アトピー性皮膚炎の知識

医療ナビ 子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線(後編)

未評価です。

4.アトピー性皮膚炎悪化の原因と対策

アトピーを悪化させる要因は決してひとつではありません。人によって悪化因子は違いますが、ドライスキンによって弱まったバリア機能と大きな関係があることがわかってきました。

医療ナビ 子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線(後編)の続きを読む

医療ナビ 子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線(前編)

未評価です。

title

kouno
監修/河野 陽一(こうの・よういち)
千葉大学大学院医学研究院
小児病態学教授
1973 年、千葉大学医学部卒業。専門は小児科学、小児アレルギー学、小児免疫学など。
アトピー性皮膚炎の障害臓器決定に関わる細胞接着分子CLAの存在を解明するなど、多くの業績がある。
現在は厚生労働省、免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業において、
「アトピー性皮膚炎の有症率調査法の確立および有症率(発症率)低下・症状悪化防止対策における生活環境整備に関する研究」の主任研究者を務めている。

医療ナビ 子供のアトピー性皮膚炎、発症・悪化研究最前線(前編)の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 金澤翔子

未評価です。

金澤翔子さん

あとぴナビ2010年4月号より
取材・文/大石久恵 、撮影/橋詰芳房

 

金澤翔子さん

金澤翔子さんphoto

PROFILE
金澤翔子(小蘭)
1985年東京生まれ。母でもある金沢蘭鳳に師事し、5歳より書道を始める。10歳で「般若心経」を書く。14~17歳の間、日本学生書道文化連盟展で金賞、銀賞を毎年受賞。19歳で雅号、小蘭を取得。20歳で銀座書廊において個展「翔子 書の世界」を主催。以降、数々の個展を開催し、鎌倉建長寺や京都建仁寺へ書の奉納も行う。
金澤泰子(蘭鳳)
女流書家。学生時代より、短歌、能を学ぶ。1977年、書道「学書院」に入会し、柳田泰雲に師事。1985年、翔子誕生。1990年、翔子のために久が原書道教室を始める。1998年、書道「泰書會」に入会。柳田泰山に師事。著書に『愛にはじまる』(ビジネス社)、『天使の正体』(かまくら春秋社)がある。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 金澤翔子の続きを読む

医療ナビ 化学物質過敏症とアトピー(前編)

Rating: 評価:5 投票1人

科学物質過敏症とアトピー

宮田幹夫監修:宮田幹夫(みやた みきお)
北里大学名誉教授
日本で化学物質過敏症の研究・臨床にいち早く取り組み、初めて医学的な診断方法を確立するなど、この問題の第一人者。 名古屋市立大学医学部医学研究科修了後、同医学部眼科教室に入局。
その間カリフォルニア大学に留学。 化学物質過敏症やアレルギーの研究を続けている。
著書に「化学物質過敏症」(かもがわ出版/共著)「あなたも化学物質過敏症」(農文協/共著)などがある。

医療ナビ 化学物質過敏症とアトピー(前編)の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 石田 ゆうすけ

未評価です。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 石田 ゆうすけ

あとぴナビ2010年3月号より
取材・文/平川友紀 、撮影/橋詰芳房

 

自由に、がむしゃらに「挑戦」し続ける人生を送りたい!

 

石田 ゆうすけ
PROFILE
石田 ゆうすけ(いしだ ゆうすけ)
1969年和歌山県白浜町生まれ。7年半に及ぶ自転車世界一周旅行を終え、2002年末に帰国。旅の様子を綴った『行かずに死ねるか!』(実業之日本社/文庫版:幻冬舎)を出版し、作家としての活動をスタート。以後、雑誌の連載や単行本の出版などの文筆活動のほか、「夢」「相互理解」「食」というテーマで講演活動も行なっている。『いちばん危険なトイレといちばんの星空』、『洗面器でヤギごはん』(実業之日本社)等の著作がある。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 石田 ゆうすけの続きを読む

医療ナビ 自律神経とアトピー(後編)

未評価です。

自律神経とアトピー

河野友信(かわの とものぶ)
監修:河野友信(かわの とものぶ)
(東洋英和女学院大学人間科学部教授)
医療法人財団 健生会クリニック院長
1937年生まれ。65年熊本大学医学部卒業。九州大学大学院(心療内科)を修了後、文部教官を経て都立駒込病院心身医療科で診療に従事。同病院を退職後、現職。
同時に、健生会クリニック心療内科などで診療に当たるかたわら、財団法人PHRストレス科学研究所副所長を兼任している。NHK「今日の健康」でもおなじみ。
著書に「自律神経失調症を治す本」(ナツメ社)などがある。

医療ナビ 自律神経とアトピー(後編)の続きを読む

医療ナビ 自律神経とアトピー(前編2)

未評価です。

自律神経とアトピー

河野友信(かわの とものぶ)
監修:河野友信(かわの とものぶ)
(東洋英和女学院大学人間科学部教授)
医療法人財団 健生会クリニック院長
1937年生まれ。65年熊本大学医学部卒業。九州大学大学院(心療内科)を修了後、文部教官を経て都立駒込病院心身医療科で診療に従事。同病院を退職後、現職。
同時に、健生会クリニック心療内科などで診療に当たるかたわら、財団法人PHRストレス科学研究所副所長を兼任している。NHK「今日の健康」でもおなじみ。
著書に「自律神経失調症を治す本」(ナツメ社)などがある。

医療ナビ 自律神経とアトピー(前編2)の続きを読む

医療ナビ 自律神経とアトピー(前編1)

未評価です。

自律神経とアトピー

河野友信(かわの とものぶ)
監修:河野友信(かわの とものぶ)
(東洋英和女学院大学人間科学部教授)
医療法人財団 健生会クリニック院長
1937年生まれ。65年熊本大学医学部卒業。九州大学大学院(心療内科)を修了後、文部教官を経て都立駒込病院心身医療科で診療に従事。同病院を退職後、現職。
同時に、健生会クリニック心療内科などで診療に当たるかたわら、財団法人PHRストレス科学研究所副所長を兼任している。NHK「今日の健康」でもおなじみ。
著書に「自律神経失調症を治す本」(ナツメ社)などがある。

医療ナビ 自律神経とアトピー(前編1)の続きを読む

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 国枝 慎吾

未評価です。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 国枝 慎吾

あとぴナビ2009年11月号より
取材・文/大石久恵 、撮影/橋詰芳房

車いすテニスを多くの人に知ってもらうために勝ち続けることが目標です

国枝 慎吾
PROFILE
国枝 慎吾(くにえ しんご)
2007年、車いすテニスの選手権で世界最高峰とされる全豪、全英、全米、ジャパンオープンの4大会を1年間ですべて優勝する「年間グランドスラム」を達成した国枝慎吾選手。2004年のアテネパラリンピックではダブルスで金、2008年の北京パラリンピックではシングルスで金メダルを獲得。今年4月に日本初のプロに転向した国枝選手に、車いすテニスに対する熱い思いとともに、「決してあきらめない!」という信念について語ってもらいました。

あとぴナビ/スペシャルインタビュー 国枝 慎吾の続きを読む