医療ナビ 腸内環境とアトピー(前編)


3.あなたの腸年齢はいくつ?

トイレに関する質問

□力まないと出ないことが多い
□排便後も便が残っているような気がする
□便がかたくて出にくい
□コロコロした便が出る
□ときどき便がゆるくなる
□便の色が黒っぽい
□出た便が便器の底に沈みがち
□便が臭い、または臭いと言われる

食事に関する質問

□朝食は食べないことが多い
□朝食はいつもあわただしくて短時間
□食事の時間は決めていない
□野菜不足だと感じる
□肉が大好き
□牛乳や乳製品が苦手
□外食は週4回以上

生活習慣に関する質問

□トイレの時間は決まっていない
□おならが臭い、または臭いと言われる
□タバコをよく吸う
□顔色が悪く、老けて見られる
□肌荒れや吹き出物が悩みの種
□運動不足が気になる
□寝つきが悪く、寝不足気味
□ストレスをいつも感じる

診断結果

上の質問で、自分にあてはまる項目の合計は?

15個以上
腸年齢は実年齢+30歳。
もはや老人並みに老化しています。
顔は若くとも腸の中は真っ黒。いつ病気にかかっても不思議ではないほど。
今すぐ生活習慣を改めて!

10~14個
腸年齢は実年齢+20歳。
老化はかなりの速さで進行中です。
腸内環境はかなり危ない状態です。生活習慣の改善が必要です。

5~9個
腸年齢は実年齢+10歳
まずまずの状態ですが油断は禁物。
これ以上高くならないように気をつけて。

4個以下
腸年齢は実年齢より若く、理想的な腸内環境です。今の生活を続けるよう心がけましょう。

出典:「乳酸菌って何だ?」(マガジントップ)

腸内に悪玉菌が長期間存在していると、便が長く腸にとどまって腐敗したり、菌が発生する有害物質が血管から吸収されて生活習慣病や痴ほう症の原因になったります。

毎日の便で腸内をきれいにしておくことで腸の老化を予防できるのです。腸内にビフィズス菌が30%もいれば健康な腸です。食事を含めた生活習慣を見直しできるだけ健康的な最近が住みやすい環境を作りましょう。

ここでみなさんの腸年齢を調べてみましょう。今後の生活習慣見直しのガイドラインになります。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す