アトピー性皮膚炎の知識

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 4

未評価です。

皮膚のバリア機能が低下して、乾燥など様々な外部からの刺激に弱いのが、アトピー肌の特徴。だから、毎日のスキンケアはとても大切です。まずはケアの基本をおさえて、症状別のスキンケア方法を具体的に説明します。

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 4の続きを読む

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 5

Rating: 評価:5 投票1人

生まれて数週間から数カ月で、赤ちゃんの頬や腕、足、お腹や背中に赤い湿疹や炎症が…。不安になって病院へかけこみ、「アトピー」と診断されて落ち込んでしまった。そんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 5の続きを読む

感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?

未評価です。

みなさんは感染症にかかったことはありますか?実は、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)の方の皮膚は、すでに黄色ブドウ球菌などの何らかの菌に感染していることがほとんどで、それが悪化しやすい皮膚の環境にあります。

感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?の続きを読む

遺伝子とアトピー

未評価です。

この特集では「アトピー」は、「アレルギーを起こしやすい体質(抗原抗体反応におけるIgEを産生しやすい体質)」とほぼ同じ意味で使用しています。
ただし、アトピー性皮膚炎とは、必ずしもアレルギー反応だけで起きるとは限りません。(IgEの数値が通常値でもアトピー性皮膚炎の症状が出ている場合があります。)「アトピー」体質は、アトピー性皮膚炎に限らず、アレルギー性鼻炎、アレルギー性気管支喘息などの症状に共通するものです。

遺伝子とアトピーの続きを読む

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

Rating: 評価:4 投票2人

「あとぴナビ」2012年6&7月号の特集『夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得』で「ランゲルハンス細胞」の話に少し触れました。読んでくださった方も多いと思いますが、「ランゲルハンス細胞」という名前は聞き慣れないものであったことでしょう。

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題の続きを読む

アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識

Rating: 評価:3 投票1人

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)を発症している皮膚は、表面のバリアが壊れている(防御機能が低下している)ことが多く、外部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態にあります。そのため「感染症」にかかりやすく、この感染症が、アトピー治癒を遅らせてしまう原因の一つにもなっています。

アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識の続きを読む