今すぐできる!アトピー改善法

監修:小林弘幸 先生

ぬるめのお湯で副交感神経を上げよう

入浴は、ぬるめのお湯(39度程度)にゆっくりつかりましょう。深部温度がゆっくり上がって、副交感神経が上がります。
熱いお湯につかると急激に体温が上がり、交感神経が上がってしまいます。就寝前の入浴は、1日の疲れをとりよく眠るためのものです。 41度以上のお湯で入浴すると、血液が濃縮されドロドロになってしまうという実験データもあるので、高温の入浴は避けましょう。

日常的にできる運動を習慣にしよう

適度な運動も大切。無酸素運動のような過度の運動は交感神経を上げてしまうので、ウォーキングなどの日常で簡単に行える運動で十分です。
電車に乗ったら座らないで立つ、エスカレーターには乗らないで階段を上るなどの習慣をつければ、けっこうな運動量になります。 なるべく歩いて日常的な運動を心がけましょう。

ゆっくり呼吸すると自律神経が安定する

深呼吸したら気持ちが落ち着いたという経験は、誰にでもあると思います。深呼吸がなぜ気持ちを落ち着かせるのかは、これまでの医学では説明できませんでした。しかし、自律神経の研究が進むにつれ、仕組みがわかってきました。 
呼吸と自律神経は深く関係しており、ゆっくり呼吸すると自律神経が安定してきます。呼吸をゆったり深く行うことで、副交感神経が上がってくるからです。 
副交感神経が上がると血管が弛緩し、末梢まで血流が行きわたるようになります。指先まで血液がスムーズに循環すれば、細かい運動もうまくできるようになり、体全体の働きもよくなります。

ap_now_5

朝の歯磨きはゆっくり

普段からゆっくりとした呼吸を心がけていれば、副交感神経を上げて自律神経を安定させることができます。やり方は簡単、ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐き出すだけ。吸うときよりも吐くときに2倍ほどの時間をかけるのがコツです。 
ゆっくり呼吸を習慣にするための簡単な方法があります。それは毎朝ゆっくり歯磨きすること。朝の歯磨きは急いで済ませようとする人が多いですが、それを意識してゆっくりやってみてください。ほとんどの人は歯ブラシをせかせか動かしますが、そのとき息は止まりがちです。歯ブラシをゆっくり動かせば、呼吸しながら歯磨きができるはず。 
朝の5分間、ゆっくり歯を磨くゆとりある時間を作ってみてください。そうすれば、よい呼吸ができるようになり、余裕をもって1日をスタートできるでしょう。

自律神経は伝染する

自律神経の状態は、伝染しやすいものです。自律神経バランスがいい人がいると、周りの人も影響を受けて、みんなバランスがよくなります。逆にバランスが悪い人がいると、周りも悪くなってしまいます。野球の試合で、ひとりがエラーすると次々にみんなエラーしだすことがよくあります。これは自律神経が伝染している状態。 
お母さんがイライラしていると子どもにもイライラがうつってしまいます。アトピーの子どもがかゆくて掻いている姿を見て、イライラしたお母さんが「掻いてはダメ!」と叱れば、子どもの交感神経は上がりかゆみは増していくでしょう。逆に、お母さんが心を落ち着けて「掻いてもいいのよ」と言ってあげれば、状況は変わります。
 

自律神経を安定させるためには、適温(39度程度)での入浴や日常的にできる運動などを、継続的に生活の中で行っていくことが大切です。

また自律神経は、自分の置かれた状況により、自分の状態を周囲の人に伝染しやすいこともあるようです。

実際、子どもが掻いている姿を見て、イライラした母親が「掻いてはダメ!」と叱れば、子どもの交感神経は上がり、かゆみが増すこともあります。

逆に、お母さんが心を落ち着けて「掻いてもいいのよ」と言ってあげれば、状況は変わります。

 
 

反省点は日記に書き出す

お母さん自身の呼吸や腸の状態を整えて副交感神経を高めれば、気持ちも落ち着いてイライラも減ります。子育て全般に言えることですが、お母さんの自律神経がいかに安定しているかが大事です。 
「わかっているけどイライラしてしまう」というお母さんには、日記をつけることをお勧めします。1日の終わりにその日の反省点と感動したことを一つずつ書くのです。 
ストレスを排除するのに最もよい方法は、それを書き出すこと。
毎日反省点を書き出していれば、不思議と失敗が減っていきます。
ただ反省点ばかり書いていては、モチベーションが下がってしまうので、その日に1番感動したことも書いておきましょう。

前へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 2.67 投票3人  
Loading ... Loading ...

今すぐできる!アトピー改善法」への1件のフィードバック

  1. まめたろう

    現代人の例に漏れず、交感神経が優位です。だいたい常に緊張してると思います。
    でも、その反動でしょうか。休みの日になると、完全にスイッチが切れてしまいます(文字通りOFF状態)。これもバランスの一種なのかもしれませんが、理想的なバランスではないですよね、きっと(>_<)

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>