最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 1


アトピー性皮膚炎は、生活環境やライフスタイル、生活習慣などの様々な原因が複雑にからみあって発症・悪化します。まず、自分のアトピーの原因は何かを知りましょう。原因を知ることで、はじめて正しい治療の方向性が見えてきます。

化学物質などの原因物質

アトピー性皮膚炎の発症、悪化の原因は人によってさまざま。一概にこうだと断定することはできません。しかしその中でも医師や研究者によく指摘されている要因のひとつが、化学物質とアトピー性皮膚炎の因果関係です。

アトピー性皮膚炎は、戦後になって急激に増えたと言われています。高度経済成長によって食事情が豊かになり、物質的にも恵まれた便利で快適な生活と引き換えに、多くの化学物質が私たちの生活に入り込んできました。現在では、大気中や建材、化学繊維の衣料、生産過程で化学処理される加工食品(農薬、添加物など)、水道水など、暮らしとは切っても切り離せないところに、数多くの化学物質が氾濫しています。

化学物質とは「人工的に合成された物質」のこと。本来、自然界には存在しなかった物質には、人体にとって有害なものが多数存在しています。化学物質を多量摂取した場合は中毒症状を引き起こしますが、微量を継続して摂取したり触れたりした場合には、中毒症状を引き起こす前の警告信号、治癒力発動のサインとしてのアレルギー症状を引き起こすことがわかっています。これがアトピー性皮膚炎の要因のひとつと言われ、症状が悪化する原因にもなっています。
 

私たちの「衣食住」には化学物質があふれています。飲料水や食品からの摂取、空気中にも気化した化学物質や大気汚染の浮遊物があります。気密性のよい自宅の室内や職場では、十分な換気を行いましょう。

からだに有害なのは大量の有害物質だけではなく、「化学物質は少しだから大丈夫」と考えていると、思わぬところでアレルギーの悪化につながることがあるようですね。

 
 

食事情の変化と食習慣

戦後、日本には西洋の食文化が入ってきました。それに伴い、甘いもののとり過ぎや過食も増え、スナック菓子やジャンクフードも身近になりました。そもそも私たちモンゴロイド系の日本人は、農耕民族として野菜と穀物中心の食習慣を築き、食物繊維などをゆっくり消化するために、ヨーロッパ人などのアングロサクソン系の人よりも腸が長いと言われています。つまり、腸への負担が大きいたんぱく質や脂質を多量に摂取する西洋の食事は、日本人の長い腸には不向きです。

また、骨が丈夫になると子どもに牛乳を飲ませるようになりました。しかし牛乳は、大きなアレルギー発生要因のひとつです。特に日本人の多くは、乳幼児期には体内に存在している乳糖分解酵素のラクトースが、3歳を過ぎる頃から不足してくると指摘されています。これは、成長に伴って牛乳のたんぱく質が分解されにくくなることを示しています(調理したり発酵させれば問題はありません)。

さらに問題なのは、食べ物に含まれる防腐剤や添加物などの化学物質が急激に増えていることです。食事をとおして体内に入る化学物質の量は、年間約2キログラム(ペットボトル2リットル分に相当)と言われています。これだけの量が体に与える負担は、容易に想像がつくのではないでしょうか。これらの問題に加えて、たんぱく質や脂質のとり過ぎ、ミネラル不足などの食生活の変化が重なり、アトピー性皮膚炎の発症、悪化に影響を与えています。
 

牛乳を飲まないと大きくなれないと言われる時代がありました。牛乳には好き嫌いもありますが、牛乳を沢山飲む人とあまり飲まない人では、飲む量が少ない人のほうがアトピーの治り方が早いようです。

また、大量に飲まれる方には白内障を合併している方も見受けますので、注意が必要かもしれません。

 

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.63 投票8人  
Loading ... Loading ...

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 1」への1件のフィードバック

  1. 田中

    アトピーの原因は、ネットで見てもいろいろ言われていますが、書かれている内容はなるほどと思いました。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>