隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!

監修:木俣肇 先生

脂肪肝とアトピーの関係

脂肪肝が、アトピーの悪化因子であることがわかってきました。脂肪肝を見つけて改善すれば、アトピー克服も早まるかもしれません。

脂肪肝はアトピーの悪化因子

もともとアトピーでは、腹痛や下痢などの症状がなくても、腸管粘膜に炎症やむくみがあることがわかっています。このため、腸管粘膜のバリア機能が弱まっているので、脂肪が過剰に吸収されてしまうのです。また、アトピー性皮膚炎の患者は、糖分や脂肪の代謝能力に異常があることも指摘されていて、過剰摂取になりやすいのです。

脂肪肝があると、皮膚のアレルギー反応が悪化することもわかっています。そして、脂肪そのものもアレルギーの悪化因子です。脂肪肝は、アトピーの悪化要因ですから、脂肪肝を治療することが、アトピーの治療にもつながっています。

隠れ脂肪肝を見つけよう!

まず、脂肪肝かどうかを早期発見しましょう。

超音波検査で脂肪肝の検査をしよう

脂肪肝には自覚症状がないため、検査するしか確かめる方法がありません。表にある方法でBMI値を算出し、肥満傾向がある場合はもちろんですが、肥満や高脂血症でなくても、脂肪肝かもしれません。外食が多く、お菓子が好きで、運動も少なめであるなど、脂肪肝が心配なアトピーの方は、遠慮なく病院で検査を依頼しましょう。脂肪肝は子どもでもよくある病気ですから、検査は受けられます。

ただし、血液検査でもX線検査でもわからないので、超音波検査のできる病院に行って検査を申し込みます。「アトピー性皮膚炎では、脂肪肝が多いということを聞いたので、超音波検査をお願いできませんか」と説明すれば大丈夫。快く検査してくれるでしょう。

脂肪肝と診断されたら

超音波検査の結果、脂肪肝と診断されたら、何よりも生活習慣を改善することが大切です。アトピーと合併した脂肪肝の治療には、薬物療法は不要です。通常は、食事療法と適度な運動療法で、数カ月間で改善します。

脂肪肝を治してアトピー改善!

脂肪肝は基本的にアトピーと同様、食事と運動で改善します。脂肪肝を治して、アトピー改善に役立てましょう。

基本は食生活の改善

まずこれまでの食生活を見直し、甘いものや脂肪分を控えましょう。パンやパスタなど小麦を主食にすると、脂肪が多い洋食になりがちで、血糖値も米食に比べて急激に上がりやすくなります。肉食よりも魚と野菜が主体の、脂肪分を控えた和食がよいでしょう。ご飯に合わせて具だくさんの味噌汁を摂れば、野菜や海産物に含まれる繊維や必須ミネラルも吸収できます。

油は良質な植物油を使用し、それでも摂りすぎには十分注意が必要です。外食は基本的に、味付けが濃く、脂肪分も多いので、極力避けましょう。
また、お菓子、スナック類など、高カロリーのものは控えます。どうしても間食がやめられない人は、昼のおやつ時に少量だけにしてください。夜8時以降は、厳禁です。

運動で脂肪を減らす

脂肪肝を改善するためには、食事療法で体内に脂肪を吸収しないようにすることと、体内に蓄積された脂肪を運動療法で燃焼させることが大切です。肝臓に蓄積された脂肪を燃やしやすい有酸素運動が最適です。まずは散歩など、よく歩くことを心がけましょう。

また、アトピーの方は、紫外線や花粉などを避けるためや、汗をかきたくないなどの理由から、どうしても部屋に閉じこもりがちになりやすい傾向がありますが、適度な運動で脂肪肝を予防・治療するように心がけましょう。早寝早起きして規則正しい生活をすることも大切です。

アトピー性皮膚炎は、「生活習慣病」として捉えられることがありますが、脂肪肝になる原因の生活を考えると、それがアトピー性皮膚炎の悪化要因になっているのであれば、うなづけるところです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.80 投票20人  
Loading ... Loading ...

隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!」への3件のフィードバック

  1. みきちー

    肝臓数値が高くなって再検査と言われるようになってからアトピー痒疹が手足にでるようになりました。
    この記事をみて、肝臓再検査にいこうと思いました!

    返信
  2. Pooh

    アトピーは単なる皮膚の病気じゃなくて、内臓の状態を映す鏡のようなもの?脂肪肝とアトピーはあまり結びつけて考えないのでは…。意外なタイトルに思わず読んでしまいました。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      Poohさん、こんにちは。
      アトピー性皮膚炎は、皮膚の疾患ですが、その原因は皮膚だけにあるのではないとお考えいただければと思います。
      例えば、肝臓病の方が、皮膚に黄疸が現れることがあるように、体の中の状態が皮膚に現れるケースもあります。
      アトピー性皮膚炎を考えるときは、皮膚以外の要因にも目を向けて欲しいと思います。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>