主治医も知らない!?「IgE」とアトピーの関係


主治医も知らない!?「IgE」とアトピーの関係

監修:木俣肇先生(きまたはじめ)
(医学博士)医療法人彩樹 守口敬任会病院アレルギー科
1953年生まれ。77年京都大学医学部卒業。85年からUCLAに留学し、アレルギーの研究に従事。アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表。アトピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネラル異常を世界で初めて報告。アトピー性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるストレス発散によって治療しうるとして、講演活動も積極的に行っている。

2009年3月発行のアメリカ病理学誌「TheAmericanJournalofPatbology,Vol.174,922-931」に、注目すべき論文「マウスにおけるアトピー性皮膚炎のアレルギー性炎症反応には、ガレクチンー3が非常に重要である」(原文は英語)が発表されました。そこには、「アトピー性皮膚炎はどうしてなかなか治らないのか?」という疑問に対する一つの答えが書かれていたのです。難しい内容ですが、この論文に書かれていたことも少し交えながら、私たちは何に注意してアトピー性皮膚炎(以下、「アトピー」と略します)治療に取り組むべきかを、IgEの専門家で長年研究されている木俣肇先生に分かりやすくお話をしていただきました。一緒に考えていきましょう。

抗原抗体反応とは

免疫システムとIgE

「花粉」に「小麦」に「牛乳」「大豆」など、体内に入ればアレルギーを引き起こしてしまう――。その人にとってのアレルゲン(抗原)が体内に侵入したとき、体の中では何が起きてアレルギー反応が出るのか、ご存じの方も多いでしょう。
イメージしやすく言えば、「アレルゲン(抗原)=敵」が体に入ってきた!」と察知した体は、「戦わねば!」と、アレルゲンを攻撃するために武器を作ります。その武器は、「抗原」に対し「抗体」と呼ばれるもので、実態は「免疫グロブリン(Ig)」というもの。アトピーに関わってくる免疫グロブリンは、「Ig」の中でも最後に紅斑(Erythema)を表す「E」の付く「IgE」となります。また、「E」は、アルファベットの5番目の文字なので、それまでに見つかったIgG、IgM、IgA、IgDに次ぐ”5番目の抗体”という意味も込められています。
免疫システムが正常に機能している体内では、本来なら、抗原を抗体で攻撃し、体外へと追い出します。たとえば、ハウスダストを吸い込んでしまい、「くしゃみ」をするのも、そのくしゃみでハウスダストを体外へと追い出すため。しかし、免疫システムに異常があると、本来、体に対して無害なものにまで抗体を過剰に生産してしまうことがあります。アトピーの人の場合がそれで、無害なものに対して過剰に生産された抗体が、炎症(炎症から生じるかゆみ)というアレルギー症状を起こしているのです。

IgE受容体には3種類ある

抗原を攻撃する抗体であるIgE。このIgEは、細胞に結合するための受容体をいくつか持っています。
そして、この受容体の中で、最近では3つの受容体がアレルギーに関与していることが分かってきました。左の図をご覧ください。図にあるように、3つの受容体のうちの一つ目は「FcεRI」と呼ばれるもので、これは肥満細胞などに存在します。「高親和性受容体」といわれるように、IgEとの結びつきがとても強い受容体です。
この、「FcεRI」とIgEの結合によって起こるのが、よく知られている「I型(即時型)アレルギー」で、つまり「食物アレルギー」や「じんましん」のことです。
アトピーをこのI型の反応だと考えている医師も未だ数多く存在します。しかし、IgEの受容体は「FcεRI」以外にも「FcεRII」と「Galectin-3」があり、アトピーの場合は、この3つ目の受容体「Galectin-3(Gal-3)」が特に関与しているのだと、前述の論文「TheAmericanJournalofPathology,Vol.174『マウスにおけるアトピー性皮膚炎のアレルギー性炎症反応には、ガレクチン3が非常に重要である』」は発表しています。
仮に食物アレルギーを原因とするアトピー性皮膚炎の方の場合、原因となる食品を摂取さえしなければアトピーは治ることになるでしょう。しかし、そうは簡単にいかないことから、この論文が発表される以前も、I型がアトピーの本体だとは考えられにくかったのです。
「アトピーには『Gal-3』が特に関与している」ということは、まだIgEの専門家しか知りえない話かもしれません。アトピーを治療する医師たちの間にも、この論文の内容が常識となればいいのですが。

IgEには3つの受容体

免疫システムと従来の考え方は アトピー治療=アルゲン除去 でも、それだけでは不十分

前述のように、アトピーの主な原因が「I型(即時型)アレルギー」であるとの考え方だと、その人にとってのアレルゲン除去が”アトピーの治し方”となってしまいます。
しかし、アレルゲンを遠ざけたからといってアトピーは簡単に治まってくれませんね。とは言うものの、卵黄、卵白、カニ、チョコレートetc.自分が何にアレルギーを持っているかを血液検査(RAST)などで調べたことがある方は多いでしょうし、アレルギーを起こすと知っているものは、なかなか口にはできない場合もあるでしょう。
いわゆる「アレルギー検査」では、自分の体内に(血液検査なら血液中に)卵白やスギなどのIgE抗体があるかないかを調べています。知っておきたいことは、IgEは、元々はヒトの組織(細胞)にくっついて存在しているものだということ。組織から溢れた分だけが血液に流出します。特に、小さいお子さんの場合は、血液に流れ込んでいるIgEがまだ少なく、血液検査をしてもアレルゲンの有無が判明しないことも多くあります。
つまり、通常の血液検査によるRAST検査では、正確にその人のアレルギーを判断できない場合もあることを知っておくべきでしょう。
よって、より正確にアレルギー検査を行うためには、皮膚にアレルゲン(抗原)溶液をたらし、皮膚を浅く検査針で引っ掻く「プリックテスト」が適しているのです。この検査だと15分で結果が判明しますし、検査料金も血液検査より安価なのですが、医師の勉強不足(必要性を知らない)から、実施している医療機関は非常に少ないのが実情です。
アトピーは食物アレルギーそのものではないので、アレルゲン除去そのものがアトピー治癒ではありません。しかし、後述するように、「アレルゲン―IgE―Gal-3」のような反応でアトピーは悪化しますので、『何かにアレルギーを持っているはずなのに、検査では特定できないと言われた』と、血液検査の結果に納得できない場合は、「隠れアレルゲン」を特定するためにも、前述の「プリックテスト」を受けることをお勧めします。

検査の種類と方法

抗原が体内に入った場合作られるのが抗体。特にIgEはアトピー性皮膚炎に関係した抗体です。

IgEが細胞と結びつく受容体には3つあって最近「Gal-3」(Galectin-3)という受容体がアトピー性皮膚炎に大きく影響しているという論文が出ています。

これまでは食物やじんましんなどのI型アレルギーが主因と言わた時期もありましたがアレルギー食を除去してもアトピー性皮膚炎が治らないことから他に原因があることは明らかです。

特にお子さんの場合血液中のIgEが少ないのでRASTテストでは正確にアレルギーの判断ができません。プリックテストで調べることをお勧めします。

次へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>