最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル 4


アトピー肌のスキンケアは保湿を中心に

アトピーの症状が治まっているときには、スキンケアも簡単に済ませてしまいがちですが、しばらくすると再び症状が悪化することが多いもの。これはアトピーの症状が出ていなくても、セラミドやフィラグリンが不足している状態のため、バリア機能が弱く、肌が乾燥しやすいという根本の原因があるからです。だから、調子がいいときも日ごろからバリア機能を補うケアを心がけ、症状の悪化を予防しましょう。
乾燥肌のスキンケアの決め手は、何といっても保湿。保湿剤はしっかりつけたつもりでも、意外と足りていないことが多いもの。乾燥が気になる部分に保湿剤を正しく適量ぬるように心がけるだけでも、症状が改善することが多いのです。ただし、顔はもともと皮脂分泌の多い部分なので、塗りすぎないように気をつけて。

炎症のある肌はオイル系、炎症のない乾燥肌はクリーム系やジェル系

肌の炎症があるとバリア機能が弱まり、表皮から体内に浸透する刺激も多くなりがち。そこで、炎症のある部分とない部分では、スキンケアを区別して行う必要があります。
例えば、スキンケアには保護目的のオイル系と保水・保湿目的のクリームやジェル系の2タイプがありますが、炎症や傷のある肌には、皮膚の表面に薄い膜を作るオイル類が適しています。油分の膜がバリアとなって角質の水分を保つとともに、外部の刺激から肌を守ってくれるからです。
一方、炎症のない部分や、乾燥肌に適しているのは水分と油分をバランスよく含んだ保湿クリームやジェルです。水分と油分を同時に皮膚に塗ることで水分補給になり、油分がバリアの代わりになる効果もあります。保湿クリームにはアトピーの人に不足しがちなセラミドや保水力を高めるリピジュアを含有したタイプもあるので、自分に合うクリームを使うといいでしょう。
オイル系とクリームやジェル系は性質が違うため、皮膚症状を悪化させないためにも正しく使うことが大切です。例えば、炎症のない肌にオイル類をベタベタ塗りすぎると、オイルと皮膚の間に汗がたまって、かゆみの原因になったり、皮膚がオイルにふさがれて汗が出にくくなることもあります。また、オイル類の塗りすぎは正常な脂質が分泌するのを妨げて、皮脂分泌をいっそう低下させて乾燥を招く心配もあるので、適量の使用を心がけましょう。

 

アトピー性皮膚炎の方が必要とするスキンケアの主な目的は、「角質層の水分保持」と「ダメージを受けたお肌の保護」の二つにあります。

それぞれの役割を担うためのスキンケアは、乾燥の度合いやダメージの度合いによっても違いますし、季節的な要因(乾燥する冬なのか、など)でも異なります。

過剰なスキンケア、不足しているスキンケアにならなたいためには、いろいろな「条件」を見極めて、自分に不足している部分のケアを行うようにしましょう。

 

炎症の程度に合わせてスキンケア

保湿剤は皮膚の症状に応じて使い分けましょう。比較的軽症で皮膚の表面がカサカサしている程度なら保湿クリームやジェルで十分ですが、皮膚がただれて角層の下の層まで炎症を起こしているような重症部分には、オイル類を使用しましょう。
たとえ全身に症状が出ていたとしても、カサカサしているだけなら軽症、顔だけの部分的な炎症であっても、多数の掻きこわしや腫れ、むくみ、赤み、浸潤などを伴う炎症は重症と考えられます。だから、炎症のある重症部分と、炎症のない軽症部分を区別したスキンケアが大切です。
また、炎症を抑える薬剤を使用する場合は、用量、用法を守って患部だけに塗るのがポイント。薬剤と保湿剤を混ぜて使用する場合、組み合わせによっては成分同士が効果を相殺する可能性もあるので、注意しましょう。
乾燥が気になる部分には、肌に浸透するクリームの上に、バリアとなるオイルを重ね塗りして併用することも可能です。

ap_ma_11

傷のない、軽い乾燥肌にはローションで十分に水分を与えた後、クリームで保湿します。スキンケア後の乾燥が早いと感じる方は、クリームの代わりに液状オイルを使用すると効果的です。特にてかりを気にしないナイトケアには最適です。

ローションで十分に水分を与え、クリームで十分に保湿します。その後、固形オイルのクリームを使って強力に水分の蒸発を防ぎます。

炎症や傷、ひび割れ、線のような細かい傷がある肌のスキンケアは液状オイルか固形オイルのクリームが基本。傷に直接ローションやクリームをぬると、どんなよいアイテムでもしみるものです。
① まずはオイル系アイテムで、保水の際、しみないように、傷や炎症、ひび割れ部分を保護しましょう。
②次に傷や炎症のない部分は、通常の保水→保湿→保護の順番にケアをしましょう。
ローションがしみるときは温泉やミネラルウォーターを試してみる(またはローションに混ぜる)こともおすすめします。

顔や頭皮は、こまめに洗浄を。ただし、洗いすぎには気をつけて。その後、保水→液状オイルといった順番でケアを行うとよいでしょう。肘の内側や膝の裏側が赤く炎症を伴う乾燥がある場合は、水分を直接与えると痛がることがあるので、液状オイル系アイテムで保湿し、その上からチュビファーストか包帯などで患部を保護しましょう。お子様の安心感が増し、掻き壊しが減ります。赤みが減ってくれば、水分も十分に与えましょう。

ダメージを受けた肌は、さまざまなトラブルや、痛み、かゆみなどの不快な症状を伴います。不快な症状の肌には、最初にディフェンジル配合のプルルジェル+Dでケアを行い、その後、肌の状態に合わせて、他のアイテムを重ねてスキンケアをしましょう。 ※炎症や傷などは、ジェルの特性上、水分が多いためにしみることがあります。その場合は、オイル系クリームなどで患部を保護した上でご使用ください。

外出時やレジャーではもちろん、屋内でも、洗濯を干すときなど、知らずに紫外線に当たっています。症状があまりひどくなければ、紫外線対策をしましょう。通常のスキンケアの後で、UVローションやUVクリームを重ねます。先に使ってしまうと、他のスキンケアアイテムが肌に作用しづらくなるので、最後に行うことを忘れずに。

アトピー性皮膚炎には、免疫機能の異常という「体の問題」とバリア機能の低下による「肌の問題」という二つの原因がありますが、これらの原因は私たちの毎日の生活習慣が作ったものです。だから、生活習慣の改善こそが、アトピー治療のベースとなるのです。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.14 投票7人  
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>