遺伝子とアトピー

監修:白川太郎 先生

この特集では「アトピー」は、「アレルギーを起こしやすい体質(抗原抗体反応におけるIgEを産生しやすい体質)」とほぼ同じ意味で使用しています。
ただし、アトピー性皮膚炎とは、必ずしもアレルギー反応だけで起きるとは限りません。(IgEの数値が通常値でもアトピー性皮膚炎の症状が出ている場合があります。)「アトピー」体質は、アトピー性皮膚炎に限らず、アレルギー性鼻炎、アレルギー性気管支喘息などの症状に共通するものです。

近年「アトピー」体質というと、アトピー性皮膚炎のことのみを指しているように誤解されがちですが、医学的には「アレルギー」体質とほぼ同義語として使われています。

アトピー性皮膚炎は遺伝的要因と環境的要因:その1

遺伝子両親がアトピー性皮膚炎ではないのに子供がアトピー性皮膚炎になってしまったとか、同じ兄弟でも発症したり、しなかったり。
アトピー性皮膚炎には「どうして?」と思うことがいっぱいあります。アトピー性皮膚炎と遺伝子の関係を知って、治療や予防に役立てましょう。
残念ながら、アトピー体質とは親から子に遺伝してしまうものです。
しかしたとえ体質を受け継いでしまったとしても、生活環境をコントロールすることでアトピー性皮膚炎の発症を抑えることは可能なのです。
これを知っておくことはとても大切なことです。

親にアレルギーがある場合、子どものアトピーに対して責任を感じてしまうケースや、逆に自分のアトピーの原因が親にあると考えるケースを見受けます。

しかし、アトピー性皮膚炎を引き起こす「力」は大なり小なり、誰しもが持っていて、アレルギー体質の方は、その力が「強い」だけともいえます。

アトピー性皮膚炎が「発症」するかどうかは、後天的な要因、つまり生活や生活環境の要因に大きく左右されることを忘れないようにしましょう。

アトピー体質は遺伝する

アトピー体質が遺伝することはすでにわかっています。統計的には、片親にアトピー体質があった場合、それが子供に出る確率は約3割。両親ともアトピー体質だと約7割の子供がアトピー体質になってしまいます。
これは、親の体質が子供にも遺伝してしまう垂直型の遺伝パターンにかなり近い数値です。
しかし、これだけでは説明できない面もあるのです。たとえば両親や祖父母にはアトピー性皮膚炎がないのに、子供にだけあらわれるというパターンがあるからです。
こうした遺伝の仕方を「劣性遺伝」といいます。アトピー体質の遺伝には、こうしたいくつものパターンが複雑に組み合わさっていると考えられています。

環境・ライフスタイルも発症要因になる

アトピー体質にかかわる遺伝子を持っていても、必ずしも発症するとは限りません。
また、同じ遺伝子を持っているのに、ある人はアトピー症状を示し、ある人はそうならないという場合も。これは、その人の生活環境や、ライフスタイルがアトピー性皮膚炎の大きな発症要因になっているからです。
たとえば、喫煙や飲酒によって、遺伝子の働きが悪くなったりよくなったりすることがあるのです。現在、アトピー性皮膚炎の患者数は、戦前の約20倍に増えています。
この間、遺伝子は変わっていませんから、現在のアトピー性皮膚炎の患者のほとんどが、大きく変化した環境やライフスタイルの悪化により、発症していると判断できます。
したがって、環境的要因を改善することで、約90%以上の患者のアトピー性皮膚炎の症状を和らげることは可能なのです。
iden1

次へ 1 2 3 4 5 6
この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 2.25 投票4人  
Loading ... Loading ...

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>