カビを減らして アトピー症状を改善しよう


カビを減らして アトピー症状を改善しよう

監修:角田 和彦
監修:角田 和彦(かくた かずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。専門は小児循環器・アレルギー疾患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。著書に『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』(芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。

ダニや化学物質同様、カビはアトピーなどのアレルギー症状を悪化させる大きな要因です。
カビが繁殖しやすいこの季節、生活環境、腸内環境でのカビ対策をお伝えします。

アトピー性皮膚炎とカビ

アトピー性皮膚炎の炎症が起きれば、炎症部分の抵抗力は落ち、様々なカビ、細菌、ウイルスなどが感染しやすくなります。感染を繰り返せば、こんどはカビや細菌が作る毒素にアレルギーを起しやすくなります。
私のクリニックで、半年間にわたりアトピー患者さんのカビの状態を調べたところ、約3割の人から病原性のカビ(白癬菌、カンジダ、黒色真菌など)が検出されました。特に黒色真菌がみつかった患者さんは治りが悪く、同じ場所が繰り返し悪化する傾向がありました。
カビの菌が皮膚に付着し感染症を引き起こしたり、あるいはたまたま付着しただけでもアレルギー症状を悪化させる大きな要因となります。また、腸内のカビも症状に影響をもたらします。生活環境から、これらのカビを取り除く努力をすることで、症状を改善することができます。

 
皮膚のカビ対策 <カビ対策のキホン>

キホン1 空気の流れを作る

カビが増える条件は、適度な栄養(人・動物の毛、フケ、排泄物など)・湿度・温度が揃うこと。さらにカビは、空気の流れが悪い場所を好みます。
例えば、押入れにものを収納する場合は、床面にスノコをひいたり、壁面と収納物の間には空間をつくる。
たんすなどの家具類は、壁から10cm ほど隙間をあけて置く。こんな工夫をして、常に空気の流れを作るように心がければ、カビは生えにくくなります。

キホン2 乾燥した状態を保つ

カビは増えやすい条件が揃えば、菌糸を伸ばして増えていきます。この状態のカビは、触れるとアレルギーを起こしやすいので要注意です。
また、増え続けて栄養がなくなったり、乾燥して弱ったカビは、子孫を作るために胞子を遠くに飛ばします。この胞子を吸うと、鼻や気管支の病気を起こすことがあります。
乾燥と高湿度の状態を繰り返せば、カビは菌糸も胞子も多量に作ってしまいます。乾燥状態を保ってカビを増やさないこと、さらに胞子を飛ばす前の段階でカビを減らすことが大切です。

 
浴室でのカビ対策

浴槽は毎日洗い、湯は毎回換える

浴槽内側の湯面付近は、アカや皮膚から落ちたカビ、細菌などがこびりつき、放置すると増えていきます。
風呂の湯の交換や、浴室・浴槽の掃除が少ないほど、皮膚にカビや細菌の感染を起こす確率が高くなります。お湯は毎回換え、特に浴槽内はそのつど掃除しましょう。

入浴最後は、冷たい水を散布

浴室の壁や天井、石けん置き場やシャンプーの容器などは、こまめに洗ってカビの繁殖を防ぎたいもの。
でも天井や壁を毎日掃除するのは大変なので、最後にお風呂に入った人は、冷たい水を壁や天井にかけておきましょう。壁や天井に付着したアカなどを洗い流し、浴室を冷やすことで、カビの増加を多少減らすことができます。
普段から、浴室の換気もしっかり行いましょう。

湯上りには洗いたてのタオルを

湯上り時は、上がり湯やシャワーで体から汚れを洗い流します。お風呂から出たら、洗濯したてのタオル(バスタオル)で体をふきます。一度使ったタオルは、十分な栄養(アカなど)・湿度・温度が保たれて、カビや細菌の温床となります。そのタオルを翌日も使えば、カビや細菌を直接体につけることになるので注意しましょう。

湯上りタオルは個別に用意

湯上りに家族全員で同じタオルを使うと、家族同士でカビ・細菌を交換し合うことになりかねません。タオルは一人ずつ個別に、洗いたてのものを用意します。

寝具・衣類でのカビ対策

寝具は「乾燥」+「掃除機」で

寝具にもカビはつきやすいもの。できれば日光に干して、干した後は必ず掃除機をかけてカビの胞子を吸い取ります。菌によっては、掃除機だけでは取り除けないので、洗濯できるものは水で洗い流すことが大切です。

食べこぼしには要注意

食べこぼしで衣類に付着した食物は、カビの温床となるばかりか食物アレルギーの引き金にもなりかねません。特に小さいお子さんのパジャマなど、食べこぼしがついていないかチェックしてあげてください。

洗濯物はすぐに干す

洗濯物を干さずに放置すると、衣類などに残ったカビが増え、その状態で干してもカビが残ってしまいます。洗濯物はすぐに干し、カビの増殖をできるだけ抑えましょう。
室内で洗濯物を干す場合は、扇風機をかけると早く乾きます。洗濯物がどうしても乾かない場合は、アイロンをかけると効果的。

洗濯槽もしっかり掃除

洗濯機の中は、洗濯物の汚れでカビが生えます。洗濯槽もときどき点検し、カビを取り除いてください。自分で掃除できる部分は、消毒用のアルコール(エタノール)と使い古しの歯ブラシなどを使って洗います。

アトピー性皮膚炎の患者30%から病原性のカビが見つかったそうです。
 

カビは感染症を引きこしたりアレルギー症状を悪化させるので本当に要注意です。

常に室内のカビ対策に気を配りたいものです。乾燥を保つ、空気の流れを作るなど基本的なことは励行したいものです。

湿気のこもりやすいお風呂、タオル、寝室、洗濯機、衣類などカビの温床になります。日々の基本的な対策が必要です。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>