アレルギー症状が出ない生活術


アレルギー症状が出ない生活術

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

1年間連載してきた「アレルギーを防ぐ生活術」も今月で最終回。生活環境・食生活なぢ様々な観点からアレルギーについて考えてきましたが、最後にもう一度、アレルギー予防・改善のために一番大切なことを確認してみたいと思います。

アレルギーを予防・改善するため、衣食住においてどんなことに気をつければよいか? これまでの1年間、様々な観点から考えてきました。今回は最後の締めくくりとして、アレルギー治療の基本的な考え方から振り返り、アレルギー対策に最低限必要な心構えをお伝えして、皆さんのこれからの生活に役立ててもらえればと思います。

アレルギーは体を守る防衛反応

イラスト
アレルギーは、まず体を守るための生体防衛反応と考えられます。例えば、卵アレルギーがある人の体は、体外へ卵を追い出そうとして、嘔吐したり湿疹を出したりします。これは「卵は自分の体に適した食品ではない」と判断し避けようとするためです。 
なぜそのようなアレルギー反応を起こすのか原因を調べてみると、様々なことがわかります。アレルギーを起こす食品は、「日本人の体質に合わない(日本人の腸の消化能力では処理が難しい)」食品であったり、「免疫・神経・内分泌の働きを阻害する有害化学物質に汚染されている」食品であったりと、何らかの有害性を持っています。 
だからアレルギー体質の人は、日本人の体に負担のかかりやすい食品や、体に有害な物質を敏感に見わけて体に取り入れないようにしていると考えることもできます。アレルギー症状が人間の間違ったライフスタイルに警告を発しているとしたら、アトピーなどアレルギー疾患の患者さんは、そのことを教えてくれているのです。

過剰なアレルギー反応でアレルギー疾患に

アレルギーが正常に生体防衛反応として働いてくれるなら、その反応に従った対処や治療でなんとかなりそうです。しかし、体はしばしば過剰に反応しすぎて激しいアレルギー症状を起こします。有害化学物質などが免疫機能に影響し、正常なアレルギー反応を混乱させるからです。 このような過剰なアレルギー反応は、自力で調整することができずにアレルギー疾患に発展してしまいます。アレルギー疾患の治療では、次の3つを把握することが大切です。

  1. アレルギーの原因
  2. アレルギーを起こしやすくしている誘因
    ・腸内の状態・環境中のアレルゲン・他のアレルギー症状など
  3. 過剰なアレルギー反応が起こらないための対策
    ③については本連載で様々な対策を伝えてきましたが、最低限実行してほしいことを、最後にまとめておきます(次ページ表A)

アレルギー体質でも健康に過ごす術を持とう

アレルギーには体質的な問題もあります。アレルギー体質の人は、ひどいアレルギーを起こさず健康を損なわずに過ごせるよう日常的に気をつけなければなりません。 
アトピー性皮膚炎でも、疲れがたまったり寝不足が続くと症状が悪化するでしょう。実際に、症状が悪化したらしっかり休み、睡眠をしっかりとるようにしている人も多いと思います。アレルギー体質があると、自分の症状から健康状態を把握しやすいので、他の病気にも常に気をつける傾向があるようです。 
またアレルギー体質の人は、環境の急激な変化などに弱いところがあります。季節の急激な変化、寒い場所から暑い場所へ急に移動、急に運動したときなど、環境の変化についていけず症状悪化につながりやすい傾向があり、心理的なストレスにも弱い面があります。 
環境や心理面の変化に「弱い」というよりも、「非常に敏感」でそのコントロールがうまくできないと言ったほうがいいかもしれません。なるべく自分の苦手な環境変化や傾向を把握し、そんな場合は無理をせず、生活環境や食生活の改善で乗り切れる術を身につけましょう。

アレルギーはなぜ起こるのか? 自分の体に合わない食事、住環境、ストレスなどにさらされた場合、自己を守ろうとして生体防御反応が起こります。この反応がアレルギーと考えられます。

アレルギーは自分のライフスタイルに適さないが起きているという警告と言えます。生体防御反応が正常であればなんとかなりますが、強い刺激や過剰な反応などがおこると自己調整ができなくなります。

アレルギー体質の方はこういった刺激に敏感です。自分の体をよく知り、対処方法を考えた生活を送る必要があります。

アレルギーの原因や誘因を知り、健康に過ごす術を身につけましょう。特に化学物質、食品、生活習慣などは常に見直したいものです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>