医療ナビ アトピー性皮膚炎の改善は睡眠から


アトピー性皮膚炎の改善は睡眠で

睡眠は、アトピー性皮膚炎の方にとって、重要な生活習慣の一つです。
内分泌の関係、そして掻き傷の修復、さらには、強いかゆみを誘発したり、密接で深い関係があります。これから暑くなってくると、寝苦しくなって睡眠が取りにくい方も増えてくるのではないでしょうか? アトピー性皮膚炎の方の睡眠の傾向から、その対策に必要なことを考えてみましょう。

アトピーの方の睡眠の傾向

眠ろうとするとかゆみが増して眠れない

眠ろうとして布団に入ったものの、かゆみを感じて眠れない人も多いようです。これは布団に入ることで体が温まり、血管が拡張し、かゆみを感じやすくなるから。また、体の機能が低下していると体温調節がうまく働かず、体のほてりが抜けなかったり、急に汗をかいたり、逆に強い体の冷えを感じたりして眠れないという人も多くいます。アトピー症状がひどい人では皮膚の炎症が熱を持ったり、痛みが激しくてなかなか寝つけないというケースもあります。

対策

寝具や寝間着をなるべく汗がこもらないタイプのものを選ぶなど、工夫しましょう。
寝る前の入浴時間にも注意を。就寝直前の入浴は、体温の低下が遅くなり入眠しづらくなることがありますので、遅くとも就寝の2時間前には入浴を済ませるようにしましょう。

生活が昼夜逆転している

皮膚の炎症を抑えたり回復させるために働く「副腎皮質ホルモン」は、午前4時〜7時頃に分泌のピークを迎えます。夜中じゅうかゆみで眠れないという重症のアトピーの人も、この時間帯は比較的調子よく過ごせるようになり、かゆみも減ってきます。そのため、明け方になってやっとウトウトと眠り始め、起き出すのは夕方……という「昼夜逆転」の生活になりやすいものです。
症状が重い場合はく「眠れるときに眠る」生活で、まずはく体を休めることが大切です。次の段階では徐々に生活を戻していくことを考えましょう。

対策

昼夜逆転は、内分泌の関係からも、できるだけ改善できるように目指しましょう。
一つの方法としては「昼に寝ない」という方法がありますが、著しく体力を落としている場合には、逆効果になることもあります。場合によっては、専門医の指導のもと、体調管理を行いながら取り組むようにしましょう。

かゆくて眠れないときは、寝具や寝間着を汗がこもらないタイプのものを選びましょう。就寝の2時間前には入浴をすませることも効果があります。

アトピー症状が重い場合は、眠れるときに眠る生活を。昼夜逆転を避けるため昼に寝ないという方法もありますが、体力が落ちている場合は逆効果になりますので、注意しましょう。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す