ステロイド剤でアトピーは治せない

監修:木俣肇 先生

今でも、アトピー性皮膚炎(以下、「アトピー」と略します)の治療にステロイド剤を使用している、または過去に使用していた、そういう方は多いでしょう。そして、「アトピーにステロイド剤を使ってはいけない」という「噂」や「話」を聞いて、なぜ使ってはダメなのかの根拠はつかめないままに止められた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ステロイド剤の“何”が、アトピーにとって“どう”よくないのか──、アトピーを克服するための基本的な知識として、「アトピーとステロイドの関係」をぜひ知ってください。

ステロイド剤はアトピーを治すための薬?答えは“NO!”

ステロイド剤は「免疫抑制剤」です。もともとアトピーを治すために作られた薬剤ではありません。アトピーの発症により、結果として現れた「かゆみ」や「炎症」を抑える力を、ステロイド剤という「免疫抑制剤」が持っているため、”アトピーの対症療法に役立つ薬”として用いられているのです。
「免疫抑制剤」は、主に臓器移植を受けた際などに用いられる薬です。人間の体はとても精巧で繊細にできています。自分がもともと持っているもの以外の臓器が体内に入った時点で外敵だと察知し、これを排除しようと働くようになっています。しかし、せっかく移植した臓器を拒否してしまっては、なんのために受けた移植か、わからないことになってしまいます。
外敵と判断したもの(ここでは臓器)が体内に入ったときに起こる拒絶反応(正しい免疫反応)を抑えて臓器を定着させるためには「免疫抑制剤」が必要で、その一つがステロイド剤です。
アトピー治療薬として広く使われているステロイド剤は「免疫抑制剤」。自己の免疫力を抑制することで、アトピーにより生じたかゆみや炎症さえも抑えてしまうのです。

アトピーとは、炎症反応があって、そこに細菌感染症も起こしている状態です。さらにストレスが加わってくることで悪化します。こうした複合的な症状に対しても、ステロイド剤は「炎症反応」だけを抑えるので、アトピーの原因の「根治」につながるものではありません。
厄介な問題は、ステロイド剤は免疫抑制剤なので、「使えば自分の免疫力を下げること」です。皮膚の免疫力も落としてしまいますから、二次感染など、感染症をさらに招きやすくする危険性があります。

ヘルペス発症とステロイド剤の関係は?

最近、アトピーの悪化、難治化の原因の一つであるヘルペスに感染する患者さんの数が顕著に増加しています。これまでアレルギーのなかった人でも突然発症する傾向も見られます。温暖化などの環境の変化や、ストレスを抱える不安な時代の到来でリスクファクターが高まっている
――、こうした背景がヘルペス増加につながっているようです。
特にステロイド剤を使用してきた場合は問題が複雑で、使っていない人がヘルペスにかかっても”治りが早く、繰り返さない”のに対し、ステロイド剤使用者は、”何度もヘルペスを再発させ、治りが遅い”のです。極端な例では、10回ほども繰り返しかかる方もいます。このことから、ヘルペスにステロイド剤が何らかの影響を与えていると考えられています。

ap_st_naosenai_1

免疫抑制剤であるステロイド剤の使用により、かゆみを抑える以外の、「使えば自分の免疫力を下げる」作用はある意味「本来の作用」とも言えるでしょう。

免疫を抑制することで感染症にかかりやすくなり、さらに何度も感染症を繰り返すようになるとともに、アトピーの悪化、難治化へとたどるという皮肉な結果を生んでいます。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.83 投票18人  
Loading ... Loading ...

ステロイド剤でアトピーは治せない」への6件のフィードバック

  1. でぶでぶごんすけ

    20年程ステロイドを使っていました。
    ステロイドをやめて3年以上経ちます。
    副作用なのか皮膚がうすく爪も割れやすいし、
    成長期にステロイドを服用もしていたので
    ホルモンバランスも悪いようです。
    薬で治ると思っていた昔の自分が怖いです。
    もし酷い症状がでても私は二度とステロイドは使いません。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      でぶでぶごんすけさん、こんにちは。
      ステロイド剤が体に与える影響は個人差はありますが、傾向として、使用期間が長くなればリスクの出現頻度も高くなる傾向は見られます。
      しかし、そのリスクは、決して解消できない、ということはありません。
      リスクの度合いによって、「時間」の問題はありますが、ヒトの体は「回復」させようとする力を誰しも持っています。
      薬も使い方によっては、役立つわけですが、症状を治すことと病気を治すことが一致しなくなると、ベネフィット(効果、利益)よりも、リスクの方が高くなりやすいものです。
      辛い時期もあるかもしれませんが、頑張ってくださいね。

      返信
  2. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

    なぁちゃんさん、こんにちは。
    今の病院での標準治療が「薬物治療」であること、また患者の方の希望が「かゆみをなくすこと」にあるため、どうしても症状を抑える治療である「ステロイド剤」「プロトピック軟膏」が選択されることが多いようです。
    アトピー性皮膚炎は自分の体が「作り出している」側面があり、同時に自分の体で「作らないようにする」ことは可能です。
    これからも、さまざまな分野の記事を掲載したいと思いますので、ぜひ、時々、のぞきにきてください。

    返信
  3. なぁちゃん

    ステロイドは怖いですね。でも、皮膚科にアトピーでかかると、ステロイドとプロトピックしか出してくれない病院も多いですよね。
    自分の体のことなので、色々学ぶことが必要だとおもいます。
    あとぴナビは、いつもわかりやすく為になる記事を載せてくれているので、大変参考になっています。

    返信
  4. Cotton100%

    あとぴナビ初心者です★
    ステロイドは万能薬じゃないんですね。いずれ効かなくなるなんて知りませんでした!しかも免疫を抑えて症状を見えなくしているだけなんて…。リスクを冒して使っても、一生ごまかしきれないなら、あんまりです。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      Cotton100%さん、こんにちは。
      ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎という病気により生じた「かゆみ」という「症状」を治療することができますが、アトピー性皮膚炎という「病気」そのものを直接、治療するものではありません。
      間接的に役立つことはありますが、ベネフィットと同時にリスクも生じますので、使用する場合には、リスクを最大限に軽減できるように注意することは、大切でしょう。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>