医療ナビ アトピーを改善する育菌のススメ


title_181002

20090605_t

青木 皐先生(あおき・のぼる)
医学博士(バイオメディカル・サイエンス)。生物医学研究所所長。
1943年生まれ。1975年より生物制御企業にて、環境品質マネジメントとしての応用昆虫学・微生物制御の研究に従事。1993年東京大学医学部(解剖学・養老孟司教室)研究生。1996年東京大学総合博物館(医学部門)客員研究員。著書に『ここがおかしい菌の常識』(集英社文庫)、『人体常在菌のはなし』(集英社新書)、『菌子ちゃんの美人法』(WAVE出版)などがある。

自分の体に住む「菌」について考えたことがありますか?美肌と健康の秘訣は、なんと体の「菌」を育てることにあったのです。知れば知るほど役に立つ、人体常在菌の世界をのぞいてみよう!

しっとり肌にも「菌」が関係していた!

パン、納豆、ヨーグルト、醤油、ビール…。これらの食品の共通点は?そう、すべて発酵食品です。発酵食品とは、食品に付着した菌などの微生物の代謝活動(発酵)によって、もとの食材とは違った栄養や美味しさが加わった食品のこと。ヨーグルトの乳酸菌やパンのイースト菌などはおなじみです。人間の食文化をみると、昔から菌とうまく付き合い、利用してきたことがわかります。

菌は食物の中だけでなく、土壌、空気、地球上のありとあらゆるところに存在します。無菌状態の場所を探せば、地中で煮えたぎるマグマの中か、人工的に作られた無菌室くらい。私たちは気づかないうちに、食物、水、空気などから菌を取り込み、体内や皮膚で育て、食べかすと一緒に排泄しています。菌は見えないだけで、非常に身近な存在です。

もちろん人体にも、菌はごまんといます。善玉菌、悪玉菌という言葉があるように、人間によい影響を与える菌もいれば、O157(腸管出血性大腸菌)やボツリヌス菌などの怖い菌もいます。これらの菌を実際に見ることはできませんが、その数の多さには驚かされます。腸内だけで100兆個、皮膚には1兆個の常在菌がいるといわれています。目に見えないからいいものの、もしこれだけの数を目の当たりにしたら、普通の人は卒倒してしまいそうですね。

例えば肌について、菌的に考えてみましょう。しっとりと健康な肌の皮脂膜は、pH4・5?6・5の弱酸性。肌の表面が弱酸性だと、細菌の繁殖を防ぎ、外部の刺激から肌が保護されます。繁殖を防ぐべき細菌は、体に悪影響を与える菌のことで、具体的には、肌をアルカリ性に傾け、かゆみの原因となる黄色ブドウ球菌などを指します。では、肌が弱酸性に保たれるのはなぜでしょう? 実はこれにも菌が関わっています。詳細は後ほどお話しますが、表皮ブドウ球菌という皮膚常在菌のおかげで、皮膚は弱酸性に保たれています。悪玉菌から皮膚を守ってくれるのは、同じ菌の仲間というわけです。

私たちの身の回りは、実は菌だらけ。「菌と仲良くして健康になろう!」が今回のテーマ、ページをめくって、菌のワンダーランドに足を踏み入れてみませんか?

人間は食物、水、空気などから菌を取り込み、体内や皮膚で育て、食べかすと一緒に排泄しています。菌は見えないだけで非常に身近な存在です。

人体には人間によい影響を与える善玉菌もいれば、O157(腸管出血性大腸菌)やボツリヌス菌などの怖い悪玉菌もいます。腸内だけで100兆個、皮膚には1兆個の常在菌がいるといわれています。

健康な肌の皮脂膜は、表皮ブドウ球菌という皮膚常在菌のおかげで、弱酸性に保たれています。細菌の繁殖を防ぎ、外部の刺激から肌が保護されています。

繁殖を防ぐべき細菌は、体に悪影響を与える菌のことで、肌をアルカリ性に傾け、かゆみの原因となる黄色ブドウ球菌などを指します。

次へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す