を送りこむ無責任な医師も実在します。こうしたステロイド剤の使われ方は、すでに薬害の域に入っているといえるのではないでしょうか。
ただ、これまでに長くステロイド剤を使ってしまったとしても、必要以上の恐怖や罪悪感を抱く必要はありません。むしろ不安によりストレスを増幅させてしまうほうがアトピーにとって悪影響になるのです。
使ってきたステロイド剤は、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)が繰り返しなされていくなかで排出されていきます。皮が何度かむけていくことで治っていくのです。「新陳代謝」が治癒へのキーワードとなります。
ステロイド剤を断つことでアトピーが改善に向かうのですから、過去のステロイド剤使用に悔やみ落ち込むよりも、気持ちを前向きにかまえることが大切です!
ステロイド剤が及ぼすアトピーへの悪影響、感染症への関与について、さらに詳しくは、「あとぴナビWeb」の「医療ナビ」コンテンツにバックナンバー掲載中の「だけど一体ステロイドってなんだろう」「感染症の克服がアトピーのカギ感染症ってなに?どうしてかかるの?」をぜひご参照ください。

※1 リバウンドで感染症の症状が明らかな場合は、感染症治療ができる専門の医師の診察を受けることをお勧めします。 ただ、ここでステロイドを用いる医師を選ばないことは言うまでもありません。

なぜなにステロイド剤

ステロイド剤を使っていたら、皮膚が厚く硬くなってきたようなのですが…?

ステロイド剤の長期使用は、皮膚の委縮、象皮症などを引き起こします。正常な生理機能を失っているところに、かゆみによる掻き壊しも加わりさらに硬くなります。掻いて細胞が壊れてしまうと、皮膚の防御反応として角質層を硬くするからです。ステロイド剤を止めて改善していけば皮膚には柔らかさが戻ります。
ステロイド剤は、硬さだけでなく、温度差や刺激にも弱くなるなど、皮膚の感覚の鈍りももたらします。

ステロイド剤ではなく「プロトピック」「シクロスポリン」であれば、アトピーに用いても大丈夫なのでしょうか?

ステロイド剤よりもさらに強い免疫抑制剤ですので、さらに深刻なダメージにつながります。発がん性も報告されていますので、こういうことを患者さんに告げない医師は、説明義務を放棄しているといえます。ブロトピックは2歳未満の子どもには使つてはいけない薬ですが、それすら守られず、乳幼児に使われているケースも日本ではあるようで恐ろしい限りです。

ステロイド剤の影響か、皮膚が黒ずんでいます。この黒ずみはとれていくのでしょうか?

皮膚の黒ずみはステロイド剤による副作用ですが、黒くなってきたということは改善傾向にあるということです。次第に取れていきます。日やけと同様にイメージすればわかりやすいでしょう。炎症が起こっている聞は皮膚は「赤く」、炎症が治っていく週程で「黒く」なります。炎症が治まる過程で当然に現れるものです。
ただし、黒い斑点状の沈着(アミロイド斑)は例外的で、治りにくいものです。

ステロイド剤をつけていたのは顔だけなのに、断ったら全身に症状が出ました。なぜですか?

皮膚はつながっていますし、また、皮膚は全体で一つの臓器です。ステロイド剤を塗った箇所には確かに症状が出やすいのですが、皮膚はつながっているために、どこに出るかはわからないものなのです。どこまでステロイド剤が移動するのかは解明されていません。また、免疫関係もひとつながりですので、塗った箇所の免疫力も下がりますし、全体的な免疫力も下がります。

赤ちゃんの乳児湿疹にステロイド剤が出されました。塗らずに我慢。放っておくだけでいいのでしょうか?

傷があってジュクジュクした状態であれば、傷の治療は行うほうが菌感染の広がりを防ぐことができます。具体的には消毒をする、軽い抗生剤で対処するなどです。ステロイド剤を勧める医師は選ぱないことが大切です。

しかもレセプターと言われるステロイド受容体が消失してついには効かなくなるという問題もあります。

それと効きにくいからつい強いもの、例えばステロイド注射の危険性も考えなくてはなりません。耳鼻科学会では禁止されていますし。

むしろ自分の体でステロイド(副腎皮質ホルモン)を作りだすようにしなくてはなりません。

しかし使ったとしても新陳代謝を繰り返すことで自然治癒が行われます。むしろスキンケアや生活習慣の改善で少しずつ治していきたいものです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>