IgA免疫複合体がアトピー・アレルギーを予防する


IgA免疫複合体がアトピー・アレルギーを予防する

ママが卵を食べれば赤ちゃんは卵アレルギーになりにくい!?

母親が食べたタンパク質を赤ちゃんが母乳を通して摂取すると、そのタンパク質による食物アレルギーの免疫ができることが、京都女子大と滋賀県立大の共同研究チームの実験によってわかりました。
実験では2グループの母マウスを用意し、一方には卵、もう一方には牛乳のタンパク質ばかり与えました。次にそれぞれの子マウスに母乳を飲ませたのち、双方の子マウスに卵アレルギーの誘導を試みました。すると、卵アレルギーを起こしたのは牛乳タンパク質を食べた母の母乳を飲んだマウスで、卵タンパク質を食べた母の母乳を飲んだマウスは卵アレルギーを起こしませんでした。
この実験結果からは、卵を食べた母親の母乳を飲んだ赤ちゃんには、卵アレルギーの免疫ができるという予測が成り立ちます。

母乳はアレルギー予防の天然ワクチン

この話に「えっ?」と首をかしげた人も多いのではないでしょうか?普通、卵アレルギーを避けるためには、卵を与えないことを考えます。実際に、母乳を介して卵アレルギーを起こしたり、母親がアレルゲンとなる卵を避けることで、赤ちゃんのアレルギー症状が軽くなったという話も聞きます。
しかし、母乳中のアレルゲン(アレルギーの原因となる抗原)と乳児のアレルギーとの関連については、実ははっきりわかっていないのが現状。
詳細は次ページ以降で説明しますが、母乳中のアレルゲンは単独で存在するのではなく、免疫複合体として存在するという発見が研究の発端でした。赤ちゃんがアレルギーを起こす原因は、母乳中のアレルゲンとは言えず、むしろ母乳はアレルギー予防の天然ワクチンと考えられるのです。

注意:本研究はあくまでもアレルギーを予防する観点のもので、治療方法ではありません。人間の身体の基本的なしくみとして理解すれば、健康的な生活習慣を身につける一助となるでしょう。

卵タンパクを摂取した母親の母乳を飲んだ赤ちゃんにアレルギーの免疫ができるようです。

母乳がアレルギー予防の天然ワクチンと言われる理由ですね。
 

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>