「かゆみ」の記事

tsaibou
アトピー性皮膚炎の知識

制御性T細胞がかゆみを消す

アトピー性皮膚炎の発症や慢性化のメカニズムは、未だ不明な部分が多く、その全体像は明らかになっていません。
<wp_nokeywordlink> 制御性T細胞がかゆみを消すの詳細はコチラ

hozon
アトピーの治し方マニュアル

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 2

アトピー性皮膚炎の原因は千差万別。だから、治療法も多様な原因に沿ったものでなければなりません。しかしアトピー治療の現状は、薬で症状を抑えることが主流。薬を使った治療方法の問題点と、理想の治療について考えます。
最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 2の詳細はコチラ

hozon
アトピーの治し方マニュアル

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 3

毎日の生活習慣として、皮膚に最も影響を与えているのが入浴。適切な入浴によるアトピー治療は、肌への効果的なスキンケアとともに自然治癒力を高めて体全体を治す根治療法。体を温めて血流、新陳代謝を促進し、内分泌や自律神経に働きかけることで正常な免疫バランスを取り戻します。
最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 3の詳細はコチラ

kansen_nani
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?

みなさんは感染症にかかったことはありますか?実は、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)の方の皮膚は、すでに黄色ブドウ球菌などの何らかの菌に感染していることがほとんどで、それが悪化しやすい皮膚の環境にあります。
感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?の詳細はコチラ

ap_st_pro
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

「あとぴナビ」2012年6&7月号の特集『夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得』で「ランゲルハンス細胞」の話に少し触れました。読んでくださった方も多いと思いますが、「ランゲルハンス細胞」という名前は聞き慣れないものであったことでしょう。
ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題の詳細はコチラ

ap_kayumi
アトピー性皮膚炎のスキンケア

かゆみのメカニズムとアトピー

アトピー性皮膚炎のかゆみは、他の皮膚炎のかゆみよりも強いといわれています。
実際にアトピーの方々がつらいと訴えるのもかゆみです。でもいったい、かゆみはどうしておこるのでしょう。
かゆみのメカニズムとアトピーの詳細はコチラ

ap_makikomi
アトピー性皮膚炎と乳幼児

巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て

睡眠不足はアトピーの大敵です。ところが、アトピーの子どもの多くは、夜になると無意識に皮膚を掻き壊してしまったり、かゆみで目が覚めることがあります。
巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育ての詳細はコチラ

ap_kannsenn
アトピー性皮膚炎のお薬や治療

感染症とアトピー

アトピー性皮膚炎の方は、健康な方がかかりにくい、皮膚の感染症にかかりやすい傾向があります。感染症について知っておきましょう。
感染症とアトピーの詳細はコチラ