知っていますかアトピーとステロイドのこんな関係

監修:三好基晴 先生

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患と言われていますから、すべてアレルギーによって発症していると考えている人が多いと思います。

アレルギーがなくてもアトピー性皮膚炎になるの?

アレルギーではなくても、アトピー性皮膚炎と診断されるケースは少なくありません

アトピー性皮膚炎は、原因と言われる食べ物、ダニ、ハウスダストなどの環境物質のアレルゲン物質と、白血球の一種である肥満細胞に付着したアレルギー抗体である血清IgEの結合により、肥満細胞からヒスタミンなどが放出されることによるアレルギー反応によって発症すると言われています。
日本皮膚科学会では「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」の中で「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義しています。しかし、日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の診断基準(下段図参照)には、アレルギーの指標となる「血清IgE値の上昇」は入っていません。診断の参考項目に入っているだけです。この診断基準から、アトピーは必ずしもアレルギーによるものではないことが分かります。
実際に、かゆみを伴う皮膚炎の症状などで初めて病院に行って検査をして血清IgE値が正常であっても、臨床症状などでアトピー性皮膚炎と診断されている人たちは少なくありません。このような人たちはアレルギーではないアトピー性皮膚炎なのです。

薬剤によってもアレルギーが増悪するケースもある

ただし、ステロイド剤やタクロリムス剤などの薬物を使用したことによって、血清IgE値が高くなっている人たちがいます。その後いろんな病院で検査をするたびに血清IgE値が高くなっているので、環境物質(アレルゲンや化学物質)によるアレルギーが原因であると思ってしまうのでしょう。
しかし実はステロイドの使用によって血清IgE値が高くなることがわかっています。つまり、ステロイドの継続使用で、アレルギーが増悪することもあるので注意が必要です。
 

過去の事例でも、血清IgE値が一般的には正常とされる基準値の範囲内でも、常に強いかゆみがあり、皮膚状態も典型的なアトピー症状を有している方がいました。

アトピー性皮膚炎のかゆみを生じる原因は免疫機能の問題だけでなく、皮膚機能の問題が関わることもありますから、注意が必要でしょう。

 
 
ap_sittema_1

次へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.00 投票1人  
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>