アトピー性皮膚炎の知識

医療ナビ 私の考えるアトピーの治し方

Rating: 評価:5 投票1人

title_20180828

abo
安保徹(あぼ・とおる)新潟大学大学院医歯学総合研究所教授1947年青森県生まれ。
東北大学医学部卒。米国アラバマ大学留学中の1980年、「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。その後胸腺外分化T細胞を発見、白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。2000年にはこれまで定説だった「胃潰瘍=胃酸説」を覆す顆粒球説を発表し、世界に大きな衝撃を与えた。200を超える英文論文を発表し続ける世界的免疫学者。著書は『免疫革命』(講談社インターナショナル)『未来免疫学』(インターメディカル)など著書多数。

医療ナビ 私の考えるアトピーの治し方の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 辻 信一

未評価です。

title_180814

あとぴナビ2014年6月号より
取材・文/末村成生

20140704

PROFILE
辻 信一(つじしんいち)
1952年東京都生まれ。文化人類学者・明治学院大学教授。 1988年米・コーネル大学で人類学の博士号取得。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人、NGOナマケモ ノ倶楽部世話人などを務める。6月に開校される「ゆっくり 小学校(スロースモールスクール)」校長。
主著に「スロー・イズ・ビューティフル」(平凡社)「『ゆっくり』 でいいんだよ」(ちくまプリマー新書)などがある。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 辻 信一の続きを読む

医療ナビ キーワードは「かしこく摂取」サプリメントで健康生活

未評価です。

title

katoum
監修/加藤 三千尋(かとう・みちひろ)
薬剤師・フリーライター
1969 年東京都文京区生まれ。東京薬科大学薬学部薬学科卒業。
1992年、フジテレビ系のクイズ番組”カルトQ”の「メディカルドラッグ(市販薬)」で史上最高の220点を獲得して優勝、伝説のカルト王に。
とりわけ、漢方医学(中医学)、代替医療、サプリメントなどに造詣が深い。
著書は「決定版『名薬』探訪」「ビジネスマンのためのドーピング・ガイド」など多数。

医療ナビ キーワードは「かしこく摂取」サプリメントで健康生活の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 真弓定夫

未評価です。

title-03

あとぴナビ2014年8月号より
取材・文/末村成生

20140905a

PROFILE
真弓定夫(まゆみさだお)
1931年東京都生まれ。真弓小児科医院院長。東京医科歯科大学卒業後、同大学病院小児科学教室に入局。田無市(現西東京市)の佐々病院(西東京市)を経て、1974年に武蔵野市吉祥寺に真弓小児科医院を開業。2003年、社会文化功労賞受賞。
主著に「自然流育児のすすめ」(地湧社)「自然にかえる子育て」(芽ばえ社)などがある。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 真弓定夫の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 渡邉美樹

未評価です。

タイトル

あとぴナビ2010年12月号より
取材・文/末村成生 撮影/橋詰芳房

渡邉美樹
PROFILE
1959年生まれ。ワタミ株式会社代表取締役会長・CEO。
84年に有限会社渡美商事を創業。86年に株式会社ワタミ(現ワタミ株式会社)を設立。92年に居食屋「和民」を開発。2000年に東証一部上場。現在は外食・介護・高齢者向け宅配・農業など幅広く事業を展開している。個人として、学校法人郁文館夢学園理事長、医療法人盈進会(えいしんかい)岸和田盈進会病院理事長、公益財団法人スクールエイドジャパン代表理事、NPO法人「みんなの夢をかなえる会」理事長などを務める。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 渡邉美樹の続きを読む

漢方で見立てるアトピーの治し方(前編)

未評価です。

漢方で見立てるアトピーの治し方

muranushi
監修/村主 明彦(むらぬし・あきひこ)
社団法人北里研究所 東洋医学総合研究所
漢方診療部部長
1956年、宮城県生まれ。山形大学医学部、同大学院卒、医学博士。漢方診療専門機関の医師として幅広く診療活動を行う。(社)日本東洋医学会専門医、同学会評議員。

漢方で見立てるアトピーの治し方(前編)の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 中村征夫

未評価です。

nakamuraikuo

あとぴナビ2010年6月号より
取材・文/大石久恵、撮影/橋詰芳房

中村征夫
PROFILE
中村征夫(なかむら いくお)
1945年、秋田県生まれ。19歳の頃、独学で水中写真、潜水を始める。以後、水中写真専門誌のカメラマンを経てフリーランスとなる。水中写真の第一人者として高く評価されると同時に、環境問題などを伝える報道写真家としても知られる。講演・出版物・テレビ・ラジオなど様々な媒体を通して、海の魅力と環境問題を訴え続けている。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 中村征夫の続きを読む