医療ナビ 抗ヒスタミン薬にステロイドが含まれている場合も!


20110107_h_11

監修:加藤 三千尋(かとうみちひろ)
薬剤師
漢方(中医学)の発想を取り入れた日常生活を提唱している。
主な著書に「薬剤師があなただけにソッと教える薬の裏話」(マイクロマガジン社)など。

今年の春先は、花粉の飛散量が去年の5倍になる見込みと発表されました。アトピー性皮膚炎の患者さんには、花粉症を併発している人も多いでしょう。そんな方々に注意してもらいたいのが、「アトピー性皮膚炎のかゆみ止め」や「花粉症の治療」として処方される飲み薬。中には、ステロイド薬の成分が含まれているものも。ステロイド薬が含まれた抗ヒスタミン薬に気をつけましょう。
アトピー性皮膚炎の治療だけでなく、花粉症の治療でも処方される薬に「セレスタミン」があります。
セレスタミンは、抗ヒスタミン薬である「d─クロルフェニラミン」と、ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)である「ベタメタゾン」の2成分が配合された薬。
1錠あたりに含まれるベタメタゾンは0.25mg。単体のステロイド薬の飲み薬と比べれば少ないのですが、飲み薬は外用薬と違って確実に体内に吸収されるもの。さらに一定期間継続服用することで、その影響は蓄積されていきます

良くなっていると思っていたしかし、止めた途端に「リバウンド」

特に問題なのは、医師から処方を受ける際に「抗ヒスタミン薬」として処方されるケースがあることです。 こんな例があります。医師に「ステロイドは使いたくない」という意思を伝えた女性の患者さんがいました。医師も快く了解。「それでは、非ステロイド系の軟膏を出しましょう。かゆみ止めで飲み薬も出しておきますね」と薬を処方してもらいました。
当然「ステロイドは使いたくない」という意向を認めてもらったうえでの薬の処方と思っていましたが、2?3日飲んでみて、どうも効き方がおかしいなと思いました。調べてみると、かゆみ止め2種類の錠剤のうち「セレスターナ配合錠」にはステロイドが含まれていました。つまりステロイド配合薬だったのです。

20110107_z_11

セレスターナ配合錠には抗ヒスタミン薬の成分が含まれているので、抗ヒスタミン薬として処方することは誤りではありません。しかし、ステロイド薬治療を望まない患者さんに対して、「ステロイド薬」が配合されていることを告げずにセレスターナ配合錠を処方することには問題があるのではないでしょうか?
実際に、花粉症治療でセレスタミンを1?3カ月服用し、花粉の時期が終わり使用を中断したところ、ひどいリバウンド症状が現れたというケースがありました。また、アトピー性皮膚炎の治療でセレスタミンを服用し、やめたらリバウンド症状が現れたというケースも数多く報告されています。

20110107_z_21

ジェネリック薬だと全く気づかないケースも多い

最近、もう一つ深刻な問題となっているのが「ジェネリック(後発医薬品)」です。
セレスタミンは先発医薬品なので、セレスタミンと同じ主成分を含んだジェネリック薬も多数発売されています。セレスタミンにステロイド薬が配合されていることをすでに知っている患者さんでも、ジェネリック薬となると全く気づかずに使用してしまうことがありますインターネットの普及により、薬の情報も手軽にWebで検索できるようになりました。処方された薬が不安な場合、抗ヒスタミン薬を処方された場合には、ご自身で調べてみることも大切でしょう。

20110107_z_31

20110107_z_41

「アトピー性皮膚炎のかゆみ止め」や「花粉症の治療」として処方される飲み薬の中には、「抗ヒスタミン薬」として処方される「セレスターナ配合錠」のように、ステロイド配合薬もあります。

抗ヒスタミン薬の成分が含まれているので、抗ヒスタミン薬として処方することは誤りではありません。しかし、非ステロイド系を希望している患者さんに、ステロイドの配合について伝えずに「セレスターナ配合錠」を処方するのは問題だともいえます。

花粉症治療でセレスタミンを1~3カ月服用し、花粉の時期が終わり使用を中断したところ、ひどいリバウンド症状が現れたというケースがありました。また、アトピー性皮膚炎の治療でセレスタミンを服用し、やめたらリバウンド症状が現れたというケースも数多く報告されています。

先発医薬品であるセレスタミンと同じ主成分を含んだジェネリック薬も多数あります。処方された薬が不安な場合や抗ヒスタミン薬を処方された場合には、薬についてWebなどで調べてみましょう。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す