喫煙により高まるアトピー発症のリスク


アトピー性皮膚炎発症二つの基準

ISAAC質問票の例

これら4つのグループにおいて、 どれだけの子がアトピー性皮膚炎を 発症したかを比べることで、喫煙と アトピー性皮膚炎の関係が見えてく るはずです。そのために研究グルー プは、アトピー性皮膚炎発症の基準 を2通り設定しました。
一つ目の基準はISAAC(アイ ザック:International Study of Asthma and Allergies in Childhood) による疫学診断基準です。ISAACは質問 票をベースとした大規模な世界的調 査による診断基準、医師による診断 よりも高い値が出る傾向がありま す。しかしながら、国際的な診断基 準となっているので他国との比較が しやすく、疫学研究で用いられるこ とが多い基準です。
そしてもう一つの基準は、医師に よる診断です。生まれてから2歳ま での間に医師からアトピー性皮膚炎 の診断を受けたことがあるかどうか が調査されました。

妊婦の喫煙は子のアトピー 発症リスクを高める

以上の条件により集められたデー タ解析を次の表に示します。  表に示した解析により、次のよう な結果が導き出されました。

  • 解析対象となった1354名のう ち、229名( 16 .9%)がISAAC によるアトピー性皮膚炎、 62 名 (4.6%)が医師診断によるアト ピー性皮膚炎と分類される。
  • 出生前後の喫煙曝露を4つのグループに分けて解析したところ、喫煙曝露が全くない場合グループ1と比較して、妊娠中の母親の喫煙のみあった場合グループ2、医師診断によるアトピー性皮膚炎のリスクを有意に高めていた。
  • 出生後の受動喫煙のみありグループ3、妊娠中の母親の喫煙と出生後の受動喫煙の受動喫煙の両方ありグループ4、では統計学的に有意な関連は認められなかった。
  • ISAACによるアトピー性皮膚炎と出生前後の喫煙曝露との間には、統計学的に有意な関連は認められなかった。この研究結果は、妊娠中の母親の喫煙が子のアトピー性皮膚炎発症のリスクを高めている可能性が示されています。一方、出生後の受動喫煙に関しては統計学的に有意な関連が 認められませんでしたが、この結果 が直ちに受動喫煙のアトピー発症関与を否定するものとは言い切れません。今後の追跡調査によりエビデンスが蓄積されることで、出生前後の喫煙曝露とアトピー性皮膚炎発症との関連は、さらに明らかにされていくことでしょう。

表

やはり妊娠中の母親の喫煙は問題ありますよね。
 

妊娠中に全く喫煙なしのグループに比べ母親が喫煙していたグループを比較した場合母親の喫煙がアトピー性皮膚炎に悪影響があると結論づけられました。

受動喫煙も悪そうですが。
 

こちらははっきりとした関係はでませんでしたが、今後の研究次第では何らかの関連性が明らかになるかもしれません。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...