医療ナビ アトピーと心のコーピング


アトピーと心のコーピング

監修:YMJコーピング研究所
コーピングとは、ストレス状態を平常な状態に戻そうとする行為のこと。コーピングでアトピーの悪化を予防しましょう。
取材協力/田村綾子(YMJコーピング研究所シニアインストラクター)

例えば「おはよう」とあいさつした相手から反応がなかったらあなたはどう感じますか??
あいさつした相手から反応がなかったら

悲観的に考える人、相手の気持ちを思いやる人、気にしない人など、感じ方はさまざまです。その中でも「マイナスの思考回路」を習慣的に持っている人は、どうしてもストレスを抱えてしまいがちになります。そういった感情の動きは、体の機能をも低下させます。心身相関という意味では、アトピーの人にとっても、症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。
実際のところは、冒頭のように“挨拶したら返事がなかった”という事実があるだけです。このストレス刺激に対して過剰にマイナスに考える人は、自分からストレスを大きくしてしまっているのです。

1.ストレスに対処する技術を身につけよう

ストレスは誰にでもあります。ただし、ストレスへの考え方や対処法には個人差があり、学校で同じように先生に叱られたにもかかわらず、職員室を出るとケロッとしている人もいれば、いつまでもクヨクヨしてしまう人もいます。しかし、クヨクヨしてしまう子どもだった人でも、大人になって上司に怒鳴られても上手に気分転換できるようになっていたりすることもあります。つまり、ストレスへの対処のしかたは先天的なものではなく、身につけることができる技術のようなものなのです。

これを心理学の言葉では「コーピング」と呼びます。コーピングは英語の“cope”(難局に対処する)を語源としています。その通り、ストレスという難局に対処し、ストレス状態を平常な状態に戻そうとする行為がコーピングです。コーピングを上手に取り入れながら、アトピーの悪化を予防しましょう。

2.コーピングの第一歩 まずは「自分」を知ろう!

マイナス思考は、自分を過少評価したり、刺激を過大に感じたりすることからも生じます。過小評価や過大評価をしている自分に気付くことから、ストレスコントロールは始まります。

チェック

セルフトークは自分の考え方の傾向を知る大切なヒントです。「自分はアトピーだ」というストレスに対してどのように感じていたのか、何に対してもっともストレスを感じているのかなど、多くのことがわかります。さぁ、自分を振り返って、自分のセルフトークを書き出してみませんか。何かしらの発見があるはずです。

注意!コーピングは病気にならないための予防策。病気になってしまったら専門家に!

 
たとえば「試合の緊張感のおかげで逆に今まで以上の成績を出すことができた」というように、ストレスは悪いものばかりではありません。しかし、過度のストレスが続けば、心身に大きなマイナスの反応となってあらわれます。
心の反応としては、怒り、不安、悲しみ、興奮などがありますが、これが慢性化すると物忘れが激しくなる、判断力が低下する、抑うつ感があらわれる、自尊心が低下するなどの重い症状になることがあります。体の反応としては、発汗、血圧の上昇、心拍数の増加などがありますが、これが慢性化すると円形脱毛症、胃潰瘍、慢性疲労、メニエール病などの症状が出ることがあります。
コーピングは、ストレス反応を慢性化させないための技術ですから、これらストレス反応によって起きる心身の病気を予防するためのものです。すでに病気になってしまっている方は、専門の病院で治療を受けましょう。

3.「あるがまま」の自分を知ることが大事

自分をあるがままにとらえられないことからストレスが生まれます。ストレスに負けないためには、まず本当の自分を知ることです。

認知のゆがみを知ることでセルフトークが変わる自分も変えられる

 
心理学では「認知のゆがみがストレスを生む」といいます。「認知のゆがみ」とは、思考が非合理的、非論理的になっている状態で、たとえば冒頭の「“おはよう!”と挨拶したのに反応がないのは、自分が嫌われているから」という考えは、明らかに論理的ではありません。事実として確かなのは、挨拶に反応がなかったというだけです。その理由が単に聞こえなかっただけかもしれないのに、勝手に自分が嫌われていると否定的に感じています。これが認知のゆがみです。そして自分の認知のゆがみを知るための、最適な材料がセルフトークなのです。

「新しい薬や治療法を試してみましょう」と医師に言われて「どうせまた効かない」というセルフトークをしたとします。事実として確かなのは、これまでいくつかの薬や治療法を試したが、まだアトピーは改善していないということです。そもそも新しい治療法が効くかどうかはまだわかりません。どうせ効かないと考えるのは明らかに論理的ではありません。また、これまでも「どうせ効かない」と思って、真剣に治療しなかった自分に責任があったかもしれません。「どうせダメだ」と心に予防線を張って、治療が上手くいかなかった場合のショックを自分から軽くしようとする気持ちが表れていたのかもしれません。
このことが認識できたら、自然と「どうせまたダメ」が「今度は効いてほしい」に変わり、「真剣に治療に取り組もう」に、セルフトークも変化しているはずです。

COLUMN

元シンクロナイズド・スイミング銅メダリスト

田中ウルヴェ京さんの ストレスコーピング

YMJコーピング研究所の田中ウルヴェ京さんは、ソウルオリンピックで銅メダルを獲得。現役引退後、喪失感に襲われた田中さんは「コーピング」と出会うことで、ポジティブ思考を取り戻すことができました。

田中さんは、 1988年、 ソウルオリンピックのシンクロナイズド・スイミング(以下シンクロ)で、小谷実可子さんとデュエットを組み、見事銅メダルを獲得しました。 シンクロはすでに注目種目だったこともあり、当時の田中さんは、大変な有名人でした。この頃の田中さんは自分では気づかぬうちに「私は偉い人間なんだ」「メダリストは特別」という勘違いなセルフトークをしていたと振り返ります。幼い頃から水泳、シンクロ一筋に努力を重ね、その努力が実り、オリンピックメダリストとなり、スターとなったのは事実です。しかし、ここに認知のゆがみが表れてしまいました。

人気者となったのだと誤解して、引退、数年がたち、1992年のパルセロナオリンピックが近づいてきた頃のことです。世間の注目は当然ながら代表選手たちに集まり、田中さんはいつの間にか注目されない「過去の人」となっていました。このとき田中さんは、語りつくせないほど大きな喪失感を抱えたと言います。「シンクロ選手でない私はいったい雑?」という「自分の存在価値を見失う」ストレスは、生死にかかわるほどのものだったそうです。

田中さんがそこから脱出できたのは、アメリカ留学で学んだ心理学の授業で、ありのままの自分に気がついたことがきっかけでした。田中さんは、「りっぱな実籟を残した選手としての自分に強いアイデンティティを持てば持つほど、引退後の喪失感が大きい」という研究結果そのものだったのです。これをきっかけにして、田中さんはありのままの自分を見つめ直す努力を墾ね、引退後の喪失感を克服していったのです。

アトピー性皮膚炎はストレスとなって体や心を傷つけますが、コーピングで少しでも楽になる手法を学びましょう。ポイントはストレスへの対処法を学ぶことですが、自分を知ることからストレスコントロールができるようになります。

思考が非論理的、非合理的になっていることを認知のゆがみといいますが、ストレス状態はこの認知のゆがみが原因の場合があります。例えば「どうせ・・・だから」といった非論理的な考え方もそうです。

コーピングによってストレス対処技術を身につけることができれば、病気の悪化を防ぐこともできます。

過度のストレスは発汗、心拍数の増加、そして円形脱毛症、胃潰瘍、慢性疲労などを発症することもあります。自らを知り、ストレス対処法を学んでいきましょう。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>