Dr. が教えるアトピーケアの新常識 アトピー性皮膚炎のケアは、まずスキンケアから


POINT 2「皮膚機能」の問題

「皮膚機能」の問題によるアトピー悪化プロセス

この問題を解決するには?

アトピー改善に必要なケア

肌の乾燥が痒みを誘発する仕組み

アトピー性皮膚炎の方は、これまでの研究で、角質層に水分を保持させるための因子、セラミドやフィラグリンが健常な方と比べると不足していることが分かっています。
皮膚が乾燥すると、本来、真皮内にとどまっている痒みを知覚する神経線維が表皮の角質層内に侵入することが研究で分かっています。この痒みを知覚する神経線維が角質層内まで侵入することで、皮膚表面への外的な刺激が、直接、痒みとして感じられることもあります。
いったん、痒みを感じて掻き壊すと、そこで炎症が生じますから、今度は炎症に関わる免疫機能の働きにより次の痒みが作られ、連鎖的に痒みが広がることもあります。
しかし、角質層内まで伸びた痒みを知覚する神経線維は、角質層内が十分に潤った状態を維持すると、元の真皮内に戻っていくことも研究で明らかになっています。

アトピーケアのポイントは乾燥肌の解消

アトピー性皮膚炎以外のアレルギー的な要因がなく、乾燥肌でチクチクした痒みを感じる場合は、こうした痒みを知覚する神経線維が関わっているケースもあります。
また、角質層の水分保持が不十分な乾燥した肌は、バリア機能も低下した状態です。感染症の誘発だけでなく、外部から異物が侵入することでアレルギー反応が起きやすくなっています。
このように、皮膚が乾燥した状態であることは、アトピー悪化につながる複数のリスクを抱えた状態と言えます。バリア機能を高めたり、角質層に水分を補給することで、乾燥肌の解消を図ることが大切でしょう。

油分だけでは難しい肌の保水

ここで一つ注意したいのは、病院で処方される保湿剤の使い方です。ステロイド治療などでは、保湿剤としてワセリンが使われることが多いものです。ワセリンは、石油から作られた油分だけのオイルです。だから、角質層を覆うことはできても、角質層に水分を与えることはできません。
汗がしっかりかける状態の方ならば、汗である程度の水分を補給することができます。しかし、基本的に油分だけのスキンケアは、肌の乾燥の緩和にはあまり向いていないと言えるでしょう。

水分保持+油分でカバーがスキンケアの基本

乾燥肌に対するスキンケアを行う場合には、まずローションやジェルなど、水分を多く含むスキンケアアイテムで、角質層に十分な水分を与え、その上で皮膚から水分が蒸散することを防ぐため油分を含んだアイテムを塗る、といった二重のスキンケアを行うことが基本です。
最近は、角質層に対して、水分を保持させることを強化する成分や、角質層からの水分蒸散量を低下させる機能を持った成分が配合されたアイテムも出てきていますので、活用してもよいでしょう。

フィラグリンの量を増すことでアトピー性皮膚炎が改善することを世界で初めて証明

2013年 京都大学、チューリッヒ大学病院による研究

フィラグリンが多いと肌が潤いやすい

フィラグリンとは、皮膚の角質層において天然保湿因子(NMF)として機能するタンパク質。天然保湿因子の働きにより、フィラグリンが多い肌は潤いやすいと言えます。逆にフィラグリンが少ないと、角質層の水分量やアミノ酸の低下を招くので、肌の乾燥からくるかゆみや、バリア機能の低下につながります。

動物実験でアトピー性皮膚炎が改善

アトピー性皮膚炎の皮膚では、このフィラグリンが低下していると言われています。そこで「角質層内のフィラグリン量を増やすことができれば、アトピー性皮膚炎の症状も改善するのではないか」という着眼点から、今回の研究は行われています。
研究の結果、フィラグリンの発現を促進する「JTC801」という化合物が見つかりました。動物実験ですが、アトピー性皮膚炎の症状を改善することができる化合物が、世界で初めて発見されたことになります。

大切なのは自分の体で作り出すこと

研究が進み、フィラグリンを補うことが可能になれば、皮膚のバリア機能低下によるかゆみの緩和が期待できるでしょう。フィラグリン同様、皮膚のバリア機能を高める物質として重要なのがセラミドです。セラミドもアトピー性皮膚炎の皮膚には少ないことがわかっています。
フィラグリンにしろセラミドにしろ、本来は体内で作り出されるもの。自分の体で「作り出せるように」することが大切。化粧品などによる外からの「補給」では十分な効果をあげることは難しいと言われており、その補給方法も大切です。

グリチルリチン酸が配合されたアイテムに注意

ステロイド剤は人工的な副腎皮質ホルモン

アトピー性皮膚炎の治療で医師が処方するステロイド剤は、腎臓の上にある副腎から産生されるホルモンを合成した薬剤です。副腎からは本来、主に三つのホルモンが放出されています。
一つがステロイド剤に使われている「糖質コルチコイド」、これは主に糖類代謝に使われるホルモンです。そして、もう一つが「鉱質コルチコイド」。これは別名「塩類代謝ホルモン」と呼ばれ、体内では塩類の代謝に使われています。あと一つは性ホルモン(主に男性ホルモン)です。

グリチルリチン酸にはステロイド剤と似た働きがある

「天然成分が多く低刺激」などとうたわれる、アトピー肌・乾燥肌用スキンケア・アイテムの多くに、グリチルリチン酸(甘草)という成分が配合されていることをご存知ですか?
グリチルリチン酸は、副腎から産生される「鉱質コルチコイド」と類似した構造式を持つ成分です。したがって、糖質コルチコイド(ステロイド剤で使われているホルモン)と鉱質コルチコイド(グリチルリチン酸と似たホルモン)は、両方とも免疫抑制による抗炎症作用を持っています。

 

グリチルリチン酸で離脱症状が起こることもある

鉱質コルチコイドは、糖質コルチコイドほど強い免疫抑制作用は持っていません。それでも一定の炎症を抑える力はあります。
そのため、免疫を抑制することで生じるマイナス点が、ステロイド剤と同様に起きる可能性があります。実際、グリチルリチン酸が配合されたスキンケアアイテムやシャンプー、ボディソープなどを長期間使用して中断した場合、ステロイド剤の長期連用で生じるような離脱症状(リバウンド)が現れることがあります。
もちろん、そのリスクはステロイド剤ほど高くはありません。本来、グリチルリチン酸は高分子のため、健常な皮膚には吸収されにくく、効果ももたらさない代わりに副作用もありません。
しかし、アトピー性皮膚炎で皮膚に掻き傷などがある場合には、グリチルリチン酸入りのスキンケアアイテムなどを使用すると、低下したバリア機能を通ってしまうことで、痒みや炎症が緩和されるといった効果が得られます。その代わりに、免疫を抑制することで生じる副作用の影響も受けやすくなります。
使用しているアイテムに、グリチルリチン酸が配合されていないかは、一度、確認を行い、注意するようにしましょう。

その為にも皮膚機能を理解することが大切ですね。まずは乾燥対策ですね。
 

乾燥すると痒みの神経線維が各室内に侵入し痒みが増します。そうならないためにも角質層の水分保持、バリア機能を高めるなどの工夫が必要です。

スキンケアアイテムのセレクトにも気を配りたいものですね。
 

例えばフィラグリンの保湿機能を活用するとか、グリチルリチン酸入りのアイテムは避けるといった注意は必要ですね。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>