アレルギーを起こさない授乳・離乳食


アレルギーを起こさない授乳・離乳食

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

乳幼児期の授乳・離乳食は、アレルギーを起こさない食習慣の第一歩としても大切です。小さなお子さんが、アレルギーを起こさずに成長していくためのポイントを、食の観点から説明します。

第6回「アトピーを改善する食生活の基本」(あとぴナビ2010年10月号)では、毎日の食事がアトピー性皮膚炎に大きな影響を与えているという話をしました。古来からの日本人の食習慣を知り、その食習慣によって培われた消化能力・体質に合った食事をすることが、アトピーを改善する食生活のポイントでした。
ヒトの体質を形成する食習慣は、生まれて間もない授乳期、さらに胎盤を通して母体から栄養を吸収する胎児期から始まっています。この時期の栄養は母体を通したものなので、母親自身の食事、母親のこれまでの食習慣が関係してきます。まず母乳について考えてみましょう。

母乳は赤ちゃんの完全栄養食品

哺乳類は、まず母親の胎内で子どもを育て、出産後は自力で食事ができるまでの間に母乳を与えます。母乳は、母親が摂った栄養を子どもが摂取しやすいように母体内でつくられた食品と言えます。母乳中には、乳糖・ビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質などの栄養素が、乳児にとって必要・最適な状態で含まれています。 
アレルギーの視点から母乳をみると、次のような特徴があります。

  1. 外部からの病原体に対する抵抗力は、胎盤と母乳を通して母親から赤ちゃんに移行する。
    胎児の頃は胎盤を通して、生まれてからは母乳を通して、赤ちゃんは外部の病原体やウイルスに対する抵抗力を持ちます。赤ちゃんは、過剰なアレルギー反応を抑制する大切な働きを、母親から受け継いでいるわけです。
     
  2. 母乳中には、乳児の成長に必要な乳糖が多く含まれている。
    ヒトの母乳中には、ほかの動物に比べて多くの乳糖が含まれ、乳児の成長に必要なエネルギー源は、主に乳糖から得られます。
    乳糖は、乳糖を分解できる消化酵素を持った乳児期にしか利用できません。成長に伴って乳糖を分解する力は落ちてくるので、赤ちゃんはいつまでも母乳からエネルギーを摂ることができません。エネルギー源を、母乳中の乳糖から穀物やイモ類に含まれるでんぷんに変えていくことが離乳食の大きな目的です。
     
  3. 母乳中には、母親が体に蓄えてきた脂肪分が多く含まれている。
    母乳には、母親の体に蓄積された脂肪分も多く含まれます。そのため、母親の脂肪に汚染食品や化学物質が多く含まれていれば、多量の汚染物質が母乳中に含まれることになりアレルギーの悪化原因となります。出産の何年も前から(子どもの頃から)、汚染食品や化学物質を避けた食習慣を持つことが理想的です。母乳中にはお母さんが現在食べている食材の栄養が優先的に移行するので、母親がきちんとした食事をして授乳することが大切です。
     
  4. 授乳中は赤ちゃんの防衛機構が未熟。
    乳児期には赤ちゃんの消化機能は未発達です。母乳中に含まれる免疫グロブリン(IgAなど)は赤ちゃんの未熟な免疫を補ってくれます。しかし、消化機能は未熟で、母乳以外のアレルギーを起こしやすい食品を食べさせるとアレルギーを起こしてしまいます。アレルギーを起こしやすい食品については、次に紹介します。 
    授乳期は、母親が米と野菜を十分に摂って、汚染された油脂(牛乳・卵・獣肉)・トランス脂肪酸や汚染された魚介類を避けた食事が基本。人工ミルクを与える場合は、牛乳中の油脂を取り除きトランス脂肪酸が少なく、牛乳たんぱくを取り除いたアレルギー用ミルクが望ましいでしょう。

離乳食でアレルギーを起こさない体作り

赤ちゃんは、成長していく過程で体に合った食物を摂取できるように親から教えられていきます。同時に消化機能も、母乳中の乳糖を分解する消化酵素中心の消化機能から、様々な食物を消化できる消化機能へと発達していきます。 
離乳とは、母乳(あるいはその代用品の人工ミルク)から与えられていた栄養を、体に合った食物から自分で摂取できるようになること。だから離乳食は、これから成長する体と心を作る食習慣の大切な土台となります。 免疫・内分泌・神経系が正常に発達し、過剰なアレルギーを起こさない体と心を作り上げることを目標に、将来子どもたちにどのような食生活をしてほしいかを考えながら離乳食を進めることが大切です。 
日本に住む私たちにとっての理想的な食生活は、日本で古来より食べられてきた日本人の遺伝子に合った食品を摂ること。さらに環境汚染化学物質や農薬・添加物が残留した食品を多食しないことです。離乳食も同じ考えで進めていき、子どもたちに食べてほしい食品を伝えていけば、将来もアレルギーを遠ざけることができるでしょう。

離乳食の内容や時期などアレルギーを起こさないためには気になる点がいくつからりますが、その前にやはり母乳の大切さを再認識する必要があります。

母乳にはいくつかの働きがありますが中でも病原体への抵抗力は大切です。
 

他にも大切な栄養素や脂肪分などその後の成長に不可欠なものが多く含まれています。

それだけにお母さんは常日頃、食事に気を配りたいものです。なお、離乳食の基本は日本人が古来より摂り続けてきた食品を中心に組み立てるのがいいでしょう。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>