制御性T細胞がかゆみを消す

監修:戸村道夫 先生

アトピー性皮膚炎の発症や慢性化のメカニズムは、未だ不明な部分が多く、その全体像は明らかになっていません。
<wp_nokeywordlink>

アトピーのメカニズムを全身レベルで解明する

tsaibou2

例えば、アトピーの人にはIgEと呼ばれるアレルギー反応を起こす抗体が多い、IgE抗体がマスト細胞(肥満細胞)と結合してかゆみの原因となるヒスタミンやロイコトリエンを分泌する等々、個々の免疫細胞の機能については様々なことがわかっています。
しかし、皮膚炎の悪化時にそれぞれの免疫細胞はどこに集まっているのか? 皮膚に多いのか?リンパ節に多いのか?ということは分かっているのですが、これらの細胞がどこから来てどこに行って、何をしているのか? また炎症が治まるときに免疫細胞はどのように動いているか? といった全身レベルでの研究はほとんど進んでいませんでした。

アトピーの治療法が飛躍的に前進する!?

今回の研究でわかったことは、「皮膚の炎症が治まるときに、制御性T細胞(免疫を抑制する働きを持つT細胞)が大量に皮膚からリンパ系に移動している」こと。皮膚の炎症が治まるときに、体の中で免疫細胞がどのように活動しているのかが、具体的にわかったのです。
この発見の画期的なところは、今後のアトピー治療を大きく前進させる可能性を持つことです。これまで皮膚科での主な治療は、ステロイドなどの免疫抑制剤で体の免疫反応を抑制して炎症を抑えることでした。これはいわば、個々の患者さんの体内の状態(免疫細胞の種類、数、働き方など)の把握がしっかりできていない状態でも、とりあえず免疫力を下げて炎症を抑えていたということ。
しかし、今回の成果を皮切りに研究が進めば、薬を使うタイミングや止めるタイミング、炎症を抑えるのに効果的な薬の分量など、症状の慢性化や薬のリバウンドを防ぐ治療法が期待できるでしょう。アトピー性皮膚炎を治すために、ステロイド剤などの薬を、うまくコントロールして使うことができるようになるかもしれません。

制御制T細胞の研究が進めば、免疫を抑制するシステムに対する薬剤の影響を最小限にとどめることが可能になるかもしれません。

薬物による治療は、長期連用による問題点も多いわけですが、その部分のリスクが解消されるのであれば、使用する患者にとっても大きな進歩となるでしょう。

 

免疫システムが細菌、ウイルスから身を守る

制御性T細胞のお話をする前に、人間の体が外部の異物から身を守るしくみ、免疫のしくみを簡単におさらいしておきましょう。 外部からの異物に対して、私たちの体は複数の防御機構を備えています。その第1段階は、物理的なバリアー機能。
皮膚、鼻などの上気道、気管支などの下気道、腸管などの粘膜は、直接外部と接触している部分です。これらが直接、外部からの異物侵入を防ぐバリアーの役割を果たしています。
これらのバリアーを粘膜上皮細胞といいますが、病原性の強い細菌やウイルスが、粘膜上皮細胞に感染し侵入してくると次の対策が必要になります。細胞組織に侵入した異物から身を守るための第2段階・第3段階は、免疫の働きによるものです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.00 投票1人  
Loading ... Loading ...

制御性T細胞がかゆみを消す」への2件のフィードバック

  1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

    はなさかおじさん、こんにちは。
    この前、京都大学が発見したアトピー改善の新しい化合物とは、フィラグリンに関するものだったと思いますが、今後、調べてみて、記事やコメントでいずれ紹介できればと思います。
    よろしくお願いいたします。

    返信
  2. はなさかおじさん

    この前、京都大学が発見したアトピー改善の新しい化合物と、この制御性T細胞の働きは、どのようにかかわり合っているのだろう。京大の発見は、バリア機能を補うというような内容だったと思うのだが。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>