新築じゃなくてもシックハウス?

監修:坂部貢 先生

室内にあふれる化学物質対策の決め手は換気

春有害だとわかっても、目に見えないだけに対策が難しい化学物質。
家の中にはどんな化学物質があって、どうすれば減らすことができるのでしょうか?

あなたの家は本当に大丈夫ですか?

シックハウスの原因の代表的なものが、建材およびその関連品に使用されるホルムアルデヒドと呼ばれる物質。2003年の改正建築基準法で使用が制限されて以来、新築のホルムアルデヒドによる重篤な患者は減りつつあります。その一方で、シックハウス症候群の患者は依然として増加傾向にあるといわれます。問題は新築物件だけでなく、リフォームや家具によって持ち込まれる化学物質にあるのです。
家具の合板に使われる接着剤や塗化学物質の規制はありません。真新しい家具から揮発する化学物質が、アトピー症状を悪化させている可能性もあります。家の築年数がたっているからといって安心はできません!

安全な家具を使いましょう!

材料としての合板や接着剤、塗料については、JIS(日本工業規格)やJAS(日本農林規格)で、放散量によって使用面積が制限されています。放散量によって等級区分され、少ないほうから
F☆☆☆☆、F☆☆☆、F☆☆のマークをつけることになっています。
ただ、このマークが義務づけられているのは材料の段階。加工された家具には表示の義務がないので、表示がない場合は、直接メーカーに確認してから購入しましょう。理想は無垢材でできていて、化学物質の放散の少ない接着剤や自然素材の塗料を使っているものです。

ホルムアルデヒドには除湿も有効

合板に使われているホルムアルデヒドは、尿素と結合して放散されにくい状態になっていますが、湿度が上がると分解され、空気中にもれてきます。湿度の高い部屋や空気がよどんでいる場所は、化学物質の濃度も高くなるので、必ず除湿を。湿度が60%以下になれば、カビの繁殖も抑えられます。

VOCに気をつけよう

ホルムアルデヒドだけでなく、空気中に放散される化学物質=VOC(揮発性有機化合物)にはさまざまなものがあります。実際に住宅で測定すると、100種類を超すVOCが検出されることも。接着剤や塗料、煙草の副流煙などに含まれるトルエン、キシレン、エチルベンゼンなどは、吐き気や粘膜の炎症を起こさせ、ひどいときは精神神経症状を引き起こす例もあります。

また室内排気型の暖房機は、化学物質を含んだ排ガスで部屋の空気を汚しますし、パソコンやプリンターは稼動中に大量のVOCを放散させることがわかってきました。OA機器や電子レンジ、携帯電話などは、化学物質だけでなく、過敏体質を悪化させる有害な電磁波も発生させているのです。

室内にあふれる化学物質対策の決め手は換気!
空気清浄機を使うなら吸着型を

空気清浄機には高電圧をかけて化学物質を分解するタイプと、活性炭やセラミックを用いた吸着型があります。分解型は高電圧をかけることでさらに有害な物質を発生させる場合も。おすすめは吸着型ですが、活性炭は一定量を吸着すると放散に転じる性質があるため、定期的なフィルター交換が欠かせません。空気清浄機をつけても換気は必要。2時間ごとに5分間の換気を心がけましょう。

2時間に5分は換気を

また、最近出回っている抗菌グッズにも注意。身体は細菌と共存していてこそ健康なのです。まして細菌がコロコロ死ぬ物質が体に安全という保障がありません。かといって不潔にしてよいのではありません。薬剤に頼らず、掃除など物理的な方法で清潔にしましょう。

ヒトが毎日の生活を営む上で、摂取される化学物質は、その80%は「呼気」により吸収されます。

農薬や添加物を気にして食事の内容を見直す方は多いのですが、消化器官からの化学物質の吸収は1日の化学物質の摂取量の20%に過ぎません。

空気は目に見えない分、見落としがちですが、化学物質を考えていく上で、呼気の対策も大切と言えるでしょう。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.33 投票3人  
Loading ... Loading ...

新築じゃなくてもシックハウス?」への4件のフィードバック

  1. みかん

    衣食住のうち、最初に食の改善ややかゆくない衣服を探すことに気を取られてしまいますが、住環境もアトピーには非常に重要だと実感してます。私自身が引っ越しをしたことで劇的に改善したことがありましたので。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      みかんさん、こんにちは。
      みかんさんが実感されておられるように、住環境は、重要な要因の一つです。
      身の回りへの環境の変化(転地の効果)だけでなく、化学物質の影響なども少なからず関わってきます。
      また、新築の家に引っ越すことで、逆に悪くなることもありますので(化学物質の関係など)、良い点、悪い点、両方に注意が必要かもしれません。

      返信
  2. 田中

    改めて周りを見ると、汚染源だらけではないかと震撼した。生活していく以上、逃げようがない。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      田中さん、こんにちは。
      確かに、身の回りを「汚染源」で囲まれているケースは多いかもしれません。
      でも、社会環境のように個人レベルで対応ができないケースもありますが、個人レベルで対応が可能なこともあります。
      そうした汚染源から遠ざかる、あるいは汚染源を処理するような工夫も、考えてみると良いかもしれません。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>