生活環境を見直せばアトピーは改善できる!


生活環境を見直せばアトピーは改善できる!

5月にNHKの番組『あさイチ』で「謎のシックハウス症候群を追え」が放送されました。シックハウス症候群や化学物質過敏症への視聴者の皆さんの関心は高く、放送中に数多くのご意見・問い合わせが来たそうです。
その番組に出演していた東海大学医学部教授の坂部貢先生に、生活環境における化学物質汚染の状況とその対策についてお話をお聞きしました。

ここまでわかった!シックハウス症候群・化学物質過敏症の正体

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い

シックハウス症候群とは、住居内の化学物質のみならずダニやカビやほこりなど原因が住居内にある場合をいいます。化学物質過敏症は住居内に限らず街路樹にまかれた殺虫剤や隣の人から発する香水などの化学物質も原因になります。
新築やリフォームなどで使われた建材から揮発する化学物質でシックハウス症候群になり、その後、屋外の化学物質にも反応して化学物質過敏症になるケースが多いです。
症状は、頭痛・めまい・筋肉痛・関節痛・疲労感・下痢・便秘・視力障害・皮膚のかゆみ・炎症・睡眠障害など様々。特定の化学物質が特定の症状を示すのではなく、様々な症状を示し、しかも人によって違うことが多いのです。さらに、同じ人で同じ化学物質という条件でも、日によって症状が違ってくることがあるので、診断が難しくなることがあります。
発病は男性よりも女性が多く、主婦の場合室内にいる時間が多いので症状が出やすいといわれています。
また、化学物質による症状が出ても出なくても、大人より細胞分裂が活発で成長期にある子どもの方が衣食住の化学物質による影響を受けやすいといえます。空気中の化学物質は空気より重い物質が多く、床面に近い空気を吸っている低年齢の子どもほど影響は大きくなります。化学物質過敏症の患者さんの場合、床や畳に布団を敷いて寝るよりもベッドで寝た方が症状が出にくいことがあります。ベッドの高さも高くした方がよいでしょう。

どうして化学物質過敏症になるの?

空気中のごく微量の化学物質に反応して症状が出る人が多くいます。中には食べ物や飲み物の農薬や食品添加物などに反応する人、化学繊維、合成洗剤で洗った衣類、プラスチック、金属などに接触して反応する人もいます。このように、様々な形で化学物質過敏症は発症します。
空気中の化学物質に反応する化学物質過敏症の患者さんで、血圧が高く、毎日高血圧の薬を飲んでいても何も反応せず、症状が出ない人がいました。化学物質過敏症は、体内に入ってくる化学物質が一定量を超えると、発病するという仮説があります。化学物質を水に、カップを体に例えて、カップに入れた水がカップからあふれ出ると発病するという考え方です。
しかし、空気中の化学物質よりはるかに量の多い薬剤の化学物質を飲んでも発症しないケースでは、この仮説が当てはまりません。
そこで、化学物質過敏症には空気化学物質過敏症、食物化学物質過敏症、接触化学物質過敏症の三つが存在し、お互いに影響し合っているとの仮説を立てました。化学物質が注がれるカップには、空気センサーと食物センサーと接触センサーと三つのカップがあり、それぞれのカップが大きくなったり小さくなったりし、そして三つのカップが互いにパイプで繋がっていると考えられます。
この患者さんの場合、当初、空気用のカップが小さく、食物用が大きかったため、高血圧の薬を飲んでいても反応しなかったのでしょう。ところが、薬を飲み続けた結果、空気化学物質過敏症の症状が悪化し、徐々に薬にも反応するようになり、薬が飲めなくなりました。

カップの水が溢れ出すと化学物質過敏性に

それぞれのカップは大きさが変化し、パイプでつながっている

カップの水が溢れ出すと化学物質過敏性に

シックハウス症候群で気をつけたい13の物質

2003年の改正建築基準法の施行により、新建材、接着剤、塗料、防虫剤などに使われていたホルムアルデヒドなど13種類のVOC(揮発性有機化合物)の指針値が決められました。VOCとは、揮発性があり、大気中で気体状になる有機体の総称。厚生労働省が定めたVOC指針値は、空気中に含まれるこれらの有害物質に対するガイドラインです。
しかし、これらのVOCが指針値以下にもかかわらず、シックハウスの様々な症状が出現することがあります。
建築関係のメーカーはこれらの13物質以外のVOCを使うようになったのですが、それらも化学物質ですから当然シックハウスの原因となります。つまり、13種類のVOCが指針値以下の住宅でも、シックハウス症候群になる可能性がゼロとは言い切れないわけです。また、この指針値は安全値ではなく目標値のような数値です。本当の安全値は、有害物質がゼロの状態でしょう。

国が指針値を出している13 種類のVOC

※ 25℃のときの換算値。ppb1/1000ppm。

生活用品にも要注意

なるべく有害な化学物質を使っていない自然建材で住宅を建てたとしても、家の中には様々な化学物質が存在します。例えば、畳の防虫紙に含まれている殺虫剤(農薬に近い毒性を持つものもあります)によって健康被害を受けた人も少なくありません。
畳の防虫紙は、畳を敷いてしまうと表面からは、使っているかいないか判りません。使っていた場合、防虫紙だけを取り除こうとしても糸で縫ってあるため取れません。畳そのものを換えなければいけなくなります。
夏は蚊取り線香や電気蚊取り器を使っている人が多いようですが、こちらもほとんど農薬と同じ成分の殺虫剤が使われています。蚊に刺されてかゆくなるのも大変ですが、微量の殺虫剤を吸い込むことでも、化学物質過敏症による強いかゆみや炎症が起きるので注意が必要です。
また、抗菌剤は様々な生活用品に使われています。抗菌剤で気をつけたいのは、皮膚には表皮ブドウ球菌という常在菌がいて、肌のうるおいやバリア機能に役立っていますが、抗菌グッズで皮膚の常在菌がダメージを受けると、皮膚のバリアー機能が低下し、免疫力が低下してしまうことがあります。
もちろん、常在菌を保護するために体を洗わず不潔にしていてもよいということではありません。薬剤に頼らず清潔を保つことが大切です。さらに、抗菌剤による薬剤耐性菌の出現が心配されます。

化学物質過敏症はアトピー性皮膚炎の元凶だしやっかいな病気です。シックハウス症候群など今でも苦しんでいる患者さんは多くいらっしゃいます。

化学物質過敏症には空気化学物質、食物化学物質、接触化学物質過敏症の3つが存在します。それぞれが影響しあったりします。

VOC(揮発性有機化合物)のガイドラインを守っていてもシックハウス症候群になったりするので毎日使う生活用品には気を配る必要があります。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>