ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

監修:木俣肇 先生

エリデル、プロトピックはステロイドと同じ免疫抑制剤

論文3「ピメクロリムスはアトピー性皮膚炎患者のT細胞のアポトーシス誘導性枯渇を引き起こすが、ランゲルハンス細胞は枯渇させない」に出ている「結論:要約すると、ピメクロリムスはアトピー性皮膚炎の皮膚において、アポトーシスを誘導して病理学的にT細胞を減少させるが、ランゲルハンス細胞には影響を与えない」という記述や、「背景:副腎皮質ステロイドの長期使用を除けば、局所カルシニューリン阻害剤(タクロリムス、ピメクロリムス)はアトピー性皮膚炎に対する新しい治療選択肢である」という記述が、まさに「アトピー性皮膚炎治療にステロイドよりもエリデルやプロトピックを使う理由」にするためのものに読めます。 
しかし、エリデルやプロトピックは、元来、移植された臓器の拒否反応を抑制する「免疫抑制剤」です。それがアトピーの炎症を抑える効果もあるからとのことでアトピーの患者に使用されるようになったものです。ちなみにアトピー治療には通常軟膏が用いられます。そんなプロトピックですが、アトピー治療に長年用いられた結果、別の悪性疾患を患者に発症させたとの例が2012年3月に論文となって発表されました。ご紹介しましょう。

11歳の男児がプロトピック常用で悪性リンパ腫に

プロトピックは、ステロイドに代わるアトピー性皮膚炎治療の新薬として99年に日本にも登場しました。 
副作用がほとんどないという説明でアトピー治療にこの「新薬」を勧められた方も多いのではないでしょうか。 
プロトピック軟膏をはじめとするタクロリムス含有剤は、前述したように「免疫抑制剤」です。 
臓器移植後の免疫抑制剤投与は、危険を伴っても必要なことですが、アトピーの治療に免疫力を抑え込むというこの危険は果たして必要なものかは大いに疑問です。 
さて、その「新薬」も発売から年月が経過し、もう10年以上常用している患者さんも出てくるようになりました。そして、恐れていた通りのことが現実として起こったのです。 
論文4「アトピー性皮膚炎患児に発症したバーキットリンパ腫と局所タクロリムス軟膏の7年の常用歴」では、アメリカの11歳の男の子が、アトピー治療にプロトピック軟膏を7年間使い、バーキットリンパ腫(悪性リンパ腫の一種)を発症したとの事実が発表されています。 
毎日ではなく週に3、4日程度。しかも1日に塗るのは2回。この頻度での使用ですから、そう大量に塗り続けたものではないと思われます。それでもがんを発症させてしまったのです。

プロトピックの長期常用には慎重な判断が必要

因果関係は明らかではないとしつつも、プロトピックによる発症の可能性はかなり高いはず。プロトピックも発売当初はせいぜい1~2年の臨床実験で「がんにはならない」と言っていたことでしょう。しかし、使われ始めて年数が長くなった現在、7年の常用によりバーキットリンパ腫の発症例が出てしまったことになります。 
日本でも長年常用している患者さんが増えてきていることでしょう。これからこうした例が次々に出てきてしまうことが危惧されます。現在使用している場合、継続使用においては慎重な判断が必要と言えるでしょう。 
この男の子はバーキットリンパ腫の切除手術を受け、化学療法を行い、その後20カ月経過した時点で再発は見られないとのことですが、体にとって大きなダメージを受けたことは否めません。 
また、もともとこの男児はアトピーで、同論文によれば、術後のアトピー治療は「適正に局所ステロイドを使用し管理している」となっています。「管理」であって「治癒」ではなく、よく日本でも言われる「アトピーと上手に付き合っていく」という方法を今は選んでいるようです。 

ステロイド剤もプロトピック軟膏をはじめとするタクロリムスも、その副作用を正しく理解している医師が今や増えてきています。喜ばしいことです。 
ランゲルハンス細胞と薬使用の関係も、多くの医師が認識していくことになるでしょう。 
患者側も正しい知識を持って、もし医師が誤った勧めをしてくるなら、自分の体を守るために慎重に判断できるようになりたいですね。

ap_st_pro_4

現在の医師の見解として、発ガンのリスクは際めて低いことを説明する医師がいます。確かに発ガンのリスクは、決して高いリスクではないかもしれません。

しかし、他の治療法の選択がないわけでない以上、わずかでも重大なリスクを「許容」することについては、患者の判断が求められるべきでしょう。

また何より、こうした薬剤における治療は、アトピーの症状である「かゆみ」の治療であって、アトピーという病気そのものを治療しているわけではありません。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.80 投票5人  
Loading ... Loading ...

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題」への2件のフィードバック

    1. あとぴナビ編集部あとぴナビ編集部

      たけのこさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      これからも、医療除法だけでなく、アトピー性皮膚炎の方が抱えるさまざまな状況についての特集(仕事や恋愛など)も掲載してまいりますので、ぜひご覧ください。

      返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>