医療ナビ アトピーを長引かせないために、知っておきたい感染症の基礎知識


 

2020_01_title

監修:木俣 肇先生(きまたはじめ)
木俣肇クリニック院長・医学博士
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒業。85年からUCLAに留学し、アレルギーの研究に従事。アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表。アトピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネラル異常を世界で初めて報告。アトピー性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるストレス発散によって治療しうるとして、講演活動も積極的に行っている。

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)を発症している皮膚は、表面のバリアが壊れている(防御機能が低下している)ことが多く、外部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態にあります。そのため「感染症」にかかりやすく、この感染症が、アトピー治癒を遅らせてしまう原因の一つにもなっています。みなさんの中にも、ヘルペスや黄色ブドウ球菌による感染症を繰り返し発症している方もいらっしゃることでしょう。今回の特集では、感染症のなかでも最近急増している「ヘルペス」「カポジ水痘様発疹症」(ヘルペスの重症型・全身型)を取り上げます。ヘルペスってどういうもの?予防法は?かかってしまったらどうすればいい?など、知っておきたい基礎知識をご紹介しましょう。

ヘルペスには2種類ある

「ヘルペス」には「単純ヘルペス」と「帯状疱疹」の2種類があります。同じヘルペスとはいえ、この2つは違うものです。
単純ヘルペスの中でもよく知られているものに「口唇ヘルペス」があり、これは、アトピーでなくても、疲れやストレスから、または風邪で発熱したときなどにもできやすい、唇付近の水ぶくれです。「単純ヘルペスウイルス」との接触により発病します。
「帯状疱疹」は、水痘(一般的な名称は「水ぼうそう」)にかかったことのある人にしか発症しないもので、かつて水痘になったときのウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が神経に残り、それが体調悪化などの免疫力低下時に活性化して発病するものです。
口唇ヘルペスや帯状疱疹は、アトピーの方に限らず、誰にでも同じリスクでかかるものです。
そして、アトピーの方に起こりやすい「ヘルペス」は、前者の「単純ヘルペス」なのですが、「口唇ヘルペス」とはまた違い、顔、手、足、背中などのあらゆる部位に見られるものです。

カポジは、単純ヘルペスが悪化したもの

単純ヘルペスウイルスは、どこにでもあるウイルスで、傷や火傷といった皮膚の異常があるところに付着しやすい性質を持ちます。アトピーで皮膚のバリアが壊れていると単純ヘルペスウイルスを侵入させやすく、それにより単純ヘルペス(以下、ヘルペスと略します)が発症します。
ヘルペス感染症が広範囲に及んだり、局所的であっても重症化した症状は「カポジ水痘様発疹症」(以下、カポジと略します)との病名になります。つまり、ヘルペスの重いものがカポジなのです。
ヘルペスにかかると”痛がゆい”症状に襲われますが、アトピーの症状がある人にとっては、アトピーによる痛がゆさと区別がつけにくいものなので、感染してもすぐに気づきにくい場合もあるでしょう。

アトピーを発症している皮膚は表面のバリアが壊れていることが多く、外部から細菌やウイルスを侵入させやすい状態にあります。そのため感染症にかかりやすく、アトピー治癒を遅らせてしまう原因の一つにもなっています。

感染症の中でも急増している「ヘルペス」には「単純ヘルペス」と「帯状疱疹」の2種類があります。アトピーの方に起こりやすいのは「単純ヘルペス」で、顔、手、足、背中などのあらゆる部位に症状が見られます。

ヘルペス感染症が広範囲に及んだり、局所的であっても重症化した症状は「カポジ水痘様発疹症」といいます。

アトピーの人にとっては、アトピーによる痛がゆさとヘルペスによる痛がゆさの区別がつけにくいので、感染してもすぐに気づきにくいことがあります。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す