活性酸素を減らしてアトピー改善


活性酸素を減らしてアトピー改善

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。


活性酸素って何? 老化の原因だとか、病気を悪化させるとか、そんな話を聞いたことがある人も多いはず。活性酸素はアレルギー疾患とも深い関係があります。活性酸素について知ることは、アトピーの改善にも大いに役立つでしょう。

活性酸素の話の前に、生物の進化に関するちょっとスケールの大きな話からはじめましょう。まだ人間はおろか、生物がほとんど存在しなかった太古の昔、地球上にはほとんど酸素がない時期がありました。大気は二酸化炭素であふれており、生物が住める環境ではありませんでした。 そんな環境に、光合成によって二酸化炭素と水と太陽光線から酸素や有機物を作り出す植物が現れました。それから数十億という年月をかけて、植物の増加とともに大気に酸素は増えていきました。 
酸素はオゾン層を形成して地上を太陽の紫外線から守り、生物が生存できる環境を作り出しました。以来、地球上に生存するほとんどあらゆる生物は、大気中の酸素を体内に取り込むことによって生命を維持しています。

酸素は体に悪いもの?

20110318_z_1
どんな生物にも必要な酸素ですが、実は酸素は、生物にとって良い面と悪い面を併せ持っています。良い面とはもちろん生命を維持する手助けをすること。ヒトの体に取り込まれた酸素は、ともに血液中に取り込まれた栄養素を分解し、エネルギーを作り出します。 
悪い面とは、物質と結びつくことによって酸化するという毒性も持ち合わせていることです。たとえば、リンゴの皮をむいて放置しておけば、茶色っぽく変色していきます。鉄なども、しだいに錆びついてきます。これらはすべて、物と酸素が結びついて酸化が進んだ結果です。そしてこの酸化を引き起こした物質が活性酸素と呼ばれるものです。 
酸素は生命を維持してくれる半面、生命体を酸化し細胞を傷つけてしまう毒性を持っています。だから、生物が体内に酸素を取り込んで生き延びるには、酸化を抑える働きが体に備わっている必要があります。現在生存している生物は、すべてこの仕組みを体内に持っているのです。

人体と活性酸素

では、人間の場合はどのような仕組みがあるのでしょう? 体に悪いことをするだけのように見える活性酸素ですが、人間の体にとって大切な役割も持っています。活性酸素には、外から侵入してくるウイルスや細菌から人体を守る働きがあるのです。 活性酸素は、まず体の防御のために利用されます。そして余ったものは、抗酸化酵素によって処理されます。この処理がうまくいけば、過剰な活性酸素によって細胞が傷つけられることはありません。 
活性酸素を処理する抗酸化酵素とは、SOD(活性酸素還元酵素)・ベルオキシダーゼ・カタラーゼなどの酵素の総称で、もともと人間の体に備わったもの。抗酸化酵素が活性酸素を処理する能力には個人差がありますが、野菜や果物などに含まれるビタミンC、βカロチン、カテキン、フラボノイドなどを摂取することによって補充することができます。

活性酸素はアトピーの悪化原因の一つ

体内の抗酸化酵素が十分に働いていれば、細胞は活性酸素に傷つけられることなく、健康な状態を維持できます。しかし問題なのは、活性酸素が多すぎて体で処理しきれない場合。体の処理能力を超えるほど活性酸素が増えると、細胞は傷つけられて正常に働かなくなります。さらに活性酸素がリノール酸などの不飽和脂肪酸と反応すると過酸化脂質を作り出します。過酸化脂質も細胞を傷つけ、肌の保湿機能まで奪います。 
過剰な活性酸素や過酸化脂質は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患をはじめ、最悪の場合はがんなどの様々な成人病(生活習慣病)の原因の一つとされています。

地球にはそもそも酸素はありませんでした。それが長い時間をかけて酸素が増え、私たち人類が存在できるようになりました。

酸素はオゾン層から私たちを守ったり、ほとんどの生物は大気中の酸素を取り込んで生息できています。

しかし酸素もいい面だけではなく、酸化という悪い面もあります。参加を引き起こすのが活性酸素です。体内には抗酸化作用もあり、通常は体が傷つけられることはありません。

しかし体の処理能力を超えて活性酸素が増えてしまうと体は傷つき、肌の保湿機能なども奪ってしまいます。アトピー性皮膚炎やガンの原因の一つとも言われています。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>