隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!

監修:木俣肇 先生

一般的に成人の病気と思われている脂肪肝。実は、大人だけの病気ではなく、最近では、子どもたちの間にも脂肪肝が増加しています。
そして、アトピー性皮膚炎の症状と関連性が深いこともわかってきました。

脂肪肝は、自覚症状がなく、やせている人や子どもの場合気づかないことが多いのです。静かに増加し続ける「隠れ脂肪肝」を知り、アトピー改善に役立てましょう。

アトピー症状と脂肪肝の関連が疑われています

成人だけでなく、子どもたちの間に生活習慣病が増えています。これは、高タンパク、高脂肪の食生活が原因とされています。
2001年に実施された宇治武田病院の調査によると、肥満のない子どものうち、健常児の約10%、アトピー性皮膚炎の子どもの約30%以上が脂肪肝でした(表1)。また、高脂血症は健常児の約10%、アトピー性皮膚炎の子どもの約20%で発見されました。

脂肪肝は発見しにくいこともありますが、明らかに増加しています。現在では、推定でアトピー性皮膚炎の子どもの場合約30%、健常者の場合で約10%が脂肪肝にかかっており、アトピー性皮膚炎の大人では、さらにその割合は40〜50%に及ぶと考えられます。

肥満でない子どもにも脂肪肝が見られるのは驚きです。それだけ、私たちを取り巻く食生活環境が、良くない状況になっているのかもしれません。

子どもたちが好むお菓子などにも、そうした原因が潜んでいるようですので、アトピー性皮膚炎の症状がある場合には、気をつけていくことは大切でしょう。

アレルギー悪化の意外な要因 脂肪肝とは?

現代日本人の食生活は、欧米なみに脂肪を摂るものになりました。その結果、脂肪肝が増加。アレルギーを悪化させる要因の一つになっています。

肝臓に脂肪がたまっている状態が脂肪肝です

脂肪肝は、肝臓に脂肪が正常より多く蓄積した状態です。悪化すると、肝臓全体に脂肪がゆきわたり、まるでフォアグラのようになっていることがあります。

脂肪肝は、自覚症状がなく、肝機能にも異常のないことが多いため、あまり問題とされてきませんでした。しかし、肥満と同じで、進行すれば生活習慣病や肝硬変、肝臓がんの誘発因子となるので、早めに発見して、改善する重要性が叫ばれています。

脂肪肝の原因は高カロリーの食事と運動不足

肝臓には、脂肪を他の物質やエネルギーに変えて利用する働きがあります。そのため、脂肪は肝臓に蓄えられ、必要に応じて消費されます。

ところが、脂肪の摂取量が多く、消費カロリーが少ないと、脂肪は肝臓に蓄積されてしまいます。これが脂肪肝の原因です。とくに、現代人の生活は、外食が多く、高カロリー、高脂肪になりがちです。

和食が少ない、パン食が多い、魚より肉を中心に食べる、ファストフードなどの外食が多い、スナックやチョコレートなどのお菓子が好きでよく食べる、ジュースをよく飲む。そんな方は、肥満ではなくても脂肪肝になっている可能性があります。
また、最近は学習塾やテレビゲームが普及したために、子どもが外で体を動かして遊ぶことが少なくなりました。運動不足も脂肪肝が子どもに増加した原因となっています。

発見しにくい脂肪肝

飲酒や食べ過ぎなどによる生活習慣病として、成人に脂肪肝が起きることは知られていますが、痩せ型の人や子どもにも脂肪肝になることはあまり知られていません。
しかも、残念なことに、小児科や皮膚科医で脂肪肝の専門医はいません。脂肪肝は、高脂血症の血液検査では発見できないため、超音波検査が必要になります。健康診断などでは超音波検査をする機会が少ないため、なかなか発見しにくくなっています。
しかも、肥満や高脂血症ではなくても脂肪肝にかかっている場合があるので、なおさら発見しにくくなっているのです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.80 投票20人  
Loading ... Loading ...

隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を!」への3件のフィードバック

  1. みきちー

    肝臓数値が高くなって再検査と言われるようになってからアトピー痒疹が手足にでるようになりました。
    この記事をみて、肝臓再検査にいこうと思いました!

    返信
  2. Pooh

    アトピーは単なる皮膚の病気じゃなくて、内臓の状態を映す鏡のようなもの?脂肪肝とアトピーはあまり結びつけて考えないのでは…。意外なタイトルに思わず読んでしまいました。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      Poohさん、こんにちは。
      アトピー性皮膚炎は、皮膚の疾患ですが、その原因は皮膚だけにあるのではないとお考えいただければと思います。
      例えば、肝臓病の方が、皮膚に黄疸が現れることがあるように、体の中の状態が皮膚に現れるケースもあります。
      アトピー性皮膚炎を考えるときは、皮膚以外の要因にも目を向けて欲しいと思います。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>