医療ナビ 自律神経とアトピー(前編2)


自律神経とアトピー

河野友信(かわの とものぶ)
監修:河野友信(かわの とものぶ)
(東洋英和女学院大学人間科学部教授)
医療法人財団 健生会クリニック院長
1937年生まれ。65年熊本大学医学部卒業。九州大学大学院(心療内科)を修了後、文部教官を経て都立駒込病院心身医療科で診療に従事。同病院を退職後、現職。
同時に、健生会クリニック心療内科などで診療に当たるかたわら、財団法人PHRストレス科学研究所副所長を兼任している。NHK「今日の健康」でもおなじみ。
著書に「自律神経失調症を治す本」(ナツメ社)などがある。

3.交感神経と副交感神経のバランスが大切

交感神経と副交感神経は、ひとつの器官に対して相反する作用をもたらします。たとえば激しい運動をすると、交感神経が作用して心臓が激しく鼓動。しかし、そのままの状態ではいられないので、ある時点で副交感神経が作用、鼓動を抑えます。こうした作用は体中の器官で行われています。交感神経と副交感神経のバランスを適切に保つことは心と体の健康には不可欠なのです。

精神的変化と自律神経

交感神経とは?

交感神経は「活動する神経」とも呼ばれ、エネルギー消費的な働きをします。仕事やスポーツなどをするときに、精神活動を活発にしたり、心臓の鼓動や血圧を高めるのは交感神経の働き。また、感情の変化にも対応しており、驚きや怒りなどを感じて、心臓が高鳴ったり、青ざめたり、震えたりするときに働きます。

副交感神経とは?

副交感神経は「休む神経」とも呼ばれ、体のエネルギーを保存し、回復させる働きがあります。肝臓や消化器官の働きを活発にし、エネルギーを吸収する時や睡眠、休息をとる時などに優位に働きます。感情的には、緊張から解放されリラックスした気分になるときに働きます。

交感神経過剰刺激の弊害

自律神経の生体リズムからすると、昼間は交感神経が働き、夜になると休息のために副交感神経が働くのが正常な状態。現代生活は交感神経刺激型であるとも言えます。残業や受験勉強、ゲームやパソコン作業などで、体の要求を無視して休まず活動したり、継続される人工的な刺激を受けていると、常に交感神経に緊張を強いる状態となり、二つの神経の切り替えが正常に作用できなくなることがあります。睡眠リズムが不規則になったり、体温や食欲の調整ができなくなり、体の冷えやほてり、過食や拒食という状態になることもあります。

体の各器官での交感神経・副交感神経の働き方

  器官 交感神経(優位) 副交感神経(優位)
  瞳孔 拡大させる 縮小させる
  唾液腺 量が少なく、濃くなる 量が多く、薄くなる
  気管支 抑制する 収縮する
  心筋 収縮する 弛緩する
  心拍数 増加する 減少する
  血圧 上昇する 下降する
  胃腸の働き 抑制する 促進する
  膀胱 弛緩(閉尿)する 収縮(排尿)する
  白血球数 増加する 減少する
  呼吸運動 促進する 抑制する

自律神経には交感神経、副交感神経という二つがバランスよく働いています。
 

交感神経は活動時に作用します。運動をするときに心臓の鼓動や血圧を高める働きなどをします。副交感神経は逆に休息しているときに働きます。

通常昼間は交感神経、夜は副交感神経が働きます。ところが残業、パソコン作業、ゲームなどで遅くまで刺激を受け続けると二つの神経の切替がうまくいかなくなり、さまざまな不調がおきてしまます。

表にあるように体の各器官が交感神経、副交感神経どちらが優位かで働きが逆になるのがわかります。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す