心療内科で見る心・体・アトピーの関係

監修:中井吉英 先生

環境の変化やストレスがきっかけで、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)が悪化したことはありませんか?心と体、環境との「関係性」からアトピーを診る心療内科を取材しました。

心療内科ってどんなところ

最近増えている心療内科。どんな病気を診るところなのでしょう。

誤解だらけの心療内科 精神科とはまったく違います

心療内科という診療科は、平成8年に標榜科(病院や診療所が外部に広告できる診療科名)として認可されました。最近では心療内科を標榜する医師も増えてきたので、知っている方も多いのではないでしょうか。「心療」という文字から、「精神科に行くほどではない、その手前の病気を診てくれるところ」と連想する人も多いかもしれません。
後述しますが、実はこれは正しい認識ではないのです。さらに、心療内科医を標榜しているほぼ九十パーセントが精神科医であるといわれ、心療内科に対する誤解を生み出す原因となっています。

実際には、世間の偏見のために「精神科」を受診しづらい患者さんがより受診しやすいよう、「隠れ精神科」として「心療内科」を標榜している場合が多いと言われています。このために医師でさえ、「精神科」と「心療内科」の区別がつかない人が多いという実情があるのです。これでは一般の人が誤解してしまうのも無理がないですね。

体と心を切り離さず全人的医療を行うのが心療内科

医師には、体の病気を治す「身体科医」と、心の病気を治す「精神科医」がいます。身体科医には、内科医、婦人科医、外科医…など体の部分ごとに、さまざまな専門領域があります。
各科で体の病気を診ていくと、体だけを治そうとしても、治らないことがあります。たとえばアトピーのお子さんが、「お母さんに怒られるとかゆくなる」「好きなアニメ番組をみている間はかゆがらない」、といった話をよく聞きます。このように、症状に心のあり方が関わっている場合、心と体を切り離さず、両方の問題を解決していくことで、体の症状の治療を行う必要があります。
この考え方は「心身医学」といい、ドイツで生まれ米国で発展し、約50年前に日本の身体科医にも取り入れられました。「心療内科」は、「心身医学」を取り入れた全人的医療を行う内科なのです。全人的医療は本来、各科で行うのが理想です。心療内科医になるためには、まず内科全般と消化器や循環器など専門分野について学びます。内科医としてのトレーニングを行い、身体面の医学を基礎としていることが、精神科との大きな違いです。
その上で心と体をつなぐ自律神経系、内分泌系、免疫系の働きを基盤に、患者さんの「心と体」「患者さんと家族」「病気と社会環境」といったすべての「関係性」を診ていくことで治療を行うのです。

心療内科と精神科、同じ内容、同じ治療をするところだと思っている方がほとんどではないでしょうか?

心の病気を治すのが精神科になるのですが、心療内科は心と体を切り離さず、両方の問題を解決していくことになります。

心療内科医になるためには、まず内科全般と消化器や循環器など専門分野について学びます。

内科医としてトレーニングを行い、身体面の医学を基礎としていることが精神科との大きな違いでしょう。同じように思えていて全く違っているのですね。

次へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.00 投票2人  
Loading ... Loading ...

心療内科で見る心・体・アトピーの関係」への2件のフィードバック

  1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

    Missさん、こんにちは。
    仮に感情表現が苦手で、それがストレスになったとしても、そのストレスを他の方法で解消することは可能です。ストレスを受けないように気をつけることも大切ですが、受けたストレスをどのように解消していくのかも大切になるでしょう。

    返信
  2. Miss.

    かゆくてかゆくて、とにかくかゆいです(>_<)
    皮膚のかゆさしか眼中になかったけど、そういえば感情表現が苦手かも…。つい他人(ひと)に遠慮しちゃうんですよね。やっぱり関係あるのかなぁ?

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>