最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 2


アトピー性皮膚炎の原因は千差万別。だから、治療法も多様な原因に沿ったものでなければなりません。しかしアトピー治療の現状は、薬で症状を抑えることが主流。薬を使った治療方法の問題点と、理想の治療について考えます。

アトピーの原因によって、治療方法は異なってくる

前章で説明したように、アトピー性皮膚炎には、免疫機能の異常という「体の問題」と、バリア機能の低下による「肌の問題」が複雑にからみ合っています。この2つの問題は原因が異なります。免疫機能が乱れて、皮膚の粘膜に体の中からの炎症反応が出ている状態と、皮膚のバリア機能が低下して、かゆみを感じる神経線維が伸びることでかゆみを感じている状態では、当然ですが対処方法も違ってきます。
「体の問題」が原因の場合は、アレルゲンを避けたり、体に不適切な生活習慣を改善する必要があります。「肌の問題」が原因の場合は、皮膚の乾燥を防ぐためのスキンケアを行ったり、自然の保湿機能である代謝や発汗の促進が重要です。乾燥肌で「肌の問題」のウエイトが大きい人に、ステロイド剤を塗ってもあまり効果的ではありません。ステロイド剤は、かゆみを止める薬ではなく、体の免疫機能を抑制することによって炎症を抑える薬だからです。薬の副作用によって感染症を起こしやすくなるなど、かえって症状を悪化させることもあります。

「体の問題」と「肌の問題」のからみ方は人によって異なりますが、大切なのは、アトピー性皮膚炎が起きている原因がどこにあるのかをしっかり見極め、それに合わせた適切な対応をしていくことです。

薬はかゆみを抑えるだけアトピー自体は治らない

現在、皮膚科の病院で主に行われているアトピー性皮膚炎の治療は、ステロイド剤やプロトピック軟膏などによる薬物治療です。薬物治療は、症状を一時的に抑えるという点では効果がありますが、アトピー性皮膚炎の治療そのものには効果がなく、むしろ副作用などによる多くの問題が指摘されています。

ap_ma_4

体の免疫反応によって炎症が起きると、炎症はかゆみとして認識されます。その元の免疫反応を抑えてかゆみを消そうというのが、ステロイド剤を使用する本来の目的です。アトピー性皮膚炎が治れば、症状であるかゆみは消えます。しかしステロイド剤で一時的にかゆみ(症状)を抑えても、アトピー性皮膚炎が治ったとは言えません。ステロイド剤の効き目がなくなれば、再び炎症が起こってかゆみは再発します。アトピー性皮膚炎の根本的な原因を解決していないからです。ところが薬を使うことで「かゆみが消える=アトピーが治る」と誤解している人が多いのが現状です。
アトピー性皮膚炎が治れば、かゆみは消えます。しかし、薬で一時的にかゆみが消えたからといって、アトピー性皮膚炎が治ったことにはなりません。

ステロイド剤で症状を抑えると、アトピー性皮膚炎の原因をつかみにくくなります。かゆみは、体内のバランスが乱れていることを知らせる警告信号として発生しているのに、ステロイド剤でこれを抑えてしまうと、どんな要因が自分の体に負担をかけているのかがわからなくなります。たとえば睡眠不足が大きな要因となっている人は、症状が治まればその後も睡眠不足のまま過ごしてしまいます。薬で症状を抑えることは、病気の原因を隠し、病気を慢性化させる状況を作りやすいのです。
 

ステロイド軟膏は塗った時には、即効性もあり症状は良くなりますが、しばらくすると再びかゆみが現れて、悩む方は多いと思います。

虫などに刺されたかゆみの場合は、ステロイド剤でかゆみが拡がらずに治ることがありますが、アトピー性皮膚炎の原因はステロイド軟膏では治すことが出来ません。

薬の効力が弱まると再発を繰り返し、知らないうちに薬の長期連用につながることで、副作用のリスクが高まる問題点が指摘されています。

 
 

ステロイド剤は体内に残留・蓄積されていく

「最初は強いステロイド剤を使い、症状が緩和したら弱いステロイド剤に変えて、少しずつ減らしていきましょう」とお医者さんに言われた経験のある方は多いと思います。しかし、ステロイド剤を少しずつ減らしていくことは可能なのでしょうか? 

ap_ma_6

海外の学会でも認められている1972年の実験データによれば、ステロイド剤を1回塗るだけで、2週間も皮膚に残留することがわかっています。つまり、量を減らしたり、数日あけてステロイド剤を塗ったとしても、皮膚には前に塗ったステロイド剤が残っています。皮膚に残っている上からさらにステロイド剤を塗れば、残留量はどんどん増えて皮膚に蓄積されていきます。1回だけで2週間残るのだから、1年以上使い続けたらどうなるでしょうか?処方にもよりますが、1年以上塗ったステロイド剤が体から抜けるには、少なくとも3年から4年、理論上は 10年ぐらいかかるだろうと言われています。

ステロイド剤を少しずつ減らすといっても、長期間使うほど残留量は桁外れに増え続け、体から抜くことはどんどん困難になっていきます。麻薬の禁断症状のように、薬には使い続けるほどやめるのが難しくなるという側面があります。やめる場合は一気にやめないと、薬への依存を断ち切ることは難しいでしょう。
 

ステロイド外用剤は内服薬と違い、「副作用がない」「皮膚に蓄積されない」または「効き目が無くなったから症状が出てきた」などと説明を受けるケースは多いようです。

しかし、40年前からステロイドホルモン軟膏は、塗った皮膚に残留し蓄積されやすいことが分かっていました。

ステロイドの止め方、減らし方、止めたらどのようになるか、等の予測は脱ステ経験の豊富な情報が必要になるでしょう。

 
 

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.33 投票6人  
Loading ... Loading ...

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 2」への1件のフィードバック

  1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

    アトピー性皮膚炎の場合、現在行っている治療が「アトピー性皮膚炎という病気を治療しているのか?」「アトピー性皮膚炎により生じた症状を治療しているのか?」、どちらの治療なのかは、重要なポイントです。
    多くの人は「病気の治療」と「症状の治療」を混同しているようですが、この混同がマイナスの影響が生じやすい薬物治療の長期化につながりやすいと言えるでしょう。
    もちろん、症状の治療が病気の治療を兼ねることはありますが、必ず症状の治療=病気の治療、となるわけではありません。
    逆に、病気の治療は、結果的に症状の治療に必ずつながりますので、治療の「目的」をどこに置くのかはしっかり認識したいところです。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>