感染症とアトピー

監修:北之園明久 先生

アトピーの方がかかりやすい感染症 【1】

アトピー性皮膚炎で皮膚のバリア機能や免疫機能が弱まると、感染症にかかりやすくなります。特にかかりやすい代表的な感染症の症状と治療法を知っておきましょう。

ヘルペス

痛みが激しい発疹、重症だと高熱が出ることも

重症と軽症の差が大きいのが特徴です。広範囲に小水疱が集まったような発疹が出ることもあり、口の周りなど体の一部に発症することもあります。また痛みが激しい場合もあれば、ほとんどないことも。発疹とともに高熱が出る場合もあります。アトピー症状がない部分でも発症することがあります。最重症の場合には、ヘルペス脳炎になる可能性もあります。

ヘルペスは、軽症なら放置していても2〜3週間で治ります。しかし、症状の程度を判断することが難しい病気でもあります。症状が広範囲に出た場合、症状は広範囲ではなくても高熱が出ている場合、痛みが激しい時は注意が必要です。抗ウイルス剤で早期に治療を始めれば効果が高いとされています。早ければ3〜4日で症状が消えるのが普通ですが、体力が落ちている場合などには、長期化したり慢性化したりすることもあります。

一度感染すると、免疫力が低下したときに再燃することがあります。

カポジ水痘様発疹症 [かぽじすいとうようはっしんしょう]

広範囲に小さな水疱ができ、高熱が出る

アトピー性皮膚炎の炎症部分にヘルペスウィルスが感染して発症します。激しい症状が現れて重症になりやすい病気。38度以上の高熱が出て、顔や腕、胸、背中など広範囲に小さな水疱ができます。倦怠感、発熱などの全身症状をともなうのが特徴。次第に水疱の周りが赤くなり、治ってくるとかさぶたになります。

症状が出たら早めの治療をすることが何より大切です。抗ウイルス剤と適切な外用薬を用いれば、ほとんどの場合早期に治癒します。
 

アトピーの方がかかりやすいヘルペスは、軽症であれば、放置していても2~3週間くらいで自然治癒することがります。

しかし、ステロイド剤を使用して免疫を抑制した状態のときは、重症になってくると発熱や痛み、また広範囲にヘルペスの小さな水泡が現れることがあります。

そのような場合は適切な薬(抗ウイルス剤)によって3~4日で回復しますが、体力が落ちている場合は長期化することもあります。

ステロイド剤を使いたくない方の場合、病院への抵抗がある方もいますが、症状が出たら早めに話を聞いてくれる専門医を受診することも大切でしょう。

 
 

突発性湿疹[とっぱつせいしっしん]

生後4カ月から1年くらいの乳児がかかる

赤ちゃんの体から母親の免疫がなくなるころかかるウイルス性の感染症。咳や鼻水といった風邪のような症状はないのに、突然発熱し39度以上になることもあります。熱は2〜3日で突然下がり、熱が下がると顔や胴体に赤い発疹が現れます。この発疹は、かゆみを伴うことが少なく、3〜4日で消えていきます。ウイルス性ですが感染力は弱く、流行になることもありません。

熱が引いて発疹が出て初めて診断される病気なので、発熱している段階では診断できませんが、発熱したら受診しましょう。水分の補給を心がけ、高熱が続く場合には医師に処方してもらった解熱剤を使います。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 4.60 投票5人  
Loading ... Loading ...

感染症とアトピー」への2件のフィードバック

  1. みっちー

    アトピーにとって感染症は重要な問題ですね。。。掻いていると知らぬうちにばい菌が進入してきて炎症を起こす。これを繰り返してなかなか痒みが治らない。本当に厄介です。

    返信
    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部 投稿作成者

      みっちーさん、こんにちは。
      確かに、アトピー性皮膚炎の方にとって、感染症は症状を悪化させる要因の一つであるため、やっかいな問題と言えるでしょう。
      でも、自分の体が持つ「免疫力」と「皮膚のバリア機能」は、しっかり機能させられるようになると、そうした感染症を自らの力で治癒させられます。
      しっかりとしたケアを心がけて、頑張ってください。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>