「アトピー」の記事

ap_st_pro
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

「あとぴナビ」2012年6&7月号の特集『夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得』で「ランゲルハンス細胞」の話に少し触れました。読んでくださった方も多いと思いますが、「ランゲルハンス細胞」という名前は聞き慣れないものであったことでしょう。
ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題の詳細はコチラ

ap_kayumi
アトピー性皮膚炎のスキンケア

かゆみのメカニズムとアトピー

アトピー性皮膚炎のかゆみは、他の皮膚炎のかゆみよりも強いといわれています。
実際にアトピーの方々がつらいと訴えるのもかゆみです。でもいったい、かゆみはどうしておこるのでしょう。
かゆみのメカニズムとアトピーの詳細はコチラ

ap_kansen
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)を発症している皮膚は、表面のバリアが壊れている(防御機能が低下している)ことが多く、外部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態にあります。そのため「感染症」にかかりやすく、この感染症が、アトピー治癒を遅らせてしまう原因の一つにもなっています。
アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識の詳細はコチラ

ikukinn1
アトピーと環境

アトピーを改善する育菌のススメ

自分の体に住む「菌」について考えたことがありますか?美肌と健康の秘訣は、なんと体の「菌」を育てることにあったのです。知れば知るほど役に立つ、人体常在菌の世界をのぞいてみよう!
アトピーを改善する育菌のススメの詳細はコチラ

ap_baby_
アトピー性皮膚炎と乳幼児

乳幼児とアトピー

子どもの肌にボツボツやカサカサを見つけたら、まさか「アトピー?!」と親は不安になりがち。でもあわてずに。
乳幼児とアトピーの詳細はコチラ

ap_kodomo_saizensen
アトピー性皮膚炎と乳幼児

子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線

厚生労働省では、免疫アレルギー予防・治療研究事業として、アトピー性皮膚炎の発症・悪化について全国レベルで調査が行われ、予防対策について検討されています。
子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線の詳細はコチラ

ap_makikomi
アトピー性皮膚炎と乳幼児

巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て

睡眠不足はアトピーの大敵です。ところが、アトピーの子どもの多くは、夜になると無意識に皮膚を掻き壊してしまったり、かゆみで目が覚めることがあります。
巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育ての詳細はコチラ

ap_mogumogu
アトピー性皮膚炎と乳幼児

もぐもぐ、ごっくん トレーニング

離乳食はあせらずゆっくり楽しく安全に 。
最近の調査では、乳幼児の3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。アレルギーの原因はいくつかありますが、乳幼児から幼児、そして大人へと成長して行く過程の中で「食事」つまり栄養は、大変大きな関わりがあります。
もぐもぐ、ごっくん トレーニングの詳細はコチラ

ap_kannsenn
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

感染症とアトピー

アトピー性皮膚炎の方は、健康な方がかかりにくい、皮膚の感染症にかかりやすい傾向があります。感染症について知っておきましょう。
感染症とアトピーの詳細はコチラ