食生活とアトピー

監修:牧野直子 先生

忘年会や新年会、それにクリスマスパーティなどお酒の席や外食が増える年末年始は、食生活が乱れやすい季節。
普段よりも食事に気を遣う必要があります。体に優しい食事をとるため気をつけるべきことを知っておきましょう。

現代の食生活の問題点

かつては世界一バランスがいいと言われていた日本古来の食生活は大きく変わり、西洋化が進みました。バランスが崩れた食生活は、体調に大きな影響を与えます。アトピーの改善と生活習慣病の予防のためにも、現在の食生活の問題点を知っておきましょう。

食生活の変化で生活習慣病が増えている

ご飯と味噌汁、おかずという「一汁二菜」は日本古来の独自の食習慣です。この「一汁二菜」という昭和30年代までの日本の基本的な食習慣は今では大きく変化し、若い人ほど欧米の食習慣に近づいています。野菜の摂取量が減り、主菜は魚や大豆から肉となり、脂質の摂取量が増えています。

日本の食事は、炭水化物・脂質・たんぱく質の三大栄養素からバランスよく、エネルギーを摂取していました。そのバランスは炭水化物60〜65%、脂質 20〜25%、たんぱく質15%という理想的なもの。ところが最近、特に若い人で脂質の割合が25%、もしくはそれ以上となってきているのです。その分、穀類などの炭水化物が減っています。主食もパンや麺類の消費が増え、米の消費量は年々減少しています。外食やインスタント食品、ファストフードの利用が増えていることも、食生活のバランスが悪くなった原因。その結果、生活習慣病が子どもにも広がっています。

脂質、特にトランス脂肪酸の摂取が増えてきていることと、アトピー性皮膚炎の増加における相関関係を指摘する医師は多いようです。

また、乳酸菌のアレルギーに関する研究や発表は、多くのメーカーが行っていますが、腸内環境を整えることで、アレルギーに対する「良い影響」も与えられます。

乳酸菌は、醤油や味噌などにも、植物由来の乳酸菌が含まれています。アトピー性皮膚炎の方が洋食から和食にかえると、症状が良くなることがあります。

和食の場合、食事の中で知らず知らずのうちに乳酸菌を摂取していること、また脂質が多すぎない食事になることが、良い影響を与えているように思います。

 

「腸年齢」が老けている

肌に「肌年齢」があるように、腸にも「腸年齢」があります。腸は最終免疫機能を持つ大切な器官。腸年齢を若く保ち、腸を丈夫にしておくことはアレルギーなどの体全体の免疫に関わる、重要なことなのです。

今、この腸の老化が実際よりも進んでいる人が増えています。腸年齢が実年齢よりも10歳以上年取っている方も少なくありません。加齢とともに腸内善玉菌は減り、腸内環境が悪化しますが、食生活によっても腸年齢は老化します。腸年齢の老化が進む食生活が腸内細菌のバランスを崩し、体の免疫力を低下させます。便通も悪くなり、肌にもよくありません。

しかし、食生活を改善することにより、腸年齢の老化を食い止めることも若返らせることも可能です。腸年齢を若返らせれば免疫力が上がるので、アレルギー疾患のほかさまざまな病気にかかりにくくなり、体全体も若返ります。

食事日記をつけよう!

忙しい毎日を送っていると、「食」を意識することを忘れ、つい空腹を満たすだけの食生活になってしまうもの。好きなものばかりを選んでいたり、面倒だからと同じものばかりを食べていたりでは、体にもよくありません。食事日記をつけると、自然と「食」への関心が高まり、健康な食生活が保てるようになってきます。

食事日記にはカロリー計算は必要ありません。いつ、何を食べたかを記録し、それを振り返って見ることで、自分の食生活の傾向がわかるようになります。野菜不足や、いつも同じものを食べていることに気づき、バランスの取れた食生活を自然と意識するようになってくるので、ぜひ始めてください。1日だけでも記録してみると、意外な発見があるものです。

体重も、健康のバロメーターですから、1日1回は測って、その変化を知ることも健康チェックに役立ちます。

食事日記のつけ方

●日付と曜日を記入し、その日に食べた食事を一汁二菜(主食、主菜、副菜)と嗜好品ごとに記入します(下の記入例参考)。
●主食欄には、ご飯・麺・パン類などの炭水化物源。主菜欄には魚・肉・貝・豆腐料理などのたんぱく質源。副菜欄には野菜・根菜・きのこ・海藻・果物など、ビタミンやミネラル、食物繊維源などを記入します。

002_01_68X_re

例えば、カレーライスを食べた場合は、
主食がご飯、主菜が豚肉、副菜がタマネギ、ニンジンなどの野菜類と分けて記入します。
外食した場合は外食欄に飲食店名を書いておきましょう。外食の頻度がわかりやすくなります。

次へ 1 2 3 4 5
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.00 投票1人  
Loading ... Loading ...

食生活とアトピー」への3件のフィードバック

  1. 更紗

    トマトにレタス…冬でもあたりまえにスーパーにあるし、サラダは一年中定番です。何も考えずに食べていました。これからは、冬は体を冷やさないものを選びたいと思います。

    返信
  2. NaNa

    腸内細菌1.5キロ?!体重5●キロの私の体の1.5キロが細菌分だったとは!菌は自分の体の一部だったんですね…大事にケアしないと(^_^;)

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      NaNaさん、こんにちは。
      人は、ものすごい数の細菌と共生しています。その中には悪い菌もあれば、良い菌もいます。上手にケアしてくださいね。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>