木俣肇 先生

医療法人美杉会 佐藤病院(大阪府枚方市)
アレルギー科部長 医学博士
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒業。
85年からUCLAに留学し、アレルギーの研究に従事。アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表している。
また、笑いのアレルギー抑制効果など、意欲的にさまざまな研究を行っている。

ステロイド剤でアトピーは治せない

ステロイド剤でアトピーは治せない

木俣 肇先生(きまた・はじめ)
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒業。85年からUCLAに留 学し、アレルギーの研究に従事。アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表。アトピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネラル異常を世界で初めて報告。アトピー性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるストレス発散によって治療しうるとして、講演活動も積極的に行っている。

知っておきたい「アトピーとステロイドの関係」

ステロイド剤はアトピーを治すための薬?答えは” NO!“

ステロイド剤は「免疫抑制剤」です。もともとアトピーを治すために作られた薬剤ではありません。アトピーの発症により、結果として現れた「かゆみ」や「炎症」を抑える力を、ステロイド剤という「免疫抑制剤」が持っているため、”アトピーの 対症療法に役立つ薬”として用いられ ているのです。
「免疫抑制剤」は、主に臓器移植を受けた際などに用いられる薬です。人間の体はとても精巧で繊細にできています。自分がもともと持っているもの以外の臓器が体内に入った時点で外敵だと察知し、これを排除しようと働くようになっています。しかし、せっかく移植した臓器を拒否してしまっては、なんのために受けた移植か、わからないことになってしまいます。
外敵と判断したもの(ここでは臓器)が体内に入ったときに起こる拒絶反応(正しい免疫反応)を抑えて臓器を定着させるためには「免疫抑制剤」が必要で、その一つがステロイド剤です。
アトピー治療薬として広く使われているステロイド剤は「免疫抑制剤」。自己の免疫力を抑制することで、アトピーにより生じたかゆみや炎症さえも抑えてしまうのです。

ステロイド剤の弊害1 「感染症と難治化」

アトピーとは、炎症反応があって、そこに細菌感染症も 起こしている状態です。さらにストレスが加わってくることで悪化します。こうした複合的な症状に対しても、ステロイド剤は「炎症反応」だけ を抑えるので、アトピーの原因の「根治」につながるものではありません。
厄介な問題は、ステロイド剤は免疫抑制剤なので、「使えば自分の免疫力を下げること」です。皮膚の免疫力も落としてしまいますから、二次感染など、感染症をさらに招きやすくする危険性があります。

ヘルペス発症とステロイド剤の関係は?

最近、アトピーの悪化、難治化の原因の一つであるヘルペスに感染する患者さんの数が顕著に増加しています。これまでアレルギーのなかった人でも突然発症する傾向も見られます。温暖化などの環境の変化や、ストレスを抱える不安な時代の到来でリスクファクターが高まっている――、こうした背景がヘルペス増加につながっているようです。
特にステロイド剤を使用してきた場合は問題が複雑で、使っていない人がヘルペスにかかっても”治りが早く、繰り返さない”のに対し、ステロイド剤使用者は、”何度もヘルペスを再発させ、治りが遅い”のです。極端な例では、10回ほども繰り返しかかる方もいます。このことから、ヘルペスにステロイド剤が何らかの影響を与えていると考えられています。

エビデンスで見るステロイド剤でアトピーが治せない訳

今更ですがステロイド剤はアトピー性皮膚炎を治す薬ではありません。
 

そもそも免疫抑制剤ですからね。臓器移植などをしたときに起こる体の免疫反応がを抑えるためものですからね。アトピー性皮膚炎の場合痒みや炎症を抑えるために使われているわけです。

アトピーの痒み、という症状は抑えることができても、アトピーと言う病気そのものを直接治すことはできない、ということですね。

それと免疫抑制の問題以外に体に蓄積されることですね。
 

ap_st_naosenai

ステロイド剤でアトピーは治せない

今でも、アトピー性皮膚炎(以下、「アトピー」と略します)の治療にステロイド剤を使用している、または過去に使用していた、そういう方は多いでしょう。そして、「アトピーにステロイド剤を使ってはいけない」という「噂」や「話」を聞いて、なぜ使ってはダメなのかの根拠はつかめないままに止められた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ステロイド剤でアトピーは治せないの詳細はコチラ

ap_syujii

主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係

2009年3月発行のアメリカ病理学誌「The American Journal of Patbology,Vol.174, 922-931」に、注目すべき論文「マウスにおけるアトピー性皮膚炎のアレルギー性炎症反応には、ガレクチン‐3が非常に重要である」(原文は英語)が発表されました。そこには、「アトピー性皮膚炎はどうしてなかなか治らないのか?」という疑問に対する一つの答えが書かれていたのです。
主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係の詳細はコチラ

ap_warai

笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救う

笑うことは健常者からみたら日常のことかもしれませんが、つらいアトピー症状を抱えた方にとっては、大変なことです。しかし、それでも笑いは大事。
笑いや音楽など心をリラックスさせることが、アトピー克服にとっていかに大切かを、EBM※をもとにご紹介します。
笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救うの詳細はコチラ

ap_kakure

隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!

一般的に成人の病気と思われている脂肪肝。実は、大人だけの病気ではなく、最近では、子どもたちの間にも脂肪肝が増加しています。
そして、アトピー性皮膚炎の症状と関連性が深いこともわかってきました。
隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!の詳細はコチラ

kansen_nani

感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?

みなさんは感染症にかかったことはありますか?実は、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)の方の皮膚は、すでに黄色ブドウ球菌などの何らかの菌に感染していることがほとんどで、それが悪化しやすい皮膚の環境にあります。
感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?の詳細はコチラ

ap_st_pro

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

「あとぴナビ」2012年6&7月号の特集『夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得』で「ランゲルハンス細胞」の話に少し触れました。読んでくださった方も多いと思いますが、「ランゲルハンス細胞」という名前は聞き慣れないものであったことでしょう。
ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題の詳細はコチラ

ap_kansen

アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)を発症している皮膚は、表面のバリアが壊れている(防御機能が低下している)ことが多く、外部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態にあります。そのため「感染症」にかかりやすく、この感染症が、アトピー治癒を遅らせてしまう原因の一つにもなっています。
アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識の詳細はコチラ