制御性T細胞がかゆみを消す


免疫システムが細菌、ウイルスから身を守る

制御性T細胞のお話をする前に、人間の体が外部の異物から身を守るしくみ、免疫のしくみを簡単におさらいしておきましょう。外部からの異物に対して、私たちの体は複数の防御機構を備えています。その第1段階は、物理的なバリアー機能。
皮膚、鼻などの上気道、気管支などの下気道、腸管などの粘膜は、直接外部と接触している部分です。これらが直接、外部からの異物侵入を防ぐバリアーの役割を果たしています。
これらのバリアーを粘膜上皮細胞といいますが、病原性の強い細菌やウイルスが、粘膜上皮細胞に感染し侵入してくると次の対策が必要になります。細胞組織に侵入した異物から身を守るための第2段階・第3段階は、免疫の働きによるものです。

自然免疫 獲得免疫

これらの免疫システムを司っているのは、白血球と呼ばれる血液中の細胞たち。
白血球の仲間には、マクロファージ、リンパ球(T細胞、B細胞など)、顆粒球などがあり、それぞれが巧妙に働いて体を守り健康を維持しています。
次ページで紹介する制御性T細胞も白血球の仲間で、免疫システムを支える重要な役割を担っています。

制御性T細胞って何?

免疫細胞が免疫力を下げる?

制御性T細胞は、免疫系の活動を抑制する働きを持っています。ここで「えっ? 免疫を抑えるの?」と不思議に思った人もいるでしょう。免疫は体を守るしくみだから、それを抑制してしまう細胞があるというのも妙な話ですね。
でも、自己免疫疾患という病気を聞いたことがありませんか? 慢性関節リウマチや多発性硬化症、インスリン依存性糖尿病などの自己免疫疾患は、自分の免疫系が自分の身体組織を攻撃することが原因とされています。免疫系の様々な指令を出す細胞をヘルパーT細胞といいますが、この細胞が自分の体を敵とみなし、攻撃をしかけるよう命令してしまうことがあるのです。

制御性T細胞は免疫系の調和を図る

実はどんな人の体にも、自己免疫疾患を引き起こす危険性のある免疫細胞が存在しています。そして免疫系には、この危険な免疫細胞から身を守るための様々な防御手段が備わっています。その手段の一つが、制御性T細胞による免疫抑制。制御性T細胞は、ヘルパーT細胞など他のT細胞と同様に胸腺で成熟し、その後リンパ系や、腸、皮膚などの末梢組織にも広がっていきます。さらに、免疫応答が起こったときにも制御性T細胞が誘導されることが、最近わかってきました。
制御性T細胞の研究が進んできたのは、ここ10年程度の話。不明点も多いのですが、腸内の善玉菌を守ったり、妊娠を維持するなど、免疫系全体の調和のための重要な役割を持つ細胞として注目されています。とりわけ自己免疫性疾患やがんの新たな治療法などに役立つのではないかと期待されています。

そもそも免疫とは外敵から体を守るシステムで複数の防御機能で守られています。一つが皮膚や鼻、皮膚などの粘膜上皮細胞が最初のバリアです。

それもくぐりり抜けて細胞まで場合は自然免疫と獲得免疫という二つの免疫機能により体を守るようにできています。

そんな免疫機能の中で制御性T細胞は免疫を抑制する働きをします。慢性関節リウマチや多発性硬化症など免疫の暴走を制御する大事な機能を備えています。

腸内の善玉菌を守ったりと免疫系全体の調和をとる働きをしていることが分かってきて、がんの治療に役立つのではないかと言われています。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>