アトピー性皮膚炎の知識

アトピーを改善する食生活の基本

未評価です。

アトピーを改善する食生活の基本

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

アトピーを改善する食生活の基本の続きを読む

衣替えの季節を快適にするアレルギー対策

未評価です。

衣替えの季節を快適にするアレルギー対策

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

衣替えの季節を快適にするアレルギー対策の続きを読む

よい睡眠が、アトピーを改善する

未評価です。

よい睡眠が、アトピーを改善する

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

よい睡眠が、アトピーを改善するの続きを読む

夏休みを満喫するための アレルギー対策

未評価です。

夏休みを満喫するための アレルギー対策

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

夏休みを満喫するための アレルギー対策の続きを読む

カビを減らして アトピー症状を改善しよう

未評価です。

カビを減らして アトピー症状を改善しよう

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

カビを減らして アトピー症状を改善しようの続きを読む

アレルギーの原因物質を見つけよう

未評価です。

アレルギーの原因物質を見つけよう

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

アレルギーの原因物質を見つけようの続きを読む

アトピーにおけるステロイド外用依存と離脱を考える

未評価です。

アトピーにおけるステロイド外用依存と離脱を考える

DrugHealthcPatientSaf.2014Oct18;6:131-138.にTopicalsteroidaddictioninatopicdermatitis(アトピー性皮膚炎におけるステロイド外用剤依存)という表題で、8名の医師の共著論文が掲載されました。
現在の皮膚科医の多くは、ステロイド外用剤によるベネフィットを強調しますが、以前から言われているように、相応のリスクは存在します。今回の論文では、そのリスクについて、どのような問題点を抱えているのかが、分かりやすく書かれており、ポイントとなる部分を抜粋して一部を紹介したいと思います。

アトピーにおけるステロイド外用依存と離脱を考えるの続きを読む

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

未評価です。

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

監修・資料提供:木俣 肇
協和会病院リハビリテーション科/内科(アレルギー部門)
京都大学医学部卒業後、米国のUCLAに3年間留学しアレルギーの研究に従事。帰国後、ステロイドが、アレルギーを媒介する蛋白であるIgE産生を増加させることを海外の研究者と違う実験系で見出し、海外の免疫学雑誌に発表。IgE産生調節機構に関与している多数の海外の専門の研究者からの一連の発表で、ステロイドによるIgE産生増加は免疫学者の常識となった。

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題の続きを読む

制御性T細胞がかゆみを消す

未評価です。

制御性T細胞がかゆみを消す

監修:戸村 道夫

今年の2月、アトピー性皮膚炎の今後の治療に大きな影響を与えそうな研究のプレスリリースが、理化学研究所より発表されました。タイトルは、「皮膚アレルギーの火消しは、炎症患部から大量移動する制御性T細胞」。
制御性T細胞とは耳慣れない言葉ですがよ「免疫」という人間の体を病気から守る機能を担う、免疫細胞の一つです。免疫の仕組みゃ制御性T細胞については、後で詳しく説明することにして、最初に今回の研究でわかったことと、研究成果から考えられることを簡単に紹介しましよう。

制御性T細胞がかゆみを消すの続きを読む

アトピーと感染症の最新研究

未評価です。

アトピーと感染症の最新研究

141017_2

2013年11月、イギリスの有名な学術雑誌「ネイチャー」に、感染症に関する新たな発見といえる研究論文が掲載されました。本誌でおなじみのアレルギー専門医・木俣肇先生は、この論文を「画期的」と評価しています。
感染症は、アトピーの大きな悪化要因。特にステロイド剤の離脱症状を乗り越える際には、感染症対策が大切です。最先端の研究成果を踏まえながら、感染症の対策と予防について考えましょう。

アトピーと感染症の最新研究の続きを読む