「アトピー」の記事

ap_st_naosenai
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

ステロイド剤でアトピーは治せない

今でも、アトピー性皮膚炎(以下、「アトピー」と略します)の治療にステロイド剤を使用している、または過去に使用していた、そういう方は多いでしょう。そして、「アトピーにステロイド剤を使ってはいけない」という「噂」や「話」を聞いて、なぜ使ってはダメなのかの根拠はつかめないままに止められた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ステロイド剤でアトピーは治せないの詳細はコチラ

ap_syujii
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係

2009年3月発行のアメリカ病理学誌「The American Journal of Patbology,Vol.174, 922-931」に、注目すべき論文「マウスにおけるアトピー性皮膚炎のアレルギー性炎症反応には、ガレクチン‐3が非常に重要である」(原文は英語)が発表されました。そこには、「アトピー性皮膚炎はどうしてなかなか治らないのか?」という疑問に対する一つの答えが書かれていたのです。
主治医も知らない?!「IgE」とアトピーの関係の詳細はコチラ

ap_suimin
アトピーと睡眠

睡眠とアトピー

筋肉や骨を鍛え丈夫な体を作る。呼吸器を鍛える。新陳代謝を促す。適度な疲れが睡眠不足を解消させ、食事も美味しくなるなど、運動にはさまざまな効果があります。少しずつ運動を始めて、アトピーの改善に役立てましょう。
睡眠とアトピーの詳細はコチラ

ap_sittema
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

知っていますかアトピーとステロイドのこんな関係

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患と言われていますから、すべてアレルギーによって発症していると考えている人が多いと思います。
知っていますかアトピーとステロイドのこんな関係の詳細はコチラ

ap_sintiku
アトピーと環境

新築じゃなくてもシックハウス?

家の中の空気に含まれる化学物質は、アトピー性皮膚炎が増加している背景に大きく関わり、また悪化の要因の一つともなっています。体に取り込まれる化学物質を減らすことは、アトピー対策の重要なカギになりそうです。
新築じゃなくてもシックハウス?の詳細はコチラ

ap_shinryou
アトピーとストレス

心療内科で見る心・体・アトピーの関係

環境の変化やストレスがきっかけで、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)が悪化したことはありませんか?心と体、環境との「関係性」からアトピーを診る心療内科を取材しました。
心療内科で見る心・体・アトピーの関係の詳細はコチラ

ap_syoku
アトピーと食事

食生活とアトピー

忘年会や新年会、それにクリスマスパーティなどお酒の席や外食が増える年末年始は、食生活が乱れやすい季節。
普段よりも食事に気を遣う必要があります。体に優しい食事をとるため気をつけるべきことを知っておきましょう。
食生活とアトピーの詳細はコチラ

ap_warai
アトピーとストレス

笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救う

笑うことは健常者からみたら日常のことかもしれませんが、つらいアトピー症状を抱えた方にとっては、大変なことです。しかし、それでも笑いは大事。
笑いや音楽など心をリラックスさせることが、アトピー克服にとっていかに大切かを、EBM※をもとにご紹介します。
笑いと音楽、そしてKiss(キス)がアトピーを救うの詳細はコチラ

ap_now
アトピーとストレス

今すぐできる!アトピー改善法

腸の調子をよくすれば、自律神経が安定してくる。自律神経が安定すれば、アトピーが改善されていく。自律神経研究の第一人者・小林先生が教えてくれたアトピー改善法は、日常生活のなかで簡単なルールを決めて実行するだけ。あなたも今すぐやってみませんか?
今すぐできる!アトピー改善法の詳細はコチラ

ap_kankyouhorumon
アトピーと環境

環境ホルモンとアトピー

生物の性や生殖に大きな影響を与え、社会的な問題となっている環境ホルモン。
今月は、環境ホルモンとアトピーとの深い関係について考えます。
環境ホルモンとアトピーの詳細はコチラ