アレルギーの原因物質を見つけよう


アレルギー症状の起こり方にも注意する

即時型(はっきり型)遅発型アレルギー

アレルギーの原因物質と遭遇してから、数十分後から始まり、数時間で終わってしまう反応は即時型(はっきり型)と言われています。離乳食で初めて食べたものでじんましんになった、衣替えでしまってあった服を取り出してアトピー症状が悪化した、猫にさわって目がはれたりくしゃみ・はなみずが止まらなくなった、こんなケースが即時型です。
病院では、血液検査(IgE検査)でわかる場合もあります。他には、血液中のヒスタミンを測定するヒスタミン遊離試験、皮膚にアレルゲンを軽く刺すプリックテストなどで診断します。
遅発型のアレルギー反応は、即時型に続いて数時間後に始まります。この場合、血液中の好酸球の多さで反応が予想できます。

遅延型(かくれ型)アレルギー

遅延型(かくれ型)は時間が経過してから症状が出るため、原因物質との関係がはっきりしません。牛乳アレルギーが代表例で、飲んでから6時間以上後になって、はなみずなど風邪のような症状が出ます。1~2日後に症状は最悪となり、喘息の発作が出たり、発熱したりします。
遅延型アレルギーでは扁桃腺が腫れることが多いので、扁桃腺の肥大が続き、さまざまなアレルギー症状がある場合は、遅延型を疑います。
遅延型アレルギーの場合は、血液検査(IgE検査)だけではわかりません。だから血液検査の結果で牛乳が陰性だとしても、牛乳アレルギーがないとは言い切れません。問診から疑いを持って除去食試験を行ったり、リンパ球刺激試験などのより詳しい検査が必要になります。
即時型、遅発型、遅延型アレルギーが同時に出る場合もあります。その場合、症状の出方は3つの山を作ります。

①即時型アレルギーが数十分後に始まり数時間で終わる。
②遅発型アレルギーが始まり、数時間で治まる。
③半日ほどで遅延型アレルギーが次第に強くなり、1~2日でピークを向かえ、その後徐々によくなっていく。

この流れを知っておけば、症状の悪化を防ぐことができます。即時型の反応が起きた後は、遅延型が起こることを予測して無理な生活(ストレスが強かったり睡眠時間が足りなかったり)をしないように心がければいいのです。

時間の経過とアレルギー症状の強さのイメージ

食事日記を家族全員でつける

アレルギーの原因を突き止めるには、症状の起こり方も考慮して、アレルギーを起こした経過を詳しく思い出すことが最も大切です。アレルギーの原因・誘因がわかれば、再発防止のために生活環境を整え、食事メニューを考慮し、睡眠不足や過労など無理のない生活を心がけることで再発の防止や症状の軽減につながります。
特にお子さんがアレルギー疾患の場合、家族で食事日記をつけることをおすすめします。毎日食べたものを日記に書いていけばいいのですが、ポイントがあります。それは本人だけでなく家族全員が食べたものを記録すること。赤ちゃんや子どもは、他の家族が食べたものに接触して症状が悪化することがとても多いからです。
本人が食べたものだけでは、原因の食材がわからないことがあるので、お母さんはもちろん、お父さんや兄弟が食べたものも把握することが大切です。食品のアレルゲンは、皮膚から入ってくることがとても多いことを覚えておいてください。アレルゲンとなる食品を食べないだけでなく、食べこぼしや食べた人との接触にも注意すれば、症状の改善につながります。

アレルギー症状には即時型と遅延型の二つがあります。文字通りアレルギー物質に触れてから直ぐに症状が現れるもの、数時間後から半日後に現れるものです。

それぞれ発症から収まるまでの流れがあるのでそれを覚えておいて、発症したら無理のない生活を送ることが大事です。

それから食事日記を家族全員でつけること。お子さんだけでなく家族全員の日記が必要です。お子さんが親御さんの食べたものに触れてアレルギーになることが多々あるからです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>