筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!

監修:石井直方 先生

まとめ 筋トレで基礎代謝力を高めるコツ

1日10分、週2回からでOK!
やってみよう!スロートレーニング

さまざまな筋トレの中で、最も効率的なスロトレのメニューを紹介します。
さあ、これであなたも高代謝美人!

大きな筋肉をエクササイズする基本のコース

スロトレは、何を目標とするかによってメニューも違ってきます。ここでは、アトピー性皮膚炎の克服に向けて、ホルモンを含めた全身的な反応を引き出すことを目標とします。
そのための基本は、コアマッスルである体の大きな筋肉(足、お尻、背中、お腹)をトレーニングすること。代謝への影響が大きく、加齢の影響も受けやすい筋肉です。これらの筋肉を意識して鍛えることによって、基礎代謝効率を上げましょう。
エクササイズは1日10分程度、週2〜3回を目安に行ってください。

1日10分、週2回からでOK!やってみよう!スロートレーニング

足、お尻、背中、お腹などの大きな筋肉をトレーニングするとともに、骨格に沿って姿勢を維持するようなインナーマッスルの強化も重要です。

それらによって、常に正しい姿勢が維持できて、また、お腹や背中といった体幹部の筋肉アップが、胃腸やその他内臓を温める効果を発揮するとも言われます。

さまざまな筋トレの中で、最も効率的なスロトレのメニューを紹介します。
さあ、これであなたも高代謝美人!

ap_kin_2

ap_kin_3

前へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.52 投票23人  
Loading ... Loading ...

筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!」への9件のフィードバック

  1. ぷるる

    これは目からうろこです!血流が悪く冷え性で、自律神経失調症とアトピーが・・・・・体質改善の為、ウォーキングやジョギングなど有酸素運動ばかりしてきました。雨の日も自宅で出来る筋トレなら、コツコツ続けられそうです!

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      ぷるるさん、こんにちは。
      有酸素運動がいけないわけではありませんが、有酸素運動、無酸素運動、それぞれに体の機能に対する「働きかけ」が異なる部分があります。
      上手に組み合わせながら行えると、なおよいと思います。
      ぜひ、取り組んでみてくださいね。

      返信
  2. きなこ

    最近、体重が増えやすくなっているのも代謝が低下してるからかな、と実感。すぐにでも始めようと思います!
    ステップ2のストレッチは自己流で良いですか?

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      きなこさん、こんにちは。
      ステップ2のストレッチは、自己流で構いません。
      気をつける点があるとすれば「ゆっくり」です。
      また、できるだけ毎日、継続できた方が良いので、「無理せず」そして「目標」を持って行うようにしましょう。

      返信
  3. hayasi

    筋トレ初めて一ヶ月になりました。汗をかくことができて今年の冬は悪化しないよう保湿しながらがんばります(笑)

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      hayasiさん、こんにちは。
      筋トレはじめて、汗がかけるようになったのは、とても良いことだと思います。
      特に今の時期に汗が出るようになると、冬場の乾燥は対象なりとも緩和されるでしょう。
      頑張ってください。

      返信
  4. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

    「M.Cさん」、「そらさん」、コメントありがとうございます。
    運動を行う場合、大切なのは「継続性」です。
    自分で行いやすい運動を、無理ないペースで頑張ってください。

    返信
  5. そら

    私も筋トレをするようになってから症状が改善されました!!
    それまでなかなか治らなかった部分も治り、筋トレの効果の凄さを感じています。
    有酸素運動と無酸素運動どちらも続けることで、今まで以上に良くなっているので、
    どちらも続いています。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>