アトピーを改善する育菌のススメ

監修:青木皐 先生

皮膚にもいる善玉菌と悪玉菌

ヨーグルトのビフィズス菌が有名になったおかげで、「善玉菌・悪玉菌」という言葉が一般的となりました。善玉・悪玉とはっきり区別できない場合が多いので、このわけ方は少々乱暴です。しかし、話を進める上ではわかりやすいので、人間にとって有益な働きをしてくれるものを善玉菌、害のあるものを悪玉菌と便宜上分けて考えることにします。善玉菌というと、おなかの調子を整えるといった腸内常在菌の話をよく聞きますが、皮膚にも善玉菌がいるのをご存知でしたか? 皮膚には平均10種類ほどの常在菌が、約1兆個いるといわれています。そのほとんどは、普段は人間に無害な非病原菌。代表的なものとして、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、真菌類(カビ、酵母)などがあります。これらの常在菌がバランスよく繁殖していることが、肌をしっとりさせる条件になります。

汗、脂質と常在菌は天然の保湿クリーム

表皮ブドウ球菌は、皮膚常在菌の代表選手。この菌が皮膚常在菌の多数派をしめれば、肌はしっとりつやつやになるのですが、それにはこんな理由があります。 表皮ブドウ球菌の好物は、人間の汗や皮脂。菌たちは、皮膚の上で汗や皮脂をパクパク食べては排泄します。この排泄物の成分は弱酸性の脂肪酸で、汗や皮脂と混ざり合って乳化し、冒頭で紹介した弱酸性(pH4・5~6・5)の理想的な皮脂膜を形成します。皮脂膜という天然のうるおいベールで覆われた肌はしっとりつやつやで、病原菌や雑菌までブロックします。皮膚は本来、保湿効果のある天然のクリームを自前で備えているわけです。 肌の天然クリームは、菌の排泄物、つまりウンチやオシッコで作られているようなものといえるでしょう。

実は皮膚が、「菌」の働きで守られている部分があることは驚きですね。皮膚を清潔に保つことを意識するあまり、「必要な菌」までいなくなってしまうことのマイナス点は考える必要があるでしょう。

 

アクネ菌も実は肌の味方

肌の毛穴に多いアクネ菌は、ニキビの原因として悪玉のイメージを持った菌です。しかしアクネ菌も、表皮ブドウ球菌と同じように、皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解する働きがあります。グリセリンは保水力の高いアルコールの一種で、化粧品の保湿成分として使われているほどですから、皮膚が健康な状態ではアクネ菌もしっとり肌の味方なのです。 アクネ菌がニキビを作るのは、ストレス、肉食中心の食事、男性ホルモンの分泌過多などで皮脂が過剰に分泌された場合。アクネ菌から出るリパーゼという酵素が原因で毛穴がふさがれ、その中でアクネ菌が異常増殖することでニキビができます。

このように身体がバランスを崩すと、皮膚常在菌のバランスもくずれます。表皮ブドウ球菌も、免疫力が極端に低下した状態では、日和見感染の原因となることがあります。

アトピー肌に多い黄色ブドウ球菌

ikukinn4

肌を保護する皮脂膜が、菌の排泄物だなんて気持ち悪い!と思う方も多いでしょう。でも、これは肌のうるおいには欠かせない要素。もし清潔であることに気を使いすぎて、必要以上に体をゴシゴシ洗い、表皮ブドウ球菌たちが住みにくい環境をつくってしまったとしたら…。肌は乾燥しはじめ、かゆみや湿疹が出る異常事態となるでしょう。 これは、表皮ブドウ球菌が減って弱酸性だった肌がアルカリ性に傾き始めた証拠。すると、この状態が好きな黄色ブドウ球菌たちがはびこり始めます。黄色ブドウ球菌は化膿菌なので、洗いすぎて傷ついた肌は絶好の住みかになり、とびひ、毛嚢炎、中耳炎、肺炎、食中毒などの様々な疾病に結びつきます。 また、アトピー性皮膚炎の皮膚には黄色ブドウ球菌が多く、かゆみを誘発しているといわれています。かゆみでかくことで肌は傷つき、そこにさらに黄色ブドウ球菌が増えるという悪循環に陥りがちです。黄色ブドウ球菌を殺菌すればかゆみは治まりますが、同時に表皮ブドウ球菌も死んでしまい、さらに症状が悪化することも。皮膚常在菌のバランスを整えないと、健康な肌は取り戻せません 。

腸には、多い人で100種類・100兆個もの常在菌がいるといわれています。腸内は、ビフィズス菌やラクトバチルス菌などの乳酸菌類が多数派を占めることによって健康な状態となります。 乳酸菌には、「腸内を酸性に保つことで病原菌の増殖を抑える」「有害菌による腸内の腐敗を抑える」「ビタミン類を作る」「免疫力を高める」といった働きがあるからです。 一方、悪玉菌の代表はウェルシュ菌。ウェルシュ菌は、たんぱく質を分解する際に腐敗物質を出します。この腐敗物質に発がん性があり、血液中に毒素を送って身体の不調の原因になることもあります。 腸内環境を整えるためには、乳酸菌と食物繊維の摂取がポイント。ヨーグルトはもちろん、納豆や漬物、醤油、味噌など日本の伝統的な発酵食品を積極的にとりましょう。さらに食物繊維をたくさんとることで、乳酸菌が活性化します。また、腸には全身の約70%にも及ぶ免疫担当細胞があります。腸内環境を整えることは、体全体の免疫力に大きく関わっています。

ここまで読んで、皮膚常在菌と健康な肌の関係が見えてきましたか? 皮膚の善玉菌が住みやすい環境を整えてあげるだけで、肌は自ずとしっとりつやつやになるのです。体に住む菌は、一心同体なわけだから、いたわり育んであげる「育菌」の発想を持つとうまくいくはずです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.50 投票4人  
Loading ... Loading ...

アトピーを改善する育菌のススメ」への2件のフィードバック

  1. 総天然色

    皮膚常在菌が、健康な肌を守ってくれているのは分かりました。一方で健康な肌や生活が、常在菌を守りもしていることも分かりました。大事な常在菌を守ってあげなきゃ!でもスキンケアアイテムによっては、常在菌が弱ったり死んじゃうなんてことはないのかな?

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      総天然色さん、こんにちは。
      皮膚の主な常在菌は「表皮ブドウ球菌」になりますが、現在、市販されているスキンケアアイテムで防腐剤を使用するアイテムは、防腐剤が持つ抗菌力が、表皮ブドウ球菌にどうしても影響を与えてしまいます。
      しかし、表皮ブドウ球菌は繁殖力も強いので、一定時間で回復はしてくるようです。
      なお、純粋なオイル類で酸化防止剤も使用していないものであれば、皮膚の常在菌に対する影響は、かなり軽微ですむでしょう(但し、オイルだけでは保水ができていないため注意が必要です)。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>