「症状改善」の記事

ap_syujii
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係

2009年3月発行のアメリカ病理学誌「The American Journal of Patbology,Vol.174, 922-931」に、注目すべき論文「マウスにおけるアトピー性皮膚炎のアレルギー性炎症反応には、ガレクチン‐3が非常に重要である」(原文は英語)が発表されました。そこには、「アトピー性皮膚炎はどうしてなかなか治らないのか?」という疑問に対する一つの答えが書かれていたのです。
主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係の詳細はコチラ

ap_hie
アトピー性皮膚炎と生活

アトピー克服の盲点 冷えを克服してアトピーを改善

“冷え”は万病のもと。血液が滞って起る“冷え”は、あらゆる体の不調の原因です。
冷えの悩みを解消し、アトピーを改善するコツをご紹介します。
アトピー克服の盲点 冷えを克服してアトピーを改善の詳細はコチラ

ap_kin
アトピーと運動

筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!

スロトレで増やそう筋肉と成長ホルモン。新陳代謝や血流を良くし、内分泌系や自律神経系の働きを高めてくれる、筋トレなどの無酸素運動。
その効果を利用すれば、もっと効率的に代謝アップができるのです。
筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!の詳細はコチラ

ap_sintiku
アトピーと環境

新築じゃなくてもシックハウス?

家の中の空気に含まれる化学物質は、アトピー性皮膚炎が増加している背景に大きく関わり、また悪化の要因の一つともなっています。体に取り込まれる化学物質を減らすことは、アトピー対策の重要なカギになりそうです。
新築じゃなくてもシックハウス?の詳細はコチラ

ap_shinryou
アトピーとストレス

心療内科で見る心・体・アトピーの関係

環境の変化やストレスがきっかけで、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)が悪化したことはありませんか?心と体、環境との「関係性」からアトピーを診る心療内科を取材しました。
心療内科で見る心・体・アトピーの関係の詳細はコチラ

ap_syoku
アトピーと食事

食生活とアトピー

忘年会や新年会、それにクリスマスパーティなどお酒の席や外食が増える年末年始は、食生活が乱れやすい季節。
普段よりも食事に気を遣う必要があります。体に優しい食事をとるため気をつけるべきことを知っておきましょう。
食生活とアトピーの詳細はコチラ

ap_warai
アトピーとストレス

笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救う

笑うことは健常者からみたら日常のことかもしれませんが、つらいアトピー症状を抱えた方にとっては、大変なことです。しかし、それでも笑いは大事。
笑いや音楽など心をリラックスさせることが、アトピー克服にとっていかに大切かを、EBM※をもとにご紹介します。
笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救うの詳細はコチラ

ap_now
アトピーとストレス

今すぐできる!アトピー改善法

腸の調子をよくすれば、自律神経が安定してくる。自律神経が安定すれば、アトピーが改善されていく。自律神経研究の第一人者・小林先生が教えてくれたアトピー改善法は、日常生活のなかで簡単なルールを決めて実行するだけ。あなたも今すぐやってみませんか?
今すぐできる!アトピー改善法の詳細はコチラ

ap_ase
アトピーと運動

アトピーと汗

アトピーの人は汗をかきにくいこと、そして、汗をかかないことがアトピーを悪化させている可能性があることを知っていますか。
アトピーと汗の関係について正しく理解し、症状改善のヒントを探りましょう。
アトピーと汗の詳細はコチラ

ap_undou
アトピーと運動

アトピーが気になるけど運動したい!

アトピーが気になって運動できないと考えていませんか?
汗をかくとかゆくなるなどの理由から運動をしないと生活習慣病のリスクが増大し、ひいてはアトピーを改善しにくい体にしていることも。
アトピーが気になるけど運動したい!の詳細はコチラ