感染症の克服がアトピーのカギ!感染症ってなに?どうしてかかるの?

監修:木俣肇 先生

プロトピックが感染症を増やす

プロトピックでカポジが急増

2006年あたりから、ヘルペスウイルスに感染しカポジ水痘様発疹症を発症する患者さんが急増しているというデータがあります。(下記発症例1参照)
ステロイド内服10日間でカポジを発症した女児の例は前述しましたが、ステロイドの場合は、点滴や内服によりカポジ発症に至るケースが多く、塗布(外用)でカポジ発症に至ることの報告はなされていません。

それに対し、塗布でもカポジ発症に至るのが「プロトピック」です。プロトピックは、アメリカでは2歳児未満には使用できない薬剤ですが、日本では事実上、特に制限なく新生児にも処方されています。カポジ水痘様発疹症がここ最近急増してきた原因は、プロトピックの使用増によるものではないかと推測されています。

kansen_nani_4

プロトピックのリスク

プロトピックは、ステロイドよりも抑制力の強い免疫抑制剤です。移植による拒否反応をステロイド以上に抑えることが可能な、強い一過性の効果を持つ薬剤です。移植のような、人の命に関わる場面で、この薬剤の果たす役割は計り知れない効果があります。

しかし、皮膚に出ている炎症を抑えるためにここまで強力な「免疫抑制剤」が果たして必要なのでしょうか。免疫抑制剤を使うことで、皮膚に出ている炎症も一過性をもってグッと退かせることはできます。しかし、〝プロトピックを使っている間だけ炎症さえ出せない状態〞になっているだけで、薬を断つと再び炎症は現れます。

しかも、大きなリスクを持つ薬だとの説明はなされずに使用されている傾向があります。大きなリスク――、それは「発がん性」があるということ。「がんになるかもしれませんが、一時的に炎症やかゆみを退かせるためにこの薬を使いますか?」このように説明されていたとしたら、誰が「はい」といえるでしょう。

明らかになったがん発症例

kansen_nani_5

下の皮膚がん発症例は、今年の報告です。他にも、2005年、57歳のノルウェー男性が亀頭包皮炎に2カ月半のプロトピック軟膏塗布で亀頭に皮膚がん発症。切除で治癒。ドイツの56歳女性が口腔扁平苔癬に3年間プロトピック軟膏を塗布。

舌に皮膚がんを2006年に発症。放射線療法・化学療法へ。2008年、アメリカの12歳女児は、尋常性白斑に、わずか4週間プロトピック軟膏を塗布し、悪性黒色腫(皮膚癌の一種)が急激に拡大。切除に至っています。これらの例は、インターネット上に公開されている一部です(掲載後、急に削除される論文もあります)。

リスクは多大であるのに、プロトピック軟膏は、皮膚疾患の万能薬のように用いられる傾向があります。実際に使う側の患者さんたちがその刺激の強さに驚き、自分から薬を止めることが多いのも特徴です。

プロトピック同様、「シクロスポリン」という免疫抑制剤も、海外ではアトピーに処方されるケースが最近よく見られます。シクロスポリンも発がん性があり、がんの発症例は、2002年のイギリスでの例を皮切りに何例も報告されています。さらにシクロスポリンは、ステロイド塗布との併用で骨密度を低下させることも判明しています。

問題が多いステロイド軟膏に代わる新薬として登場したプロトピック軟膏ですが、ヘルペスの増加や癌の発症につながったとされる臨床例が出てきています。

実際、日本でも発ガン患者が発生したことを受けて、厚生労働省から「患者に処方する際には発ガンのリスクを伝えるように」という通達が出されています。

しかし、実際の治療の現場においては、そうした行政機関からの通達が、守られていない状況が多々あります。

免疫低下させる反面、症状を軽減する力もありますが、やはりメリットとデメリットをしっかり理解したうえで用いる必要がありそうです。

 

その他、ヘルペスの増えた背景を考える

数年前、テレビのニュースなどでも大々的に取り上げられた「コイヘルペス」。みなさんは覚えていますか?
養殖池一面に、お腹を上にして浮かぶ多数の鯉の死骸が映し出された映像もショッキングな、日本各地で鯉が死んでいくというニュース。死因は「コイヘルペス」でした。このニュースも続報がない限り、いっときの珍事として終わったかのイメージですが、実は、平成17年には全国40都府県でコイヘルペスが発生しており、その後は減少傾向にあるといっても、平成19年でも30都府県で発生が確認されています。

鯉に限らず「ウマヘルペス」も見つかり、特にアメリカで勃発しています。ヘルペスは「種」をまたいではうつりませんので、鯉や馬のヘルペスが人に感染することはありません。その安心感からか、こうした話題は、ニュースになって以降、追究されてはいませんが、あらゆる動物に「ヘルペス感染症」が増えているという事実は軽視できないと考えて然りです。人にはヒトのヘルペスが急増している。世界規模での異変です。

何か大きな環境要因などが起因しているのかもしれません。そうなると個人レベルではとても太刀打ちできないと思ってしまうかもしれませんが、今回お伝えしたように、免疫抑制剤は使わない、過労を避ける、よく笑う、汗をかく、しっかり眠る、うつしあわないといった、小さいけれども大切なことを忘れずに過ごすことが感染症から身を守るすべだとも知っておいてください。

免疫抑制剤の昨今の多用ぶりは、安全性も理論性も欠乏した治療だといえます。患者として治療を受ける立場である時も、私たちは、自分の免疫力、抵抗力、生命力を大事にするという本質を考えることが大切ではないでしょうか。

前へ 1 2 3 4
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.00 投票4人  
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>