ステロイドってなんだろう?


ステロイドってなんだろう?

木俣 肇(きまた・はじめ)
監修:木俣 肇(きまた・はじめ)
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒業。
85年からUCLAに留学し、アレルギーの研究に従事。
アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表。
アトピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネラル異常を世界で初めて報告。
アトピー性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるストレス発散によって治療しうるとして、講演活動も積極的に行っている。

ステロイド剤が抱えるリスク

読者のみなさんのなかには、ステロイド剤を長年使ってきた、あるいは、いまも使い続けているという方もいらっしゃることでしょう。ステロイド剤は何に効き、何に効かないのか、どういうクスリで、どういうリスクがあるのかということを知っておきませんか。

ステロイド剤は何の薬か知っていますか?

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)でツライ皮膚に、塗ればサッとかゆみが退いて、一瞬治った感じにまでしてくれる薬。でも、塗るのをやめればまたかゆくなって、前よりひどくもなる——。そういうイメージであれば、ステロイド剤は〝アトピーにとっていい薬”だと思われて当然かもしれません。途中でやめてしまうのにも抵抗があることでしょう。では、「ステロイド剤はアトピーを治すための薬だ」と医師から説明を受けたことはありますか?実は、ステロイド剤は、アトピーを治す薬ではなく、アトピーにより生じた炎症やかゆみという症状を一時的に抑えるための「免疫抑制剤」なのです。「免疫抑制剤」が持つ、炎症を抑える効果(抗炎症作用)が、一時的に炎症を抑え、そうすることでかゆみも抑えているだけ。〝炎症反応を抑制するような免疫抑制効果を薬で起こしているだけ”なのですから、効果は一過性。つまり、薬を使っている間だけといえます。

ステロイド剤は免疫抑制剤 アトピーを改善する役割はない

なぜアトピーにステロイド剤が処方されるのでしょう?

ステロイド剤にはアトピーによる炎症やかゆみを一時的に抑える効果はあります。しかし、根本的な炎症やかゆみの原因を断つものではありません。実は、ステロイド剤だけでアトピーが完治したという医学的なデータが発表されたことはありません。
しかし、「ステロイド剤でアトピーを治した」という人がみなさんの周りにもいるかもしれません。それは、ステロイド剤のダメージを受ける前に、その人の自然治癒力が勝ってアレルギー反応を改善したのだと考えられます。その人にとってはもともとステロイド剤は不要だったはずで、薬の使用歴も浅かったのではないでしょうか。日本だけでなく、欧米諸国でも、アトピーの対症療法としてステロイド剤を用いるケースが一般的で、それは、常識というより「習慣」になっています。ステロイド剤を使わない治療はまだ〝異端”で、特に日本では、先輩医師がしてきた通りのやりかたを受け継ぐのが、ごく普通のこととなっているのです。

アトピーをつくる3つの要因

アトピーは、原因が解明しづらい疾患です。しかし、アトピーを患っている人には3つの状態が共通して起こっていることが、免疫学者には周知の事実となってきました。

1. アレルギー
確かにそうです。ストレスの多い生活をして無理をすると、交感神経が緊張して血管が収縮し低体温になります。このときは、リンパ球は逆に少なくなって、交感神経優位で活発になる顆粒球が多い状態です。つまり、リンパ球は少なすぎても多すぎても低体温になるのです。自律神経のバランスが交感神経と副交感神経のどちら側に崩れても、血流が悪くなり体温は下がります。

木俣先生所有データより

2. 感染症
アトピーの方は、感染症の羅患率が高く、皮膚のバリア機能が低下しているために、健康な肌の方だと問題ない菌に対しても弱く、症状の一進一退や悪化の大きな原因になっています。

3. ストレス
人間関係や仕事、受験、別離などのストレスだけでなく、実は携帯電話、パソコン、ゲームなども、アトピーの方にとっては悪化を引き起こす原因となっています。

この3つが複雑に絡み合ってアトピーを発症させている——
アトピー性皮膚炎に対しては、上記三要素を包括的に捉えた治療がなされることがベストです。

ステロイド剤はアトピー性皮膚炎を、直接治すための薬ではありません。
 

免疫抑制剤でその中の抗消炎作用をアトピー性皮膚炎の患者さんに使っているにすぎません。

ステロイド剤を使ってアトピー性皮膚炎が治ったという論文がないことからも明白です。

ステロイド剤で治ったというのは、ステロイド剤のダメージを受ける前に自然治癒力でアトピー性皮膚炎が治癒したということです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>