活性酸素を減らしてアトピー改善


活性酸素を避けるには?

現代人は、活性酸素が過剰な環境で生活しています。では、どんなときに活性酸素が増えるのでしょう? 
下に活性酸素が増える原因をまとめてみました。活性酸素を避けるためには、まずこれらの条件がなるべく重ならない生活を心がけてください。

活性酸素が増える原因

食習慣で活性酸素を抑える

活性酸素を抑えるもう一つの方法は、ビタミンC、βカロチン、カテキン、フラボノイドなど低分子の抗酸化物質を食物から摂取すること。これらの抗酸化物質を食べることで、体内の抗酸化酵素(SOD、ベルオキシダーゼ、カタラーゼなど)の働きを補助します。 
ただし生野菜を摂るだけでは、抗酸化物質はうまく利用されません。野菜や豆などの植物を煮たり発酵させたりすることで、抗酸化物質が体内で利用されやすい状態にさせます。 毎日の食事はアトピー改善のための基本。特に活性酸素を抑えるメニューとしてお勧めなのは、野菜をたっぷり使った汁物(みそ汁・すまし汁・野菜スープ)です。 
野菜のビタミンや食物繊維だけでなく、発酵食品の味噌やしょうゆには、低分子の抗酸化物質がたくさん含まれています。食物繊維によって体内にたまった汚染物質が排出され、活性酸素も抑えることができます。毎日2食は野菜の汁物を摂るようにしましょう。 
野菜の煮汁は、できれば土鍋で作るとよいでしょう。土鍋から出る遠赤外線の影響で、抗酸化物質がさらに吸収されやすくなるからです。

活性酸素の処理がアトピー改善の鍵

動物の種によって、活性酸素を処理できる能力は決まっていると言われています。つまり、活性酸素をたくさん処理できる動物ほど長生きできるわけです。 
人間は他の動物と違い、食習慣や生活環境を変えることによって、活性酸素の処理をコントロールできるはずです。現代人の生活環境は、活性酸素を増やす要素があふれている状態。私たちは現状をしっかり見据えて、生活習慣を見直して活性酸素の害から身を守らなくてはなりません。
先述した「活性酸素が増える原因」は、アレルギー症状を起こしやすい条件とほぼ一致します。さらに、40歳を越えた頃にアレルギー疾患を発症する人は意外と多いのですが、この年代は活性酸素を抑える力も減退するように思えます。 
このことからも、活性酸素をうまく処理できる食生活・生活習慣が、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を改善・予防する鍵になると考えられます。

では活性酸素に影響を受けない生活とはどうすればいいのでしょうか。まずは徹底的に活性酸素が増える要因を避けることです。図にあるようなものは極力避けたいものです。

もうひとつが食生活です。ビタミンC、Bカロチンなどの抗酸化物質を含む食物を摂取することです。

特におすすめなのが野菜をたっぷり使った味噌汁などです。発酵食品には抗酸化物質が含まれているからです。

アレルギー疾患と活性酸素が増える要因はほぼ一致しています。できるだけ活性酸素を避けた食生活、生活習慣を心がけましょう。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>